teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Queen - Teo Torriatte

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 6月 8日(土)23時40分9秒
  ジャカランダさん、ご投稿ありがとうございます。 先日乗ったフライトでQueenの映画、ボヘミアンラプソディーを見ました。 Freddie Marcury 役なかなかよくできていましたね。

Live Aid | Bohemian Rhapsody (2018) - scene comparisons
https://www.youtube.com/watch?v=2cH5htm6T4E


日本にも来ていたのですね。
Queen - Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (Remastered Audio 2011)
https://www.youtube.com/watch?v=PCOsNW37Mc8

Freddie Mercury Had A U.nique Physical Attribute ? And It’s Why He Was One Of The Best Singers Ever
https://www.youtube.com/watch?v=cihYIst3mFY
 
 

最近で明るい話

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2019年 6月 8日(土)04時35分28秒
  しばらくご無沙汰してます。5月末にシエラネバダ、ママスレークスに家族で行きました。そこも例年にない寒い暗い気候で雨、あられ、晴れ、そして雪と不規則な毎日でハイクも出来ずやむを得ず主人と孫4人と興ずる鱒釣りに付き合いました。いつも行く同じ川ですが今回は青空の合間に2日程で合計34匹つれました。餌はイクラの卵。釣りのライセンスを持っているのは主人一人だけで、子供は無料で釣りを楽しめます。子供4人なのでリミットOK. 養鱒場から放流されたばかりの肥えた鱒がどっさりいたところに運よく居合わせたのです。釣れたのはいいがそれを料理する前に綺麗にするのが大仕事でした。今年は大雪でしたので山にはまだ雪がたっぷり残りスキー場はは多分7月末になってもにぎあうことでしょう。

帰ったSoCalは本当にJune Gloomで 毎朝どんよりしています。何となく家に閉じこもりがちになります。しばらくぶりに行ったHuntington Beachで見慣れないイベントがありました。身体障害者のサーフィンを援助する大勢のサーファーとライフガードさん達のボランティア活動です。助けられる方も助ける方もとても楽しそうで見ている私も心が温まりました。さすがにボードに立ち続けられる方は少なかったけれど。ベテランのサーファー達に見守られながら安全に波にもまれて楽しそうでした。

トーレンスの事件でクール子さんはさすが落ち着いていたようですね。銃撃事件は私も随分前にショッピングモールで経験しました。宝石店への強盗でした。その時私は近くの店に入ってシャッタを閉めてもらいました。大きなモールでの銃声はすごい大きな響きになり、怖かった。
どんな結果になるか興味があります。それにインターネットで部品を買い自分で作れるマシンガンの問題もあります。登録なしで持てるなんてあるべきでないです。

私が最近何回も繰り返し聞いてしまう歌は、Queen の歌った”手を取り合って" ”Let's cling together”という歌です。Songs for Japan 東北津波のベネフィットのために販売されたCDに入っています。英語と日本語と混じってとても感動的な歌です。


 

間一髪!

 投稿者:川井 浩  投稿日:2019年 6月 5日(水)21時42分16秒
  まさにその現場にいたのですね。 下手をしたら、事件に巻き込まれていたかもしれないと思うとぞっとしますが、運よく、間一髪で助かった、ので、よかったです。

こんなことには、そう度々は遭遇しないとは思いますが、昨今の老人の逆走や、暴走、子供たちの行列への突進など、被害者になる可能性もありながら、実は、もう、加害者になってもおかしくないというのも現実になってきてますね。

いやはや、危険はどこにでも潜んでいます。 いつぞやの日比谷線築地駅での地下鉄サリン事件はいつも客先に行くときのルートだったけど、同日・同時刻には、たまたまJRで移動していたので、その事件に遭遇しなかった、ということがありました。

いつぞや、Frankfurt空港の爆破事件のその現場の同時刻で、Airportの向かい側で商談をしていて、現場に遭遇はしなかったのですが、商談のタイミングがずれていたら、被爆か、ガラスの破片でずたずたになっていたかもしれない。

アメリカは銃乱射、日本では老人の逆走・暴走が怖い。最近は刃物でやたらと差しまくる輩もでてきて、世も末か。 金正恩のロケットの恐怖より、そっちが怖いという風潮です。
 

発砲事件ー3(最終回)

 投稿者:クール子  投稿日:2019年 6月 5日(水)03時37分56秒
  今朝のテレビニュースを見てたら、モールで発砲事件というのを流してましたが、
武装した警官が建物の周りをまわっていて、目撃者の話とかをやってましたが、
容疑者は今朝現在捕まっていず。 被害者からの事情聴取もできてないのか何もなし。
どの程度の怪我かも発表はまだなし。

モールの中の店全部らしいのですが、捜索して、出られなくなってた従業員とか客とかを
全部確認して、警戒を最終的に解除したのが昨晩の10時過ぎということでした。
なんせ200店以上お店が入っているし。
この中の一人に入ってなくてよかった!
それこそ怖いだろうし、お腹もすいたろうし家族も心配しただろうし。

この1/4の彼女、「もうこの頃どこも安全で、安心して出かけられるところないじゃない!」。
そういわれるとそうかもしれないけど・・・・。
彼女がこんなに怖がりでパニックに弱いとは、かなり長いこと付き合ってたけどわかりませんでした。
しかし、彼女いい旦那さん持ってるね。

そう、人生なにがいつ起こるかわからないから、出かける時は清潔な下着をつけて(と親が言ってたことがあったような気がする)
身辺の整理をいつも良くしておくこと。
なんて、思うことはまあなくて、こういうことがあると、ちょっとは思い出したり・・・。
 

発砲事件ー2

 投稿者:クール子  投稿日:2019年 6月 5日(水)03時17分53秒
  少ししたら、ヘリコプターが2機頭上を回っている。そのうちツイッターだかフェイスブックだかしりませんが、
1人が撃たれてケガして、犯人がモールの中を東方面に向かって逃げて行ったらしい。

で、我々のいるところはモールの西側、私ともう一人の車は南西側の駐車場、1/4の彼女のが北西側の駐車場に車を止めている。
だから今動けば大丈夫だと思うし、他の車も駐車場からどんどん出て行ってるし、出ようといっても
この1/4の彼女、動かない、主人に電話して迎えに来てもらうという。
ご主人にはどうやら連絡ついて、来てくれることになったので、一安心ですが、
このご主人に何かあったら大変じゃないと思うのだけど、彼女はもう絶対信じてるみたい。
いい、優しい、ご主人を持ったものです。
なかなか感じの良い、物のわかったひとみたいで、一生懸命奥さんをなだめて、大丈夫だよと言っている。
で、彼女は、私たちのパーキングまでそれぞれ、送ってやれと言い、旦那さんはハイハイとしてくれました。
この間大体30‐40分くらいなものでしたけど、建物の周りに出ていた人たちは、
皆さんどこかにいなくなってました。多分家に帰ったのだと思いますが。

で、それで其々分かれて帰ってきて、家に着いたらなんだかやはりくたびれてましたねー。

主人に話して、容疑者はまだ捕まってないんだってというと、ニュースで聞いたよ、
アジア人の年のいった、少し白髪の混じった女性が来た方面に逃げ去ったとか言ってたなー、という。
えッと一瞬思って、からかわれているのが分かってそれでまあお仕舞。
容疑者はラテン系の男性とかいうだけしかわかってなくて、被害者は病院で手当てを受けている年か、昨晩はニュースが分かりませんでした。
 

発砲事件-1

 投稿者:クール子  投稿日:2019年 6月 5日(水)02時46分42秒
  アメリカは南カリフォルニアのトーランス市(Torrance)というのが、
千葉県の柏市なので、トーランスという市の名前をお聞きになった方もいるかと思います。
ここはLA空港とロングビーチの中間あたりで、日系人、日本人も比較的多めに住んでいるところ。
私もひところ住んでて、仕事場もここにありました。
さて、この市にDel Amo Shopping Center(デラモと私たちは約していってますが)大きなショッピングモールがあります。
30年くらい前、クール子さんを訪ねてくれた忍の女性2名が、ここに開店と同時に行って、
夕方になってもまで回り切れなかったというサイズのモール。
ここが結構古くなってきていたので、数年前から少しずつ改装を始めて、今はまたきれいなモールになってます。
ここに最近、結構名が知れているとかいう中国料理店が開店したというので(私は何度聞いても名前が覚えられない)
1/4中国の血の混じっているポルトガル系で、香港で育ったという友人ともう一人と昼食に行きました。
その国の食べ物を食べに行く時はその国から来た人と一緒だと、便利が良いので(というわけでもありませんが)
3人でおいしく食べて、その後、コーヒー店により、お店、デパートでウインドーショッピングをしながら、
(こういうことは年2回くらいしかしなくなったクール子さんのたまたまのお出かけです)
そろそろ帰ろうかなどとはなして、デパートの化粧品売り場に入って冷やかしをまたちょっとしてました。

と、金属の思い大きな棚がどたんと床に思いっきり倒れたような音がして、なんだ?とその方向を見た時なのですが、
14‐15人くらいのようだったですが、こちらに向かって走ってくる。
私たちを通り越しながら、Just run ! (とにかく走れといった感じ)というので、
何と聞いても説明なし、それからどんどん走って来る人が増えて、走れ、走れという。
で一緒に走りながら建物のそとに出て、近くにいた人に聞くとやっと答えてくれたのが、Gun Shot (発砲)。
でも何が何だかわからないうちに、5分もたたず、かなりの数のパトカーが到着。
目の前を何台も通られると、さすがちょっと平常じゃないなと思いましたね。
で、駐車場の端の方にいって、とにかく帰ろうと言ったら、この1/4中国人が、
彼女の車が出てきた建物のすぐ近くに止めてあるから怖くていけないというので、
とりあえず、車で送ってあげるからあとで取りに来たらト行っても、もうパニくって動かない。
もう一人がお手洗いに行きたいけど、モールに引き返せないなんて言い始め。
丁度、ある銀行の支店の人が何事かと出てきていたので、彼女に説明すると、
銀行の中に入って、使ってよい(ふつうさせてくれませんが)、ここで非難してろといってくれる。

少ししてから、銀行も閉店にして、出入り口も鍵かけてしまいました。

 

そろそろ夏なのですが・・・

 投稿者:クール子  投稿日:2019年 6月 5日(水)01時30分42秒
  この地域には「6月の曇り空」という言葉があって、このころの天気は午前中曇り空が続き、
どうなるかと思っていると、午後からカラット晴れて、気温も上がり、それが毎日続きながら
少しずつ夏らしくなっていくお天気です。
そうなってくれると良いのですが、今年は例年より気温が低めのこの頃、曇り空は続いてますが、お日様も1日のうちでどこかで顔を出してはくれるのですが、今のところ、少しずつ夏が近づいてという感じがしません。
今年は冷夏になるのか、酷暑の夏になるのか?
これもいわゆる異常気象の一現象?


通年このあたりは5月から10月いっぱいは雨が1滴も降らないはずだったのですが(砂漠気候)、
ここ5年くらい前から、夏場もちょっと雨がパラパラ降ってという日がありました。
しかし今年は5月から6月の薄曇りの日が始まって、しかも雨が3回も降りました。
5月に3回も降ったのは新記録かもしれません。

しかし花はいつものように咲き、今はジャカランダの盛りできれいです。
これが終わると、最近増えてきたさるすべりの夏の季節になるのです。
中西部、東海岸の洪水のニュースなんかを聞くと、なんといってもありがたい気候です。
まああまり考えることはせずに、きれいな花、薄曇り空、青い空を楽しみましょう。

 

高原の初夏

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 6月 2日(日)22時36分16秒
  6月1日と2日の週末、八ヶ岳山麓標高1200mの高原に遊びました。おりしも、オレンジ色のレンゲツツジが満開でした。 花や実は人体に有毒とのことですが、そのあでやかさは素晴らしい。

その他のカラーのツツジは人工的に植えられたものですが、期を同じくして、こちらもあでやかに満開でした。

ツツジといえば、子供ころ、花を引っこ抜いて、その付け根の蜜を吸って遊んでいましたが、レンゲツツジにはとんでもない毒があるようなので、気を付けましょう。
 

芋虫ちゃん

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 5月29日(水)21時54分9秒
  すっかりオレンジの葉っぱの色に擬態してお食事中の芋虫ちゃん。 黒い目のように見えるのは、目ではなく、紋。 実際は、とても小顔です。 オレンジの葉っぱをむしゃむしゃとお食事中。

こんな、かわいい芋虫ちゃんも、生まれてきた以上、ちょうちょになるまで育ててあげたい気もするけど、こんなのが、何匹も束になって、オレンジの葉っぱを食べ進めば、オレンジの木は丸裸。 今年こそはと楽しみしているオレンジの実がならなくなってしまう。

自分がオレンジの収穫をあきらめれば、この芋虫をちょうちょにしてあげることもできる。 オレンジをこの木に実らせなくても、スーパーに行けば、カリフォルニアのもっと甘いオレンジを買うこともできる。 とはいえ、じぶんとこの垣根に実るオレンジを楽しみに待つ心を無理やり抑え込むことは難しい。 だって、楽しみにしているんです。 実の成るのを。

自分の欲のために、ほかの生き物を殺してもいいのか、という自問自答がはじまる。 蝶になるはずの芋虫を殺すことへの罪悪感が苦しい。 よく観れば、かわいい。 幼虫なのに色もきれい。

ただ、すでに、丸裸になってしまった枝をいくつも見るうちに、内なる、憐みの情を、欲望の声がかき消し、結局、この芋虫ちゃんをポアしてしまった。 自分の狭量さが恥ずかしい。 
 

A song to remember

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 5月29日(水)21時33分0秒
  ショパンの音楽のシーンでつづった1945年のアメリカの創作映画。いわば戦時中だったはずのアメリカがこんな文化的な映画を作っていた、というのが、一億火の玉だ、とやっていた日本との国力の違いだなー。

A Song to Remember (1945) 2 - 'Valse Minute'
https://www.youtube.com/watch?v=tTZe61R3huk

A Song to Remember (1945) 3 - Fantaisie-Impromptu Opus 66
https://www.youtube.com/watch?v=MmCnv40HQIM

A Song to Remember (1945) 4 - Etude n°3 Opus 10 'Tristesse'
https://www.youtube.com/watch?v=-HW_PU4gCz4

A Song to Remember (1945) 5 - Nocturne Opus 9 n°2
https://www.youtube.com/watch?v=wjpRgX7j4qg

A Song to Remember (1945) 6 - Valse opus 64 n°2
https://www.youtube.com/watch?v=C9O1Uxq13o0

A Song to Remember (1945) 7 - Polonaise 'Militaire'
https://www.youtube.com/watch?v=QTWYUtdq46E

A Song to Remember (1945) 8 - Polonaise 'Héroïque'
https://www.youtube.com/watch?v=SZA2L4bmRYo

映画全般を見たい人はこちら:
A Noite Sonhamos (Completo) Legendado 1945
https://www.youtube.com/watch?v=xWW-MpNZlBc
 

レンタル掲示板
/160