teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Californiaで大地震

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 7月 6日(土)21時18分56秒
  とのニュースがありましたが、クール子さんちとジャカランダさんちはご無事でしたでしょうか?

先週、私の行っていた、スペインやフランスでは45℃を超す熱暑、九州では1日で7月の1か月分を超す大雨。今年も、各地で自然が猛威を振るいそうですね。関東地方は梅雨寒かと思えるほどのすずしさ。 助かりますけど、何となく、不完全燃焼の気分。 やっぱり、夏は暑くて、スイカがうまい方がいい、とか言いながら、きっと、すぐに秋が恋しくなるんだろうなぁ。

私のいたBarcelonaでは日差しは強かったけど、旧市街は路地ばかりで日差しの直射はそれほど受けない割に、海風がふきぬけて結構快適でした。 もっとも、目抜き通りは観光客であふれかえっていて、国際スリ団が横行し、警官に扮した詐欺師がいたり、と、かなりやばいところもあるところだったようです。 幸い、今回は、私はセーフでしたが、たしかに観光客が多いところはスリも多いのは、世界共通。 おそらく、浅草の仲見世なども、外人さんやお上りさんを狙った怪しげな人が今も昔も多いのでしょう。 自然の災害も嫌だけど、悪い奴が横行する人災も困ったものです。盛り場は気を付けよう。

テロもあるでよ。






 
 

桐の花

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 7月 3日(水)00時04分14秒
  桐がジャカランダの親戚だということらしいので、画像を探したら、まぁ、よく似てますね。
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%A1%90%E3%81%AE%E8%8A%B1

Balcelonaの街角にも公園にも咲いてました。あ、Jakarandaですが。

で、桐にまつわる物語や背景を述べた情報がNetにありました:
http://www.hana300.com/kiri00.html

さて、明日は、ご近所に桐の花を探しにでかけてみようかなー。

 

Barcelona 4

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 7月 2日(火)00時25分31秒
  安宿の扇風機のオブジェ(オブジェになっている動かない扇風機)。 サングリア、水、蟠桃、洋ナシ、シードル(リンゴ酒)、締めて、700円なり。

街角のJakaranda。 ところで、Jakarandaは桐の仲間なのね。

町中で咲きほこる黄色のアカシアの花。 ミモザともいうみたいだけど。 
 

Barcelona 3

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 7月 2日(火)00時20分38秒
  サングリア、Patata Bravas、海の幸のパスタ、うーん、時間よ止まれ!
 

Barcelona 2

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 7月 2日(火)00時18分28秒
  街のスナップ。市場。  

Barcelona

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 7月 2日(火)00時16分57秒
  仕事で、スペインのBarcelonaに1週間ほどおりました。 Barcelonaといえばスペインのカタルニア地方。スペインからの独立を望む人が多く住むところですが、その歴史的拝啓を語るにや、私はあまりにも無知です。

スペイン内戦を舞台にしたヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」は、ゲーリー・クーパーとイングリット・バーグマン主演の映画にもなって大ヒット、だったわけだが、そんなことを思い起こさせる街並みを見ながらブリーズが心地よいヤシの木陰のカフェに座っていると、自分がヘミングウェイいたところと同じところにいる、なんて、感動が襲ってくる。

もっとも、スペイン内戦の背景となる、当時の世界政治情勢を背景に、極めて複雑な状況にあったようで、下記のスペイン内戦に関する情報を読むと、ヘミングウェイはむしろこの戦争のごく一部を切り取って大衆ロマン小説に仕立て上げ、うまく大儲けをしたのか、という気持ちもわいてきて、ヘミングウェイ気分でいていいのか? という気分にもなってきました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%85%E6%88%A6

とはいえ、Barcelonaの街はあふれんばかりのツーリストでいっぱいながら、太陽と、海風と、海の幸料理と、安くてうまいワインで、なんと魅力的なところだったんだろう。


 

君も観るやStrawberry Moon

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 6月19日(水)22時11分37秒
  この季節の満月をStrawberry Moonというところがあるらしい。僕が見たときは、せいぜい、マンダリンムーンか、マンゴムーンという感じでしたが、昇りはじめだったらもっと赤かったことでしょう。 イチゴの季節の赤い月という関係でそう呼ばれるという説もあるらしい。

カリフォルニアでは今晩、どんな色で観られることでしょうか?

イタリアでは、Luna Rossa(赤い月)という有名な歌があります。 まずはクラウディオ・ヴィラの歌。この人には、むしろ「月の法善寺横町」を歌わせたい。
https://www.youtube.com/watch?v=Gog5Mxnfk6s

僕はTino Rossiの歌の方が好きかな。 この人イタリア人だけど、フランス語で歌って、フランスで大ブレーク。
https://www.youtube.com/watch?v=T9lvlbD3-PU&list=RDT9lvlbD3-PU&start_radio=1

歌詞の和訳がありました。
http://lapineagile.blog.fc2.com/blog-entry-242.html

 

ま、ます!

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 6月13日(木)21時23分25秒
  ママスというところは、ま、ます!が釣れるわけですね! おやじギャグ、笑ってぇ~!

北海道までドライブした時にちょっとよった十和田湖畔のニジマスとヒメマスの刺身を思い出しました! ニジマスの刺身は絶品でした。 ヒメマスは小ぶりなのですが、身はもっと引き締まっていたかなー。 うーん、ニジマスのほうが抜群においしい。

ジャカランダさんの釣ったマスはお刺身はどうでしょうか? 淡水魚の刺身は、いろいろとリスクもあるかもしれないけど。 ドイツではマスの燻製はよく売ってます。 前回のドイツ出張ではデパ地下のSeafoodコーナーでサバの燻製と、マスの燻製を買って、Pensionの部屋で堪能しておりました。 マスはさっぱりとしていていいですね。 うーん、サバの方が好きだけど。

それにしても大漁でしたね! うらやましい! 釣れた時の喜びと、料理をして、食べる楽しみがある釣りには憧れます。

そういえば、今日の昼飯は近所のスーパーで買ってきた、おそらく前日の売れ残りか、冷凍の子持ちシシャモの天ぷらで、25匹ぐらい入っていて、特売500円の大パックが売れ残って400円になったやつの全部を食べきれないので、5匹ぐらいをチンして、特売で79円の大根の25%ぐらいを使った大根おろしでいただきました。 高いコスパに心地よく、ご飯代わりの27円の木綿豆腐と、3パック47円の納豆の1パックで腹いっぱいになったので、今日のお昼ご飯はまぁ、ざっと、160円ぐらいのコストでした。 満足!

食後は、カフェインレスのTwinings Earl Grey Teeを豆乳+ノンシュガーの甘味料を入れて堪能。

Background Musicはレトロで懐かしの、といっても、最近巡り合ったばかりの、Old German Tangoで、曲名はDie erste Blumen in Mai (=The first Flowers in May)。 軽快にして、浮き立つような、初めて聴くのに、どこか懐かしい、1931年のこの曲を、今は使っていない、古いiPhone 3で、You Tubeで検索してから、何度も聴きながら、このカフェインレスTwinings Earl Grey Teeを楽しんだことでした。

https://www.youtube.com/watch?v=4xZZfAbIlbo

梅雨の合間の晴れ間がうれしい1日でした。

今も、このOld German Tangoを聴いています。いいなぁ。
https://www.youtube.com/watch?v=4xZZfAbIlbo
 

Queen の U-Tube

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2019年 6月13日(木)20時37分18秒
  U-tubeのご紹介有難う。おかげで色々開けて見てしまい夜を明かしてしまいました。Queenの映画と実際のコンサート・シーンを比較したのとフレディーが遺産を残したガール・フレンド(彼にとって真のLoveそしてワイフ)の話が特に良かった。
ラプソデーの記録的売り上げの熱がまださめ無いうちに公開された エルトン・ジョンの自伝映画 ”Rocketman" はラプソデーに比べぐっと売れ行きが下回っている様子。でも彼らの言い分は Queen の映画でレミー・マレックは吹き替えで歌ってみせてるけれど、Rocketman の主人公を演ずるTaron Egertonは自分の声で歌っているということ。しかしかなりきわどい同姓愛のシーンがあるらしく一般の観客にうとまれているらしい。同性愛に反対しないけれどそんな場面は見たくないというわけです。私も同感。それでもDVDでなく音響のいい映画館で観たいので一緒に行ってくれる友人を探してます。日本ではそんな場面はカットされて上映されるのかしら?

添付写真はママスで釣ったレインボー・トラウトと雪のTwin Lake

http://par-ple.jp/outing/20190226_osampo19/

 

Bohemian Rhapsody Movie

 投稿者:布施院  投稿日:2019年 6月 9日(日)07時25分49秒
  Bohemian Rhapsodyは楽しめました。Freddie Marcuryの悲劇的な最期に心打たれますが、最後まで死への弱音を吐かなかったというところがすごい。そんなふうに強く生き抜いてみたいものです。 歌の歌詞の中に、死ぬまで戦う、というような言葉あったように思いますが、彼の心のメッセージだったのだと思います。

BOHEMIAN RHAPSODY MOVIE 2018 [ALL SONGS PART 3] Full Live Aid and Epilogue
https://www.youtube.com/watch?v=81ERF5S3x3o
 

レンタル掲示板
/160