teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


柿の実が2つ

 投稿者:布施院  投稿日:2019年11月 3日(日)00時19分39秒
  まだ幹もか細い柿の木だから仕方がないのですが、地表から30-50㎝のところに2つなっている富有柿。 ぎりぎりまで、樹熟させたいので、まだ収穫をせずにいますが、食べ時を知っているのは、この辺をテリトリーにしているハクビシンとて同じこと。
幸い通行人はあまり入ってこない狭い場所だけど、それも気を抜けないのがつらい。
いつ、収穫すべきか、迷う。 で、こんな時期には、きっともっと甘くておいしい柿が店頭に安く出回る。
しかし、自分のところで、育てる柿には喜びがある。 それだけに、ハクビシンか通行人にやられた時の悔しさもひとしおです。
うーん、最後まで樹熟にこだわるのやめて、明日取っちゃおうかなー、と思っていくと、ハクビシンか、通行人が先にいってたりして。。。
 
 

月夜の皇帝ダリヤ

 投稿者:川井 浩  投稿日:2019年11月 2日(土)19時28分28秒
  皇帝ダリヤにつぼみが4-5個付きました。 今年は、木枯らしが吹く前に開花するだろうか?急げ、皇帝ダリヤ!  

むかご食べました

 投稿者:布施院  投稿日:2019年11月 1日(金)20時42分7秒
  結局、水から茹でてから、簡単にそばつゆと、オリゴ糖で味付けして、食べてみました。
ねっとりとした舌触りが、いいですね。これは酒のあてには、いい感じかなー。胃壁を守る感じがする。来年はいよいよその山芋を掘り出すつもり。
このワイルドな感じもまた楽しみの一つ。
思えば子供の頃からの夢とは言えないけど、やりたかったことができて、大いに満足のひろしです。
 

IHOP パンケーキ

 投稿者:布施院  投稿日:2019年10月28日(月)23時13分49秒
  あ、たしかに、魚を頼んだだけのつもりだったけど、ホイップバターがどっさい乗っかった、結構でかい二層のパンケーキが付いてきました。 せっかくついてきたので、魚だけでかるくするつもりでしたが、結局、いただきましたが、おなか一杯になってしまいました。
花瓶のようなグラス入りのジュースは飲み切れずに半分の残し。
 

IHOP

 投稿者:クール子  投稿日:2019年10月28日(月)13時59分27秒
  IHOPというのはInternational house of pancakeというレストランの名前の頭文字なのですね。
けっこう大袈裟な名前のレストランと思いますが、これチェーンレストランでアメリカ中にある。
最初はパンケーキが面白いし、おいしいしで結構しょっちゅう食べていた頃があるのですが、
服がきつくなるし、体が重くなるしで、途中から止めましたが。

パンケーキは日本のホットケーキと呼ばれているののオリジナルなのかアメリカ版なのか知りませんが、
日本のホットケーキよりずっとでっかくて(大きいというよりでっかいという表現がふさわしい)、注文するとだいたい3枚以上が重なってでてくる。多いものは6-7枚くらいのもあった。
それにバターたっぷり塗って、シロップをどぼどぼとかけて食べる、これ朝食の一つです。
こんなのに卵だ、ベーコンだソーセージだポテトだとついてくるのが普通で、
こんなの食べてるから、歳とってみんな成人病になるんだろうなと思います。
日本から来た方々、これ毎日はやってられないですよね。
も一つ注文するときにショートスタック(Short stuck)というのがあります。
これだと、2枚とかだけで出てきたりするので、少しで済みます。

私がたまに旅行に行く時、朝食をレストランで取らないといけない時は、例えばですが、こんな風。
トースト、卵白だけの卵焼き、果物、とか、メニューのサイドオーダーというところにある
項目から探して、頼むとかして、普通のメニューをそのまま頼まない。
アメリカのレストランのいいところは、メニューをかなりお客さんの希望で変えてくれるところです。
こうでもしないと、もうほんとおなかどうにかなりますよね。
それにだいたいあまーいもの、おなかにドカーンと来るものが朝食メニューにあるので、結構辛いです。

 

滅多にできぬ経験

 投稿者:クール子  投稿日:2019年10月28日(月)13時34分47秒
  布施院さんのダラス旅行、悪いけど笑いながら読ませていただきました。
カリフォルニアでは経験できなイベント(?)に遭遇出来て、ありがたくないかもしれないけど、
いい土産話が出来たではないですかと言ったらちょっと意地悪でしょうか?
私はダラスは行ったことないので、実際のことはわかりませんが、
ダラスのあたりは竜巻は結構あって、時々ニュースでやってます。
テキサスとかア-カンサスとか竜巻の多いところでは、家に避難用の地下に逃げ込める場所を
作っている家が結構あると聞きました。
会社とか公共の建物には非難する場所も設置してあるとか。

カリフォルニアに立ち寄らなくてよかったですね。
その上山火事なんかに出会ったら、どこへ行ったらいいんだいということになるかもしれないし。
 

Epilogue

 投稿者:布施院  投稿日:2019年10月28日(月)08時42分31秒
  そうそう、そのIHOPからの帰り道、翌朝は07:00のフライトに乗るために、05:00にUberを呼ぶことにして、04:00には起きなくてはならないので、ホテルの軽食を朝とれないことを思い出し、IHOPの隣のガソリンスタンドのSnac売り場でなにか、朝食べるものを探したけど、ポテトチップスとか、チョコレートなどはあるけど、これまたあまり食欲の出るものが見当たらず、結局、NissinのCup Nudleと、怪しげなジャム風のものが入ったパンと、オレンジジュースを買いました。

時差のせいもあり、ほとんど寝付けないまま、うとうとしては、ピラニアの夢。 午前2時にはもう起きてしまい、仕事の続きをしてしまったのですが、出発前にはせっかく買ったNissin CutNudleと怪しげなパンを食べないといけない。

洗面所にあった湯沸かし器とおもわれたのはドリップ式コーヒー専用の湯沸かしだったですが、なんとか、それでお湯を沸かして、入れて、しばらく待つ間に、怪しげなジャム入りのパンは室内にあった電子レンジでチンして、たべました。 で、うっかり、そのカップヌードルのことをを忘れて、取りに行ったときは、ヌードルは土座衛門の水死状態。 それもまぁ、飲むように、食べてから、エアポートに向かいました。 フライトの食事も、アメリカ発の便の食事の例にたがわずやはりほとんど手をつけられないまま帰国。

成田空港を出て、まずは、近所のスシローで10皿を飲み込むようにして食べて、人心地に戻ったのでした。 やっぱり、日本のめしはうまいわー、と久しぶりに感じた次第でした。
 

IHOP

 投稿者:布施院  投稿日:2019年10月28日(月)07時29分5秒
  そういえば、2日間のDallas滞在中に、1晩目の夜は取引先に招待されたので、夕食はまともなところで、食事ができたのですが、2晩目は郊外のホテルに一人だったので、自分で夕食をとろうと思ったものの、今回の、コストセーブのため、公共交通手段を使うという方針のため、レンタカーは無い。 公共交通手段は、痛い股関節を我慢しながらバス停まで600m-700m歩いても、1時間に1本しかないし、そのバス停の終点に行っても、郊外の、周りにはなにもない駅にしかつかないので、どうしようかしらと思っていたら、そのバス停の脇にIHOPという僕にはなじみのない朝飯専門のレストランがあることがGoogle Mapで見えたので、試しにぶらぶらと出かけてみました。

痛い股関節を引きずりつつ、なんとかそのIHOPの店にたどり着くと、広いがらんとしたレストランの中に1組か2組の客が見え隠れする程度で、ほぼ、空。 受け付けてくれた年の頃、同年代か、チョイ上の世代の、これまた股関節の悪そうな、一歩当たり30㎝ぐらいしか歩けないじいさんがウェイターで、僕がやってあげましょうか、といいたくなるほどのじいさんウェイターだったので、その場の雰囲気は、かなりひなびた養老院のがらんとした食堂という表現がもっとも適切と思われる雰囲気。

で、その老ウェイターがすり足で持ってきてくれたメニューを見ると、朝飯専門だけあって、オムレツ、バーガー、パンケーキが主なメニューでした。 なかなか食欲がわかないまま、メニューを探すうち、魚料理らしきものを見つけたのですが、その料理の名前が確かTilapiaとか書いてありました。 魚の種類は書いてなくて、単に、White Fishのグリルとしか書いてないし、語感からピラニアをイメージしてしまったので、あの獰猛なピラニアを食べるのか。。。と、さらに食欲を落としてしまったのですが、せいぜいダイエットを心掛けている、というより、あの、巨大なバーガーを食べるには時差などによる疲れもあり、いまいち心が動かなかったので、恐る恐る、そのピラニアを思い浮かべつつ、その魚料理を注文することにしました。

そういえば、食事がでてくるまえには、飲み物はなにがいいかとその老ウェイターが訊くので、砂糖いっぱいの炭酸水はほしくなかったので、オレンジジュースを頼みました。 すり足ながらロボット歩行の老ウェイターが花瓶のようにでかいグラス一杯に注がれたオレンジジュースがこぼれそうになりながら、なんとかこぼれずに机まで到着するまでの緊張感がたまらない

で、待つこと久し、やっとでてきました、シンプルにグリルしただけの、確かに白身といえば白身の魚のフィレの単に焼いたやつが。 付け合わせのChoiceにフレンチフライトか、グリルポテトのようなものがあったけど、そこは、やはり健康に気を使い、ホウレンソウの水煮と、ブロッコリーの水煮を注文しておいたので、大きめのお皿に、もしかしたらピラニアかもしれないと思われる白身とは言え、どこかに赤い色の筋の入った魚の肉らしきものとほうれん草の水煮とぶろっこりの水煮が、すり足ながらロボット歩行の老ウェイターから出されると、なんとなく、泣きたい気持ちが込み上げてきて、どうして僕だけがこんな目に合わなくちゃいけないのでしょうか、と神に訴える気分が湧いてくる。

で、そのもしかしたらピラニアかと思いながらその白っぽい身に、赤い筋の入ったような気のする魚を食べてみたら、何の魚かといわれても答えることができない初めての魚の味なのですが、特に不快感は無く、むしろ、まずいかと聞かれれば、まずくないですよと答えられる味というか、軽く振ってあるだろう塩の味はする、という感じ。 で、食べ進むうちに、まあ、展示会場を痛い股関節を引きずりつつ、思えば、抜いてしまった昼飯もあり、まぁ、おいしくいただいたのですが、食べ終わっても、どうやらピラニアを食べてしまったに違いないという気持ちを消し去ることができずに、半ば、こいつが僕の胃袋を内側から食い尽くすことがないように祈る気持ちで、痛い股関節を引きずりつつ600-700m、労ウェイターと同じ歩行速度でホテルまで戻ったのでした。

自分の姿を、自分の体から抜け出した僕の霊がドローンにつけたカメラから見るように見たとしたら、ピラニアの恐怖から逃げるために、養老院から逃げ出した認知症の徘徊老人のように見えたことでしょう。
 

Uber

 投稿者:布施院  投稿日:2019年10月28日(月)06時49分0秒
  仕事でDallasに2日間だけ行っていました。 先ほど帰宅したところです。 初めて行くところなので、要領がわからないのに、今回はレンタカーを使わないで公共交通機関を使おうと決めていったのですが、ホテルは最安値のところをとったので、公共交通機関とのマッチングが悪く、とてもアドベンチャーともいえる出張になりました。

なかでも、Taxiを捕まえようにもなかなかうまくいかず、また、たまたま捕まえても、メーターを倒さない怪しげなタクシーばかりで、がっかりしましたが、逆に初めてUberというものを体験してその普及度の高さに驚きました。

アメリカにいったら、もうTaxiじゃなくて、Uberだな! と感じて帰ってきました。 もっとも、今回は、節約してPortable WIFIも持たずに行ったので、Uberの利用は取引先の人に呼んでもらって乗っただけだったのですが、Taxiよりも清潔・安全、ぼられる心配が無いなど、素晴らしかったです。

アメリカに出かける人はUberの使い方を勉強してから行ったほうがいいと思います。

日本では、なかなか広まっていかないみたいですが、それは日本のタクシーのモラルの高さからUberの必要性が低いからだと感じます。

なにせ、並んでいたタクシーに行き先をつげ、料金を聴くと、対外が倍ぐらいの値段をふっかけてくるし、交渉前に乗ってしまうと、メーターも倒さずに走り、降りるときにひどい金額を言うとか、とても不安。 乗ったタクシーのほとんどがメーターを倒さず、料金は会社に入れず自分のポケットにいれているような感じでした。 これじゃ、タクシー会社も持たないわー、と思いました。 アメリカではタクシーは自らのモラルの低下で自滅すると感じました。

おりしも、Dallasはトルネード被害があった直後で、TVではその様子を連日流していました。 Dallasを出る前の日は成田が陸の孤島となっているとのネット情報があり、まさに、台風と、トルネードの間をくぐるような出張でした。 台風、トルネード、テロ、ストライク、いやはや、海外出張も、安全対策はなかなか難しく、幸運を祈るしかありません。

そういえば、Dallasで展示会後に取引先とのDinnerがあり、会場を探しつつうろつくうちに、一転にわかに描き曇り、突然の雷と大雨に、トラムの駅の小さな屋根のしたに避難したら、近所のホームレスたちが一斉に逃げてきて、小さなトラムのホームの屋根の下は、ほぼホームレス集団に占拠されました。 煙草をすうやつもいて、そうでなくても、異様なにおいと、ムード。 とはいえ、土砂降りに、一歩もでられず、しばらく、その怪しげな連中のなかにもみくちゃにされておりました。 幸い、何事もなく、小雨になったところで、逃げだして、Dinnerのレストランを見つけられほっとしました。 これもアメリカで公共交通を使う場合のリスクの一つかも。
 

成田が再び陸の孤島に

 投稿者:布施院  投稿日:2019年10月26日(土)10時34分12秒
  なんということでしょう、大雨とはいえ、成田空港が再び陸の孤島と化した、との情報。 千葉県各地で、なんと、私のいる、柏市でさえ、避難勧告がでるほどの大雨で、河川は方々で決壊、洪水・浸水、停電のニュース。 台風が来ることは神武天皇以前の時代より、知っているはずなのに、学ばない国民なのね。 なんと、脆弱な基盤の上に暮らしていることなのでしょう。

江戸川区を中心としたゼロメートル地帯が危ないとはしりつつ、そこにも住み続けるし、東京はいつ機能を停止してもおかしくないし、日本自体が機能停止しかねない脆弱さ。

おりしもDelta空港は成田空港の利用は全部やめて、すべて羽田での発着とすると決めた吉、スカイチームのプレミアムメンバー資格を狙っている私にとって、今後は、車で成田空港にいくことができず、時刻によっては、都内のラッシュアワーをでかい鞄を抱えて、羽田までいかなくてはいけなくなると思うと、残念。 羽田は夜間の発着も増やすようで、このままでは成田空港は、軍用に転用か、貨物専用空港となるか、LLC専用になるかもね。

それにしても、今回の台風、停電、洪水、成田空港孤立などの災害時に、いつもは勢いだけはいい森田健作千葉県知事の露出がほぼゼロのような気がします。 きっと、人気を落としていることでしょう。
 

レンタル掲示板
/171