teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


盆踊り

 投稿者:たっぴー  投稿日:2018年 7月10日(火)19時14分54秒
  これは6月29、30日と青山での郡上踊りに参加してきた動画です。
30日は人数が多かったので、2~3曲で帰りました。
本場郡上から毎年お囃子が来て、雨でも開催されます。三大盆踊りの一つで、古くからある踊りだそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=UyhzwvIuYb0



私が親を想うほどには、私の子供は親を慕ってくれないと思います。 ま、いっか。 

http://gallerytakako.art.coocan.jp/

 
 

いつになっても親のことは忘れません

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月10日(火)00時11分21秒
  それはきっとだれでもそうでないかと思います。 僕も、父を失ってから20年近くなりますが、いつでも父のことを思い出します。 戦前、戦中、戦後の混乱をなんとか生き抜いて、結構つらい思いをして、でも、頑張って生きた父のことは忘れられません。 けっして、模範となる父ではありませんでしたが、その与えられた時代・状況で僕が父よりもよほどましなことができたのかといえば、その自信はありません。 すこしでもうまくいくことがあると、だれよりも父に喜んでもらえるのに、とおもうけど、その父はもういません。 とてもかなしいですね。  でも、仕方が無い。 そんな心の中の父に、ひろし、がんばったね、といってもらえたらいいなぁ、と子供みたいなことを考えるときがあります。   

東京だよおっかさん

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 9日(月)09時36分49秒
  と島倉千代子が歌っていたのを、近所の床屋のラジオで聴いたのは小学生のときだったかなー。 そんな感じで、昨日とおとといはフランス人の客を案内をしておりました。 浅草、両国の江戸東京博物館、六義園、新橋の飲み屋、築地の立ち食い寿司屋、とサービスしちゃったのですが、江戸東京博物館が見ごたえがあって、面白かったです。 まだ行った事無い人にはぜひともおすすめします。 久しぶりの六義園庭園も素敵でした。 新橋の飲み屋や、最近、神田よりも、むしろ、上野・御徒町のアメ横裏の屋台風飲み屋街に完全に負けていました。 上野が熱い!  

母の憧れ

 投稿者:たっぴー  投稿日:2018年 7月 8日(日)20時03分35秒
  親が亡くなってから、いつまでも親のことを考えるのは、高齢になっているというのに自分でおかしいような気がしていますが、いつも考えてしまいます。

私の母は小さい頃は文京区に住んでいました。クラスで勉強の良くできる子は、第一高女(白鷗)や忍岡高女に進んだそうです。母の成績は「お行儀と裁縫だけが甲」で、あとは・・・だったので、私立に行きましたが、忍岡は憧れの学校だったそうです。

その後、娘(私)が高校受験をする時は、六学区の葛飾区に住んでいたにもかかわらず、五学区の忍岡を受けるために知人の住所を借りて越境して受験し、入学できました。母はとても喜びました。

確かに、忍岡では温かい先生方、優しい友人達に恵まれましたし、就職については、先輩方の評判がとても良いということで、多くの一流企業から求人がきて、苦労をせずに、学校の推薦で皆就職できました。
私たちの学年から男女同数になって、進学をする人の方が多かったようですが、就職クラスの3Aは、先輩方からの恩恵を十分に受けられたと思います。

社会に出て行く際の心がけとして、学年主任の内海先生から「今まで、両親や先生など周りの人にお世話になってきたのだから、これからは社会に出て恩返しをする番ですよ」というような言葉をいただいたことを覚えています。
担任の細井先生からは、「忍岡の先輩方は、良妻賢母で旦那様を支えて偉い人の奥様になった人が多いんですよ。」というようなお話があったように思います。

社会に出てからは、筆舌に尽くせない苦労などがありましたが、何とか真面目に生きて来られたのは母校のお蔭であります。
母校を思い出すことができるのは、同窓会の幹事さんやこのホームページのお蔭です。改めてありがとうざいます!

今回の豪雨で西日本に甚大な被害が出て、胸が痛みます。
夏を迎えて、皆様健康に気を付けてお過ごし下さい。

/http://gallerytakako.art.coocan.jp/

 

暑中お見舞い

 投稿者:クール子  投稿日:2018年 7月 8日(日)06時45分38秒
  今年もアメリカの誕生日のお祝いが例年のように4日にありました。
(祝日は日は変わらないんだから毎年同じ日だけど・・・)
そして今年も市のシニア向けのイベントのポトラックパーティに行ってきました。
皆さん其々いろいろ作ったり、買ったりして持ってくるので結構何があるかそれが楽しみ。
丁寧に料理したのを持ってくる人がいれば、ある人はKFCのを買ったままの状態で持ってきてました。

いつもポトラック(5-6時)のあと花火(9:00-9:30)までの3時間ダンスでしたが、
今年はダンスをしない人用に映画もテレビでしてくれました。題名が”1776”。
聞いたことないけどこの年から行くと独立記念日に関したものかと思い、
今年は我が亭主殿の腰の調子がダンス向きの状態ではなかったので、映画鑑賞に参加。
これミュージカルということで、映画のところどころでもちろん歌ってましたが、
延々3時間で、ちょっとくたびれました。
内容は独立宣言にたどり着くまでの会議の様子を
割と丁寧に作ってありましたが、ミュージカルの部分を取り除いて
2時間ちょっとにしたほうがいいのにと、これは私の意見ですが・・・。
この映画の製作は1976年とかになってて、古い映画。私にはちょっと退屈。

そしてやっと9時になって花火の時間になりましたが、この延々3時間の映画でくたびれてしまって、
毎年ほとんど花火も見てるしと、今年は観賞せず、早々と戻ってきましたが、結構楽しかったです。

ついでに皆さんの服装ですが、アメリカの国旗はデザインがいろいろ面白く使えるので、
帽子、マフラー、Tシャツ、ジャケット、ショートパンツ、ソックスなど、もう何でも
国旗のデザインを使って作っています。このデザインを使ったパンツも売ってます。
帽子なんかはいいけど、下着、靴下なんかを国旗のデザインで作るのはちょっとと思いもするのですが、
そのあたりは気にしないお国柄のよう。私も数足ソックスを買って友人に配ったりしたこともあり、
1足残っていたのを祝日に敬意を示すため(?)履いていきました。
ちょっと抵抗も感じたけど、だれも気に留めてませんでした。

そして、昨日、今日はまれに見る酷暑の日だそうで、運動などはせず、家でおとなしくしています。
冷房は今のところ入れなくてもどうにかなってますが、なるべく動かないようにしてます。
料理もすると暑くなるので、多分しないかなと思い始めてます。

皆様も暑い夏を頑張って乗り切りましょう。

http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

豪暑

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2018年 7月 8日(日)03時08分46秒
  日本は豪雨こちらは豪暑に襲われています。華氏113度-約摂氏40度の暑さで狂風も吹き砂漠でした。週末なので小さなクーラーのある部屋で一日ぐったり。泊まりに来ていた孫達が小さなフライパンに卵を割って道に置いて卵焼きになるか実験をしました。車のタイヤが溶けてしまうかなんて思いました。夜まだいつになく暑く庭にでたらプルメリアの葉っぱが焼けてしまって驚きました。木蓮の木の葉も水を沢山上げていても先半分が焼けました。やはりコンクリートの脇にあるのできれいな緑葉を保つのはむりです。アリゾナとカリフォルニア北部の Wild Fire は大規模な面積で燃えています。この暑さは地球温暖化に相違ありません。海に近い近辺は以前は家の窓など開けずに昼間を過ごし夜は窓をあければ涼しく過ごせてクーラーに頼らずに済んだのすが。7月4日のIndependence Day は警察の取り締まりも無きに等しく、住人の上げる花火で
大輪の花火が家の周り365度で見られました。勿論我が家が海岸に近い平地にあるからで灌木に囲まれた高台の住宅地では公園とかスタジアムとか許可された所のみです。近所では前庭でのビールPartyで盛り上がります。

 

Edith Piaf "L'accordéoniste"

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 4日(水)11時01分49秒
  何度聞いても、素晴らしい、Edith Piafのアコーディオン弾きの歌。
Edith Piaf "L'accordéoniste"
https://www.youtube.com/watch?v=Vhu-0IBZm5s

原詩
 La fille de joie est belle
  Au coin de la rue là-bas
  Elle a une clientèle
  Qui lui remplit son bas
  Quand son boulot s'achève
  Elle s'en va à son tour
  Chercher un peu de rêve
  Dans un bal du faubourg
  Son homme est un artiste
  C'est un drôle de petit gars
  Un accordéoniste
  Qui sait jouer la java

  Elle écoute la java
  Mais elle ne la danse pas
  Elle ne regarde même pas la piste
  Et ses yeux amoureux
  Suivent le jeu nerveux
  Et les doigts secs et longs de l'artiste
  Ça lui rentre dans la peau
  Par le bas, par le haut
  Elle a envie de chanter
  C'est physique
  Tout son être est tendu
  Son souffle est suspendu
  C'est une vraie tordue de la musique

  La fille de joie est triste
  Au coin de la rue là-bas
  Son accordéoniste
  Il est parti soldat
  Quand y reviendra de la guerre
  Ils prendront une maison
  Elle sera la caissière
  Et lui, sera le patron
  Que la vie sera belle
  Ils seront de vrais pachas
  Et tous les soirs pour elle
  Il jouera la java

  Elle écoute la java
  Qu'elle fredonne tout bas
  Elle revoit son accordéoniste
  Et ses yeux amoureux
  Suivent le jeu nerveux
  Et les doigts secs et longs de l'artiste
  Ça lui rentre dans la peau
  Par le bas, par le haut
  Elle a envie de chanter
  C'est physique
  Tout son être est tendu
  Son souffle est suspendu
  C'est une vraie tordue de la musique

  La fille de joie est seule
  Au coin de la rue là-bas
  Les filles qui font la gueule
  Les hommes n'en veulent pas
  Et tant pis si elle crève
  Son homme ne reviendra plus
  Adieux tous les beaux rêves
  Sa vie, elle est foutue
  Pourtant ses jambes tristes
  L'emmènent au boui-boui
  Où y a un autre artiste
  Qui joue toute la nuit

  Elle écoute la java...
.  .. elle entend la java
  ... elle a fermé les yeux
  ... et les doigts secs et nerveux ...
   Ça lui rentre dans la peau
  Par le bas, par le haut
  Elle a envie de gueuler
  C'est physique
  Alors pour oublier
  Elle s'est mise à danser, à tourner
  Au son de la musique...


英訳
https://lyricstranslate.com/en/l039accord%C3%A9oniste-accordionist.html


The accordionist

The prostitute is beautiful (lit. Girl of pleasure)
Over there on the corner
She has a client
Who fills her stockings up (pays)
When her job is done
She goes on her way
Looking for a bit of dreams
At a dancehall in the suburbs
Her man is an artist
He's a strange, little guy
An accordionist
Who knows how to play the java (a dance)


She hears the java

But she doesn't dance

She doesn't even look at the dancefloor

And her loving eyes

Follow the vigorous playing

And the wiry, long fingers of the artist

It gets under her skin

From the bottom, from the top

She has the urge to sing, it's physical

All of her being is tensed

Her breath is held

c'est UN OUEVRE tordue de la musique - it's a work of art shaped by the music

The prostitute is sad

Over there on the corner

Her accordionist

Left to be a soldier

When he comes back from war

They will have a house

She will be the cashier

And he will be the boss

How beautiful life will be

They'll be true big-shots

And every night for her

He'll play the java




She hears the java

That she hums softly

She looks again at her accordionist

And her loving eyes

Follow the vigorous playing

And the wiry, long fingers of the artist

It gets under her skin

From the bottom, from the top

She has the urge to cry, it's physical

All of her being is tensed

Her breath is held

It's a work of art shaped by the music




The prostitute is alone

Over there on the corner

The girls who are sulking

The men don't want

And too bad if she dies

Her man is never coming back

Farewell to all of those beautiful dreams

Her life is fucked

Nevertheless her tired legs

Take her to the dive (dancehall)

Where there's another artist

Who plays all night long....




She hears the java

She listens to the java...

She closes her eyes...

Those wiry, vigorous fingers

It gets under her skin

From the bottom, from the top

She has the urge to yell out, it's phyisical

And so to forget

She begins to dance, to turn

To the sound of the music...




STOP!

Stop the music...

http://JP

 

For the good times

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 4日(水)10時50分18秒
  For the good times - Perry Como
https://www.youtube.com/watch?v=-8lWST4idkQ

Softlyとかを昨晩聴いたせいか、今朝は気分が、センチメンタル。 梅雨空っぽい空がもどってきたからかもしれないし、単に、おなかがすいているだけかもしれないけど。日本が負けたから、ではなさそう。 あ、そういえば、昨日のお昼は、テレビでいつかみたタレントのダイエットの真似をして、近所のスーパーで198円のそばのパックに、木綿豆腐でにわかダイエットをしたら、夕方にはおなかがすいちゃったので、会社の冷蔵庫に隠してあるワインを空けて、ハイテンションで帰宅したところで、飲酒隠蔽を早速家内に見破られ、また酒飲んだなー!としかられたこともあり、そのハイテンションの戻りで、メランコリックなのかも、ということを思い出しました。 するまじきにわかダイエット。

昨晩は、Softlyの歌詞にでてくる、あと1時間だけでも、せめてあと一日だけでも、という歌詞のところでは、やはり、エディット・ピアフのMon Dieuを思いだしていました。
Edith Piaf "Mon Dieu"
https://www.youtube.com/watch?v=RgvEV9B-IEw

歌詞と訳:
Mon Dieu! Mon Dieu! Mon Dieu!
Laissez-le-moi
Encore un peu,
Mon amoureux!
Un jour, deux jours, huit jours...
Laissez-le-moi
Encore un peu
A moi...

  神よ、神よ、神よ!
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わが愛する人を!
  一日だけでも、二日だけでも、一週間だけでも…
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わたしに…

Le temps de s’adorer,
De se le dire,
Le temps de se fabriquer
Des souvenirs.
Mon Dieu! Oh oui...mon Dieu!
Laissez-le-moi
Remplir un peu
Ma vie...

  愛し合い、
  愛を語り合う時間を、
  想い出を
  紡ぎだす時間を。
  神よ、おお、そうよ…神よ!
  そうした時間で
  もうすこしだけ満たせるようにして
  わたしの人生を…

Mon Dieu! Mon Dieu! Mon Dieu!
Laissez-le-moi
Encore un peu,
Mon amoureux!
Six mois, trois mois, deux mois...
Laissez-le-moi
Encore un peu
A moi...

  神よ、神よ、神よ!
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わが愛する人を!
  半年だけでも、3か月だけでも、2か月だけでも…
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わたしに…

Le temps de s’adorer,
De se le dire,
Le temps de se fabriquer
Des souvenirs.
Mon Dieu! Oh oui...mon Dieu!
Laissez-le-moi
Remplir un peu
Ma vie...

  愛し合い、
  愛を語り合う時間を、
  想い出を
  紡ぎだす時間を。
  神よ、おお、そうよ…神よ!
  そうした時間で
  もうすこしだけ満たせるようにして
  わたしの人生を…  

http://JP

 

Softly

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 7月 3日(火)19時37分9秒
  仕事を終えて、帰宅するちょっと前に、会社で放課後の行きぬきでYou Tubeをみていたら、ふと出会ったこの曲。 Elvisの説明と語りに引き込まれてしまい、マット・モンローの歌も聴いてみた。 Elvis自身は歌っていない。 彼の胸を打つものがあったのだと思います。
Elvis Presley - Softly, As I Leave You
https://www.youtube.com/watch?v=3k7cz1tyuWo

Matt Monro - Softly As I Leave You
https://www.youtube.com/watch?v=Nx_ktGU3-tQ

こちらがMinaの歌ったオリジナルソング「Piano」
Mina - Piano - Softly as I leave you - Mina50
https://www.youtube.com/watch?v=c943SDcli0Y

こちらがもっとHitしたシナトラの歌。彼の葬儀にもかかった歌らしい。
frank sinatra - softly, as i leave you
https://www.youtube.com/watch?v=u1kkJvV-gOs

われわれもそろそろ、どっちが先に逝くの? なんてことが話題になる年頃?
 

まぁ、りっぱ

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 3日(火)17時07分28秒
  朝一番でパソコンを入れたら目に入った予想通りの試合結果。 これだけ戦えるのだったら、できれば、前の試合も歴史に残るずる負けであってほしくなかった。 サムライブルーの名にふさわしくないずる勝ちをしてもぼこぼこにされるだけ、という予想通りの結果となったのが残念。 全力を出して負けたのだから、まだまだ世界の壁は厚いということだし、結果的に、およそ予想していた通りの日本の弱さが出た試合だったのでしょう。 でも、先制点も含めて、戦いぶりは、まぁ立派だったのでしょう。 更なる精進を期待したいと思いますが、つまるところ、半分格闘技のようなものなので、やる人はいろいろな意味で強くないといけないわけですね。

土岐善麿のWikipediaには都立忍岡高校がリストに入っていなかったので、私が書き加えさせていただいた、ということです。

ただ、忍岡高校のHPへのLinkの仕方がまだよくわから無いので、Listの名前は載せたものの、そこをクリックしても忍のHPに飛ばない、ということです。 まぁ、気にする人はいないと思いますが、「あの」土岐善麿先生が校歌を作ったんだぞ、と胸を張って言おうと思ったけど、彼の作品の一つも読んだことも無いし、実際、どんな人だったのか知ら無いし、私みたいなものが書き加えちゃってすみません、という気分です。 でも、忍のそばでお生まれになられた下町っこだったということのようなので、なんとなく親しみが持てます。 生前にお話を聴くことができたら面白かったかもね。

 

レンタル掲示板
/134