teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Rock Balancing

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年11月20日(金)10時05分12秒
  YahooのNewsに出ていたロックバランシングという遊び、というか、芸術というか、精神修養というか、面白そうな遊びが紹介されていました。

ふと、賽の河原に石を積む、という言葉を思い出してしまいました。これは切ないわー。
関連紹介ネット情報: https://true-buddhism.com/teachings/sainokawara/

もっとも、Rock Balancingはそんな賽の河原とは無縁の、楽しい遊びですね、
でも、関東平野に生息する我々には、石のごろごろ転がる河川が無い。 葦の生え茂る、せいぜい砂か、へたすりゃ、へどろみたいな川辺しかないので、そう簡単にはこの遊びはできません。

京都の鴨川での遊びの光景のようですが、京都の鴨川っていうのは、きっと、流れがまだ、急なのね。 あるいは、そんな砂やへどろを長い落とす水量がある場合があるということかな。

いざ、マネして遊ぼうと思っても、まぁ、来年のあったかくなったころ、山に近いほうの川で遊べたら、そんなこともしてみようかなー、と思った次第です。 要するに、現世を離れて、無心に遊びたい、ということだな。

賽の河原の鬼の仕業。。。 僕の仕事にはたまに出てきます。 で、また、ゼロから作り直し、なんてのが、中小企業のおっさんとしては、実感として感じるなー。

あー、川原で遊んでいたい。
 
 

歩ける幸せ

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年11月13日(金)17時59分15秒
  昨年12月に左股関節を人工股関節に入れ替えました。 すり減った股関節の軟骨に、ざらざらの骨同士がこすれあい、歩行困難から車いすになっておりました。 手術後の筋肉というか神経というか、つらい痛みがなかなか取れず、気分もなかなかすっきりとしませんでしたが、10月の半ばを過ぎて、その痛みもほぼなくなり、200-300mから400-500m程度は杖なしで歩行ができるようになりました。 ぱっと、立ち上がって、通常の用事を足すことは難なくこなせるようになりました。 この、歩き出せる瞬間の喜びが、とても新鮮で、毎回、歩いだすのがうれしいのです。
もっとも、数百メートルあるくと、まだ、徐々につらくなってくるので、本当に、元通りにあるけるようになるのかどうかはわかりませんが、当面、山登りやワンダーフォーゲルに行くつもりも無いので、十分幸せです。 というか、とても幸せ。

で、このところ秋晴れのいい天気で、空気もさらっとして、ドクターストップの禁を犯してバイクで近所を走ったりして、いやー、いい気分です。 健康ってありがたいと、今は、とても感じます。 もっとも、転がって、脱臼でもすると死ぬほど痛いぞと脅かされているので、慎重に、またがっています。

仕事は相変わらず大変ですが、手かせ足かせの厳しい状況ながら、なにくそと、積極的に戦っていけるのもこれもまた、健康であればこそ。 ありがたいことでございます。 
 

皆様ご無事でありますように

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2020年11月 9日(月)16時30分37秒
  大統領選挙ほぼ終わりホッとしました。事実トランプはもう御免という国民がバイデンを止む負えなく選んだわけです特別彼に大きな期待は無かったのですが。これからの4年間の新政権の成果を願っています。



皆さんも視聴なさったかもしれませんが。NHK特別番組をみました。新型コロナの世界中の文献をAI が調べた総合結果です。

もうご存じとは思いますが。私が書き留めた必要事項は次のとうりです。。。



*新型コロナ菌は今までのフルーとか風邪の菌と違い非常に多種、多数のダメージを人体に起こす。

*このAIの調査結果で後遺症の酷い人には 女性、44歳平均、そして運動をしたりして抗体力が強かった人が多い事。

抗体力過剰というのが原因にもなるらしい。

 私はびっくりしました。私の隣家の娘さんの描写と病状にびったりでした。

 先日テレビで隣の娘さん(住まいは別)がジムで運動しているビデオがニュースになっていました。びっくり。

 それも私の末娘の努める病院のコロナ患者向け特別リハビリ治療を受けているビデオでした。彼女は数か月前にコロナに感染し

 入院?退院し仕事に戻りましたが後遺症が酷く、主にひどい倦怠感が残りベッドから起きることも難しい程でした。

 彼女はバスケット・ボールプレイヤー、背が高く健康体?。43歳、2児のママ。キャリアウーマン。

 彼女の感染源は幼稚園児の娘さんからでした。彼女から隣のご主人が感染しましたが軽症でした。

 余談ですが。。そのため隣の奥さん(彼女の母親)はトランプが子供からの感染などないといい加減なことを言っていたのに

 ひどく怒っています。幾万という米国での死亡者への責任が少なからず彼、トランプにになかったとは言えません。

*湿度40-60%保つ、乾燥すると菌は長生きする。  私はキッチンと庭で過ごす時間が多いので救われているかも。

*低気温だと菌は長生きする。それに加え冬には私達の抗体性が弱るので体を温めること。

 マスクをすると温度と湿度を保つ一番の感染予防になる。冬は一人で外を散歩する時もマスクしたほうがいいかも。

*通常喉の奥の綿毛?というのが悪い菌の殆どを締め出している。うがいをすれば他人にも移す率が下がる。

 私は喉が弱く、話過ぎると喉が疲れていたくなります。喉のかゆみとか痛みがあるときは塩水とかHydrogen Peroxide3%を

 水で薄めてうがいをしてます。お陰で風邪を滅多にひきません。頻繁に手を洗うと同時にうがいをするのもいいかも。

*222mmの紫外線を浴びると菌が10%程に下がる。米西海岸では今年の夏異常に蚊が多くWest Nile virusが警告されていました      ので庭にゆっくりいられませんでした。今寒くなって蚊がいなくなったので暖かい日は日向ぼっこします。



以上、間違った理解もあるかもしれません。その点はお許しください。とにかく皆さんご無事を祈っています。



榮子
 

混乱の時代

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年11月 8日(日)08時44分39秒
  今日も秋晴れの気持ちの良い一日になりそうな気がしますが、そんな秋晴れの日には、世間というか世界というか、地上に、戦争、コロナ、政治の混乱、民族弾圧や内臓の売買、独裁政治の下での圧制、貧困、人身売買、飢え、そんなものがあるなんて嘘であってほしいという気分になります。

でも、現実は違うんですよね。 で、一人一人は無力。。。

そんな混乱の中で、うまく生きられない人たちの不満は、やがて、暴動化したり、救世主やヒーローを求めた挙句、絶対専制君主やオカルト宗教を生んだり、してしまう。

全世界の人々がだれでも同じ権利と、同じチャンスと、同じ生活ができればいいのだと思いますけど、実現には程遠く、現実には、泰平の世の中を目指すために争いが起きるという矛盾。

今回のアメリカの選挙を混乱とみるか、まぁ、混乱だと思いますが、正常な浄化作用とみるか、日本の自民党一党の長期支配による川のよどみを良しとするのか、より先鋭な独裁者国家を理想とするのか、それ以外の道があるのか。

と、そこまで突き詰めても、また、解決の回答は見当たらない。 せめて、人々がより寛容になり、互いの意見の相違を認め合えれば、すくなくとも、暴力的なことは減るのではないかと思いますが、なかなか、右のほほを打たれれば、左のほほを差し出す気にはならないものですよね。
右のほほを打たれれば、左のほほを2度殴り飛ばす、というのがどうやら現実的のようなので、お互いに言い分はあるでしょうが、喧嘩両成敗、お願いします、水戸黄門様、神様、仏様、と祈りたい。
 

キャンセルカルチャー(Cancel culture)続き

 投稿者:クール子  投稿日:2020年11月 7日(土)19時41分49秒
  行変更キーの代わりに投稿してしまったようですので、キャンセルカルチャーの続きを書きます。

自分と違った意見を言う人の言論行動だけでなく、その人の社会的地位なども取り上げてしまうとか、そんな意味のようです。

近年、名の知れた大学とかで、リベラル意見と違う意見を披露したりすると学生らしい人たちから
つるし上げにあって、身の危険まで感じるほどになり退職したり解雇されたりということが起こっています。

今日のテレビのある番組で紹介されたのですが、リベラル活動家の中に超リベラルなのがいて、
その超リベラルが過激な言動を広め、それをメディアがニュース性があるということでニュースに載せる。
視聴者がそれを(うのみにしてかどうか知りませんが)支持して
現在このキャンセルカルチャーに賛同する傾向が酷くなっているという話でした。

かなり納得できる話でした。
というのは最近Black lives matter運動に対して違って見える意見を述べようと思うと、
身の危険感じるような気がするんですよね。

次の例が良い例かどうか知りませんが、今回の選挙で黒人女性の検事さんが落選しました。
この人、2012年にLA郡でだと思いますが、黒人女性が初めて選ばれたと話題になったそうですが、
とてもまじめな常識のある人で、法律に則って真面目に職務追行していた。
私も尊敬している人のうちに入れてました。
その彼女が、マイノリティーに対しての罰則が公平でないとか言われて非難されはじめ、
Black lives matter活動家から嫌がらせをだいぶ受けていました。

人種差別とか性差別と言うのと違う政治的な考えの違いの方がどうも大きい要因がとなる、と思った次第。
差別反対活動家のうちの超リベラルの意見と合わないところが結構合ったようです。
肌の色とか男女の差とかと違った問題が起こっているんですけどね。
その辺りあまり問題となってないみたいで、ちょっと恐いなと思います。
 

キャンセルカルチャー(Cancel culture)

 投稿者:クール子  投稿日:2020年11月 7日(土)19時04分44秒
  と言う言葉があるそうです。ごく最近聞いたのですが、どうも  

政治の話

 投稿者:クール子  投稿日:2020年11月 7日(土)19時01分29秒
  こちら米国、新大統領決定のニュースがまだ流れない状態ですが、どうなるんでしょうね。
現時点では最終開票がもうすぐ終わりだがそれを待つまでもなく民主党候補のほうに票が入っている。
現大統領がこの開票に異議を唱えて告訴したという。
この裁判がどのようになるのかまだわかりませんが、悪くすると選挙最終決定が
今年中に出るかわからないというニュースも流れている。
まあ、娯楽として眺めていれば面白いと言えるかも知れませんが、物事だらだら続くのも良し悪し。
結論は早く出て欲しいですけど・・・。

今回のゴタゴタを招いたのは、郵送投票のルールがきちんとできていなかったの一言に尽きると思いますが、
そう思っている人も結構いると思います。
この説明してるとかなり長くなるので端折りますが、これで民主党がかなり得していると思われます。
現時点で投票数そのものは民主党が多くなっているので、告訴が通らない限り民主党に政権移行。
事態は刻々と変わると言っていいか・・・・?

どっちが政権をとっても、まあ後味の良くない選挙になるとは思います。
どっちにしても税金は上がるし、物価はもう上がっているし、
治安はどうなるんでしょうね?

コロナは?
免疫できてる人の数がある程度まで増えないと流行は治まらないということですから、
政府が何をしようとしばらく待たないといけないんでは?
 

2020修正カレンダー

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年11月 6日(金)23時53分11秒
  一瞬で何を伝えたいか、直観に訴えるカレンダーですね。 クリスマスのある12月がそうあってほしい。。。という願いもこもっているのかも。  

2020年 修正カレンダー

 投稿者:クール子  投稿日:2020年11月 6日(金)23時44分51秒
  面白い写真を友人が送ってくれたので、ご紹介。

どう思う?  あまり面白くないかな・・・・?
 

体も機械も手入れが大切

 投稿者:クール子  投稿日:2020年11月 6日(金)09時50分12秒
  機械とか車とかは時々動かしてないと、いざと言う時にうまく動いてくれないとか、
まず修理から始めるということになるのは皆さんご承知ですよね。

バック・ツー・ザ フユチャーの車も布施院さんのバイクも同様。
我が家のアンティークカーになるはずの車も、修理と言うより作り直ししてるみたいな状態。
(ついでですが、歴史の浅い米国は半世紀前位のものだとアンティーク扱いになるものあるのですよね。
私達の体なんかもうアンティーク扱いとなるのでしょうかね。)

同様に布施院さんの股関節もしょっちゅう歩いたりして慣らさないとなかなかうまく動いてくれないような・・・?
我が亭主は20年前くらいに両方取り換えちゃったけど、もう必死に歩いたりして元に戻すように頑張ってました。
最近はまた少しする減ってきたみたいでギシギシしてるような気がすると言ってましたが、
とりあえずどうやら動いてます。
お医者さん方はとにかく何でもいいから運動して、ガタがなるべく来ないように頑張ってとか言うそう。

それはそうと、10日ほど前裏庭の大きな植木鉢を動かしていたら、その隣の鉢の枝に体を引っ掛けました。
あっ ! 枝が折れちゃうと思って枝を支えながら、鉢を動かし続けていたらなんだか腰のあたりがウッと言う感じ。
これは・・・と思ったのですが、枝を折らずに鉢も動かして、立ち上がろうと思ったら、
腰が伸びないのよね。 伸ばそうと思うと痛いのよね。
どうにかして立ち上がってと言っても腰を曲げたままで家の中に入ったのですが、
「とうとうやっちゃった。ぎっくり腰」と自己診断。
まあ軽いのだと思いますが、寝てるか、有る角度で座ってるか立ってるかだといいのですが、
動作の移動がこれまた大変。食事作りはあなた任せという特典はつきましたが、あまりうれしくない。
ほとんど寝転んでましたが、3日目に我が亭主、カイロに行ってこいと宣う。
さすがカイロの先生。帰ってきたころにはだいぶ楽にはなりました。
先生曰く、ストレッチちゃんとやってるの? 調子よくても毎日してないとねー。
ごもっともです。それから1週間で回復。ストレッチは、もちろんまた忘れました。
そうだそうだと言ってる私ですが、調子がいいとすぐ忘れるストレッチ。
先週はそれを思い知らされました。

皆さんもお気を付けください。 私もストレッチ明日辺りからまた始めましょう。


 

レンタル掲示板
/199