teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


昔はよかった

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 6日(日)09時43分34秒
  クール子さんの締めの一言に思わずひざを打ってしまいました。 全く同感です! それができればねー。

「でも、しかし、ほんとはカフェインいっぱいのオリジナルに脂肪いっぱいのクリームを入れて
飲むのがやっぱりおいしい!

昔はよかったなー!
(古い時代を懐かしがっているのではなく、なんでも気にせず飲み食いできた時代を懐かしがった!です。)」

で、実は、昨日も、もう一軒、近所の、業務スーパーという名前のDiscount Shopへ、ルイボスティーを安く買えないかと探しにいったのですが、見当たらず、カフェイン入りのオリジナルのダージリンとセイロンの紅茶があったので、思わずそれを買ってしまいました。 やっぱり、どこか、やせ我慢をしている自分がいて、本物を飲んでみたいというストレスが消えずに未練がましく残っているのだな、と実感しました。 ただ、おそらく、これらの味を味わう至福の時のあとには、地獄の苦しみが待っている、ということを予感します。

と、書いたところで、朝ごはんができたと家内が呼ぶ。 で、食後にはカフェインレスミルクティー+Chai4人組の準備を昨晩からしてあったのですが、ヒロシ、なにをするんだ! 昨日、業務スーパーで買ったカフェイン入りダージリンの箱を開け始めた。 そんなことをしていはいけない、ヒロシ、という内なる声に耳を貸すヒロシであれば、今日のヒロシはなかったものを、やっぱり、だめヒロシは、その未練と魅力に負けて、ダージリンのティーバッグにお湯を注いで、しまった。 で、それを飲んではいけない!という内なる声もさらに無視して、あの懐かしいダージリンの香りに導かれるごとく、その芳醇なる味を一口味わってしまったのだった。
ただ、その一口を飲んだところで、その苦みに、はっと、自制心がよみがえり、それ以上、飲むことを止めたところで、家内が、見るに見かねたか、じゃ、いらないわね、捨てるわよ、といって、MUGのダージリンを台所の洗い場に流してしててしまったのでした。

そこで、思い直して、昨晩準備しておいたカフェインレスミルクティー+Chai4人組でカフェインレスChaiを作り、いただいたわけでした。

なんとか、最後の最後で自制心が若干機能し、家内の助太刀もあり、それ以上深入りをせずにすみました。 昨日買ったダージリンの残りと、まだあけていないセイロンTeeの箱はそのまま娘にあげちゃうことにすると家内が言っておりますので、当面(というところが未練たらしい)、私のところにはカフェインレス紅茶は無いことになりました。

そのあとで、録画してあったアルツハイマー病予防・カイゼンができるというカリフォルニアの大学教授の説明にもとづき、運動・健康的な食事・睡眠、が大事ということなので、これから近所の公園に散歩に行ってまいります。 普段はどうしても、パソコンで座りっぱなし、移動は車、つい寝不足、となりがちなので、いまさらですが、生活習慣も多少は変えないといけないと、ちょっとだけ思った次第ですが、たぶん、長続きはしないでだろうなぁ。。。
若いときはだらしなくてもなっていたけど、この年になると、わかっているRiskは理解してわすれずにやらないといけませんね、と自分にわからせようとしているヒロシ。 間に合うのか?
 
 

果物の花

 投稿者:クール子  投稿日:2018年 5月 6日(日)06時53分14秒
  もうん十年も前のこと、アメリカに来てすぐ、家をシェアーするのが普通の学生町に住んでいたことがあります。
この時私の借りている2階の部屋の窓から木がみえて、リンゴの花が咲いていてとてもきれいだったので、
日本の友人にリンゴの花が咲いててきれいと写真付きで手紙を送ったことがあります。
それが夏だか秋になったら、なしの実がなっているので、ちょっと焦ったことがあり。

それからアイダホの田舎にちょっと住んでたところの建物の周り中に木があったのですが、
そこへ引っ越してから、それらの木が全部さくらんぼの木で、Bingチェリーという、
赤の濃い色のサクランボがもう取り放題になって、バケツの何杯かとってきて、
瓶詰めにして、残りはパイを作り毎日のように食べてたら、アッという間に数キロ増えて大変でした。
そんなことは覚えているのですが、サクランボの花がいつ咲いて、どんな花だったかがまったく記憶にない。
(果物の花も実がなるまで何果物の花かわからない。これはどういうことなのでしょうか?)

こちらでは今から夏までがサクランボの季節、果物はほとんど一年中なんでも手に入るお国ですが、
サクランボは数少ない季節の果物で、数週間でお店から無くなります。
お値段もあまり安くならない。特にあの黄色いサクランボのレニアチェリーというのは
期間も短く、お値段もお高い、貴重な果物です。
これも日米共通のようですね。

http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

飲み物いろいろ

 投稿者:クール子  投稿日:2018年 5月 6日(日)06時32分21秒
  まだ20代のころは知らなかったのか、そんなに種類が出回っていなかったのかわかりませんが、
緑茶、番茶、麦茶、玄米茶はあったかな?、抹茶、
それからコーヒーが幾種類か、でもカフェイン抜きはまだなかったような気がします。
それから紅茶といえば1種類しか知らなかったのですが、いくつか種類があったのでしょうね。

オレゴン州に住んでいた、もうだいぶ昔に、ハーブティというのがあるのを知りました。
あまりおいしいとも思わなかったのですが、そのうち飲みなれてきたのか、ミントとか
カマミールとかいうのがまあいけるようになりました。これみんなカフェインなしの飲み物。

この20年くらいでしょうか、どこのマーケットでも、世界中からくるほとんどの飲み物
が手に入るようになったような気がします。これはたぶん日本と同じではと思います。

なんでも歳のせいにするのは良くないんでしょうが、以前大好きだったコーヒーを
空きっ腹に入れると胸やけがする、午後3時過ぎにコーヒーだけでなく、緑茶なんか飲むと
夜中の3時くらいまでお目目パッチリなんてなって、お医者さんもカフェインだめ、
コーヒーはカフェイン抜きでも酸味が胃によくないからやめたほうがいいよとおっしゃる。
いろいろ条件付きの人生に突入したようです。

それで日本のマーケットで見つけたのの一つに布施院さんの言っていた黒豆茶、
何かに似ている味と思うのですが、思い出せませんが、これ結構いけて、
(体にもいいというのはまあ2の次ですが、)時々買ってきます。

アメリカのマーケットはもう、コーヒー、紅茶、ハーブティの種類のオンパレード。
コーヒーはカフェイン抜きも、悪くない味が出てきているので、それも我が家の在庫にあり。
そのほか、いろいろ試して、クリームの代わりに豆乳も試してみましたが、
でも、しかし、ほんとはカフェインいっぱいのオリジナルに脂肪いっぱいのクリームを入れて
飲むのがやっぱりおいしい!

昔はよかったなー!
(古い時代を懐かしがっているのではなく、なんでも気にせず飲み食いできた時代を懐かしがった!です。)


http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

美しい5月に

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 5日(土)21時41分27秒
  今日はすがすがしい、まさに五月晴れの気持ちの良い日でしたね。 僕を5月に生んでくれた母に
感謝をしたいと思います。

FRITZ WUNDERLICH. Im wunderschönen Monat Mai. Robert Schumann
https://www.youtube.com/watch?v=cGO6wyHFClo

Im wunderschönen Monat Mai,
Als alle Knospen sprangen,
Da ist in meinem Herzen
Die Liebe aufgegangen.
素晴らしく美しい五月に
すべてのつぼみが開いたとき
僕の心の中で
恋の芽が出た
Im wunderschönen Monat Mai,
Als alle Vögel sangen,
Da hab ich ihr gestanden
Mein Sehnen und Verlangen.
素晴らしく美しい五月に
すべての鳥が 歌ったとき
僕は彼女に告白した
僕の憧れと想いを
 

サクランボの実るころ

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 5日(土)19時06分28秒
  サクランボの実るころは、いつごろだろう? 5月か6月ごろかな?

Le temps des cerises : Cora Vaucaire..
https://www.youtube.com/watch?v=-9aQNv5nraA

(ネットでみつけた訳詞)
1.さくらんぼの実るころになると/陽気なうぐいすもものまね鳥も/みんなお祭り気分/別嬪さんたちもはしゃぎ/恋人たちも心うきうき/さくらんぼの実るころになると/ものまね鳥はひときわ歌自慢
2.けれどさくらんぼの季節はうつろいやすいもの/夢見ごこちに二人して耳飾りを/つみにゆく季節/おそろいの服をきた恋のさくらんぼが/血のしたたるように葉かげにおちる季節/けれどさくらんぼの季節はうつろいやすいもの/夢見ごこちにつむ真紅の耳飾り
3.さくらんぼの実るころには/恋の病いにかかるのがこわいようなら/別嬪さんは避けること!/このむごい苦痛をものともしないぼくは/一日とて恋をわずらわずにはいられない/さくらんぼの実るころは/君たちもまた恋の苦みを知るのです!
4.いつまでもいとおしもう、さくらんぼの季節を/今もなおぼくの心にうづく/この季節にひらいた傷口!/たとえぼくの前に幸運の女神があらわれたとて/この傷をいやすことなどできるまい/いつまでもいとおしもう、さくらんぼの季節を/そして心にうづくこの思い出を
 

カフェインレス・アールグレイ・豆乳・チャイ

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 5日(土)09時04分47秒
  まずは、Twiningsのカフェインレス・アールグレイのティーバッグをMUGに入れて、お湯を入れる。 待つこと3-4分。 これに、Sugar(といっても今はノンカロリーの人工甘味料を使用中ですが)を入れて、アールグレイの紅茶の味を確認する。 控えめなベルガモットの香りがアールグレイであることを確認させてくれる。
このままか、せいぜい、ミルクを入れて、紅茶の味を楽しめばよかったな、と、あとから思うことになるとは、この時点ではまだわかっていない。

で、ここにミルクの代わりになることを期待して豆乳パウダーを投入。 小さじ山盛りでは味が変わらないので、小さじに山盛り2杯を加えると、ほぼミルクティーらしき色に変わったので、では、アールグレイミルクティーの味を期待しつつこれをいただくと、舌先にかなりざらざらとした粉っぽさを感じるものの、味にほとんど変化が見られない。 市販の液体の豆乳を注ぐと、それなりにいつもの豆乳の味が加わって、豆乳ミルクティーという雰囲気になるのだが、その気配が一向に感じられず、単に、舌先のざらつきが感じられるだけで、アールグレイの紅茶感もどことなくそがれる感じ。
では、Chaiにしてみてはどうかと、例の四人組を投入し、いつものChaiの出番を期待してすすってみたが、Chai4人組を迎え撃つかのごとく、ベルガモットが戦いを始めてしまい、結局、Chaiの味もしないし、ベルガモットの香りも無くなり、アールグレイ感は喪失。 ミルクティーらしき味わいも無く、舌先にざらざら感だけが残る残念な、飲み物、とも言えない、ような不思議なまずい飲み物になってしまった。 もう、何を足しても救いようもない。 何かを減らせればいいのですが、ここにもやり直しができない人生があった。 あとは、責任をとって、前を向いて進むしか道はない。 自分の勝手な思い込みでやってしまった失敗を取り戻すことはできないが、この痛みを救うのは時間しかない。 時がすべてを癒してくれる。。。

いや、前を向いてすすむために、夕食には、セイロンティー+MilkにChai4人組か、あっさりと黒豆茶ミルクティーでリセットかな。
少なくともカフェインレスミルクティー+Chai4人組は成功だったので、次の発見に向けて出直しだ。 
 

豆乳粉

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 5日(土)07時58分53秒
  八ヶ岳山麓の自然食品ショップでたまたま見つけた豆乳粉。 ネットでみたら、すでに広く知られていたようですが、僕は知りませんでした。
これで、これから、カフェインレス・アールグレイ・豆乳・チャイを作ろうというわけです。
結果は後ほど報告予定。 以上。
 

黒豆茶

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 5日(土)07時01分26秒
  特保認定のいろいろなお茶や、肥満防止に杜仲茶とか、効用を謳うお茶はいろいろとあるのですが、健康に無関心なのかなー、そのようなうたい文句を、単なる宣伝文句としか受け取っていない僕は、もっぱら、お茶は味わい、楽しむものと思っているわけです。
しかし、前述のように、カフェイン拒否症候群となってしまった以上、カフェイン除去したコーヒーか、カフェインレス紅茶などを試しているわけですが、たまたま試した黒豆茶が気に入りました。
どことなく甘く煮詰めた黒豆を思い起こさせるやさしい味。 コーヒーのような苦味はゼロ、紅茶のような香りも無い。 そのかわり、おしるこでもたべているような、クリームあんみつをたべているような、まぁ、甘さは加える砂糖の量にもよりますが、はじめてなのに、なんとも、やさしく、懐かしい、香ばしい味がするのです。 ついでにみつけた小豆茶も飲んでみましたが、豆なので方向性は同じながら、黒豆茶のほうがいいかな。

で、今朝は、この黒豆茶も飲みたいけど、まずは、予定通りTwiningsのEarl GREY Decaffeinatedを試す予定。 
 

カフェインレス紅茶

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 4日(金)21時19分50秒
  というものがあったのですね。 知りませんでした。 たまたま今日、ふざけ半分で探したNetにはもっといろいろとありましたが、近所のスーパー5軒を回って、見つけたカフェインレス紅茶です。
とりあえず、砂糖・スキムミルク入りのカフェインレスミルクティーにお湯を注いでインスタントミルクティーを作ってみた。 ミルクの味はするけど、Teeの味があまりしない。 そこで、シナモン、カルダモン、ジンジャー、クローブの4人組を投入して、チャイにしてみたら、これはいける。 無理してルイボスチャイを飲んでいたけど、やはり、Teeベースだと本物のチャイになる。 ただ、カフェインレスとはいえ、なんとなく、カフェインが抜けきれていないような、体が、反応するのはカフェインだけではないのか、念のため、今日は、寝る前は避けることにしました。 一杯当たりの値段は28円。 やや高めながら、お湯を注いで、待ち時間無しに飲めるインスタントタイプなので、まぁ、OK。

で、気がついたのですが、カフェインレス紅茶にはダージリンや、アッサムなどは、みあたらず、もっぱらアールグレイが多い。 ノンカフェインのアールグレイはまだ試してないけど、アールグレイというのはダージリンやアッサムといった茶葉の品種ではなく、その作り方ということであるらしい。 すなわち、柑橘類のベルガモットという果実の香りをつけたものということのようです。 肝心の茶葉はどこのものかわからないケースがほとんどのようです。
であればこそ、カフェインレスにするためのプロセスをへてもまだ紅茶の香りがするので、カフェインレスの紅茶も作りやすいということなのでしょう。

お試しは、それは明朝の楽しみにしておきます。


 

キーウィーの開花

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 4日(金)10時14分55秒
  今年もキーウうこつィーの花が咲きました。 11月の収穫が今から待ち遠しい。 去年は3つしかなら無かったみかんも、それも通行人が全部とっちゃったし、今年は花が満開だし、去年は3つしかなら無かった柿もことしは、もっと花芽をつけているので、これも楽しみ。 垣根のデラウェアと巨峰は通行人が飽きるほど実りそうで、楽しみだわー。
 

レンタル掲示板
/132