teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Mulholland Drive

 投稿者:布施院  投稿日:2020年 3月18日(水)20時46分43秒
  Google MapでMulholland Driveと検索したら、Mulholland Scenic Overlookとでてきたので、のぞいてみたら、すっかり、Mulholland Driveをドライブやトレッキングをした気分になりました。 さすがにこの地方は、乾燥していて、植物界もサボテンのような多肉植物や、乾燥に強そうな草花や灌木が多いですね。

お決まりの見晴らしの良いスポットではみなさん、写真をとって、投稿しているようです。 アルプスや、アメリカの北部の、森や湖といった場所とはずいぶんと違って見えますね。

車でドライブして、広い空を眺め、ロスの夜景を見下ろすのも悪くないですね。 うーん、でも、のどが渇きそう。 ここで、たくさん陽光を浴びれば、ビタミンDが蓄積され、骨粗鬆症やがんの予防によく、長生きできる、ということになるし、車ばかりの生活から、坂道をちょっとでもお散歩すれば、足のむくみもとれるので、たまにきて、ここで日に当たりながら、ちょっとお散歩するのは、ぜひともお勧めですね。




 
 

マルホランド ドライブ

 投稿者:クール子  投稿日:2020年 3月17日(火)08時55分4秒
  アメリカ映画で2001年作くらいだったと思いますが、”マルホランドドライブ”という題名のがありました。
あまり内容はよく覚えていませんが、ちょっとミステリーな映画だったような気がします。
ハリウッドあたりの景色が出てきて、しゃれた映画だったと思いますが、そのロケの一部に
実在のマルホランドという道が使われてました。
ハリウッドに近い小高い丘に続く道というか、丘と言うよりちょっとした山くらいの
高さのところをくねくねと上り詰めて頂上まで続いている感じの道です。
頂上近くになるとロスアンジェルス一帯の景色が見渡せてなかなかいいところ。
普段は地元の若者なんかがドライブに出かけるようなところのようでいつも結構混んでいたような気がする。

このコロナウイルス騒ぎで、なるべく外出避けるようとか言われていたので、ドライブなら人に接しないからいいかと、
名前は聞いていて、そんなに遠くないところで今まで行く機会のなかったので、このマルホランドドライブへ行ってみようかと思い立ちました。

普段はフリーウエーが混んでいるので、1時間くらいかかってしまうのですが、昨日は日曜ということもあり、
交通量は驚くほど少なく、30分弱でついてしまいました。
頂上近くは結構車が止まっていて、その辺りを散歩しているカップルなんかもいました。
若い人はウイルスなんかはものともせずのよう。

ロスアンジェルス平野か盆地かしりませんが、そこからの景色は一望に見渡せるなかなかのもの。
映画のロケでそこからの眺望が使われたのもなるほどと思いました。

このあたり金持ちばっかり住んでいるのか、ゲートがあってそこから家までのがまた距離があるみたいのがかなり立っていて、金持ちも結構いるのかと変に感心。

そこからはどこにも寄らずに家に戻ったのですが帰りがけら知り合いから電話が入り
「テレビ見てたらニュースで65歳以上はなるべく外出を暫く控えるようにと言っていたよ。
何か必要なものがあったら明後日そっちに行く時買っていってあげるけど」と言ってくれました。
我が亭主殿、年寄りだけど出歩いて今もドライブもできてるしまだ大丈夫。だけど心配してくれてありがとうと返事。

帰りはレストランには寄らずに家にまっすぐ戻り、自宅で夕ご飯。
普段はそんなに人と会ってもいないし、別の気にもせずに製革しているのに、いざ人との接触を避けるよう言われて、
行動をとらなければならないとると、何か制約されたって感じる生活って鬱陶しいですねー。
日本のコロナウイルス流行はそろそろ下火になってきましたか?
こちらはこれからもう少し騒ぎが大きくなるところのようです。
明日も本来は数人の女友達と夕食を時々する集まりがあったのですが、その場所も開いてるかわからない。
開いていても年寄りは遠慮するようにと言われているみたいだから行かないねとお断りしました。
(お天気も悪いのであまり出かける気もしなかったもの大きな理由なんですけど・・・。)
なんか退屈だなー。


 

今日も買い出しの行列か?

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 3月15日(日)18時55分53秒
  今日はいい天気の日曜日。 皆さん行楽日和とはいえ、今は、行楽にはいかないようです。 道路はすいているような気もするけど、スーパーの周りは大混雑。

で、家内が、今日の献立の材料だけを買いに行ったはずが、殺到する客で棚からものがどんどんんと消えているのを見て、さすがに、不安を感じたようで、予定した買い物以上の買い物をしてきてしまったようです。

で、これまでは、まだ、そんなパニックの買い出し行列を冷ややかに見ていたつもりが、ここまで物がなくなるとさすがに焦りがでてくるのを感じます。 イタリヤやスペインだったか、レストランは全面的に閉店、なんてことになれば、それは、不便なことになることはわかります。

これまでの政府の対応を今更、非難するつもりもないけど、やはり、いつも通りの、「自分の安全は自分で守ってください」というお決まりのセリフが出てくる以上、人として、自らの安全を守るためにやることはただ一つ。 買いだめだ!

戦後の闇米の流通に抵抗して、せめて自分だけは、闇米には手を出さないとして、自分だけは配給米しか食べないとして餓死した若い東京地裁の判事、山口良忠や、教育者たるものは国家の方針には絶対に従うべきだとして、やはり餓死を選択した亀尾栄四郎、旧制東京高校ドイツ語教授、という人がいたらしいが、ふとそんなことを思い出させる、巷のひどい光景は、まだそれに対抗できる薬や予防、治療法が確立していない新型ウイルスが敵だ、となると、もはやだれに愚痴や文句を言っていられる状況では無い、ということも理解できる。

で、食料が無くなると困るけど、それはともかくとして、トイレットペーパーぐらいのことであれば、自宅であれば、水道から水が出る限りは、左手で洗浄すれば良し。 自宅以外の場所で、公衆トイレには、トイレットペーパーの持ち逃げも起きるだろうから、紙が無いとなれば、すでに、そこは、発行部数は激減したとはいえ、新聞紙の出番だろうから、紙詰まりを起こすのは時間の問題だ。 要するに流れなくなるので、チリも積もれば山となる。 となると、公衆トイレも使用禁止になる。 これはかなり厳しい事態に発展する可能性がある。 トイレットペーパー以外は流さないでください、という張り紙が、だれかの指についたもので、読めなくなっている、なんておぞましい状況が起きることが目前に迫っている。 で、そんな人が開け閉めしたトイレのドアの取っ手なんか触りたくもない。 あー、嫌な予感が襲ってきた。

となると、残された手段は、できれば、人目のつかない場所で、郊外なら、稲が育っていれば、あぜ道にしゃがむことが可能だが、森も林も遠い、稲刈り後の田んぼの場合は、360°オープン空間だ。 そこに一定間隔を置いて人々がしゃがんでいる光景とかは、まだ笑ってすまされるが、チンピラがたむろする路地裏なんかは、もう、一足踏み込めば、二度とその靴は履きたくなくなるほど、地面がスリップしやすい状況になっているはずだから、ゆめゆめスリップ・アンド・フォールだけは避けなくてはならない。 その場合は、帰宅しても、玄関を開けてもらえないというリスクがあるからだ。

やはり、品格を重んじる人は、ドッグとお散歩用のマイ・トイレバッグを常時携帯し、用が済んだら、それに回収して、自宅のごみ箱に捨て、ごみ収集車の来る日に燃えるゴミとして捨てるべきだ。 場合によっては、資源ごみとして、農家に活用してもらうことも、江戸時代を思い起こせばできるはずだ。 ゆめゆめそんなビニール袋を他人の庭に放り投げるようなことをしてはいけません。

ワンちゃんとお散歩をするときは、ワンちゃんと一緒にするとほほえましい光景になるはずだ。 もちろん、トイレットペーパーはもはや持参することもできない事態ともなれば、事前に良く揉んでおいた新聞紙や、洗濯して何度も使える濡れ雑巾などを常時携帯、使用後には持ち帰るとするのが良いでありましょう。

大学の時、第一時限目のドイツ語の授業で、当時の担当教授のオーストリア人の教授の言葉が第一声が忘れられない。 「諸君! 人類が出現して、まず一番初めに行った行為は何だったか、わかりますか?」 講堂の学生たちは、この教授の第一声にどのように回答してよいかわからず、しばし、講堂は沈黙に覆われた。 しばし間をおいて、おもむろにその教授が発した言葉は、”Die Umweltverschmutzung!"(環境汚染)だった。 彼が何を意図してこの発言をしたのか、当時も今も、謎のままだけど、折に触れ思い出します。

この騒動が環境の汚染につながらないことを祈ります。
 

行列は続くよ どこまでも・・・

 投稿者:クール子  投稿日:2020年 3月15日(日)07時05分40秒
  こんにちは。
この数日雨が降ったり止んだりです。
また来週も何日か確実に雨のようで、久しぶりにお湿りを楽しんでいます。
植木の水まきもしばらくサボれるし、カリフォルニア州の水不足も一時的に解除になるし
(次の雨まで水不足に対する対策はほったらかしになるというおまけがついてきますが。)
降ったり止んだりですが、降るときはかなり土砂降りのこともあり、空はもちろんどんより。

この天気にもめげずにこの数日、コストコのような量販店には長ーい行列が続いています。
特にトランプ大統領が国家緊急事態宣言みたいなのを発したので、それからはちょっと異常。
入店するのに交通整理も出ていて、時々I-phoneとかの新商品売り出しの時の状況に似てるみたいですが、
今回はかなりの人がパニック状態になってトイレットペーパーとかのもっと現実的なのを買い出しとか。

昨日はそんなに必要はないけど、日持ちのする肉のパック入りとかパスタとかをもう少し買って置こうかと
私の好きなトレジョーに行ったら、キャッシャーの行列がただ事ではない。
お高い目の肉の塊パックとかはまだあったけど、ひき肉なんかまるでない。
あれがない、これもないで何しに来たんだか。菜食主義者用のパックなんかは随分残ってましたけど・・・。
それでどうでもいいけど日持ちのするのをと、パンケーキミックス(ホットケーキの元)とか、
普段使わないけど持久戦になるときはもしかして使えるものとか、籠に入れました。
支払いの列に並んでキャッシャーに到達するまで約20分。前後の人とちょっとしたおしゃべり。
お互い、あ、あれもちょっととってきておこう、カート見ててとかしあってのんびり楽しみましたけど。
この行列写真はビデオ撮ってる人もいて、Face bookとかに乗せるのかねー?
私の前にいたお兄さん、水、スパゲッティ用のソース、スパゲッティと山ほど取ってたので、
パスタ類好きなのと聞くと、まあまあだけどとりあえず買って置くということ。
こういうのがいっぱいいて、品物が棚から消えるんだけどね。

ミルクが欲しかったのですが、私はラクトースとかいうがダメで、それ抜きのミルクを欲しかったんだけど、まるで品切れ。
普通のミルクはガロン入り(3リットル強の量でしょうか)が少し残っていた。
これは飲みきれないし、おなかも具合悪くなるしで、だめ。

次にラルフという普通のアメリカのマーケットに行ったらミルクは何にもない。水もない。
ペーパー類は私は今のところいらないせいもあって見もしませんでしたが、多分売り切れてたと思います。
ここは今のところ行列はなかったけど、駐車場は皆さん血まなこで留めるところの取り合いでした。

それで今日は猫の餌を買いに行くついでに近くのWhole Foodsというちょっとお高い店に寄りました。
ミルクがあるかなと売り場を聞いたら、「残っているとしたらあそこの棚だよ」とのこと。
行ってみたらほとんど空でしたが、オーガニックの1/4ガロンというのがまだ結構あり。
ラクトース処理はしてないけど、まあ買って置こうと2つ。
その横にチョコレートミルクと言うのが1つだけ残っていて、これはラクトース処理済み。
これ、カロリー高いしミルクと言うよりチョコレートドリンクのようでどうかねと思いましたが、
この際まあということで買ってしまった。
こういうことするから余計棚から品物が消えるんだよね。
冷凍食品もまだ結構残ってました。キャッシャーは行列なし。
ややお高い値段のお店はこういう時でもまず人は敬遠するのだ!

まだしばらくアメリカは大丈夫かも・・・。
しかし、学校は休み、いろんなイベントもキャンセル、レストランなんかも休業が出てくる。
これほんとにあまり続かないでほしいよね。

とここ数日の買い出し状況のレポートです。


 

早春の雨

 投稿者:布施院  投稿日:2020年 3月14日(土)17時25分8秒
  今日は、久しぶりに、冷たい雪交じりの雨が一日中降ってます。 さすがに、お天気の時のような、気分にはなかなかなれない。 でも、この雨が、U字溝のつなぎ目や、乾いたヘドロに咲いている草花には恵みの雨となっていることでしょう。
スモモの花も満開に近く、彼らには、コロナウイルスは転移しないので、春満喫中だね、きっと。

私も、今日は、せめて、杉の花粉の飛散が少ないのを喜ぶことにしよう。

こんな日じゃないとできない戸棚の探し物をしていたら、浅草ビューホテル&神谷バーでの同窓会の写真がでてきて、それを見ているうちに、何を探し始めたのか、忘れてしまった。 でも、久しぶりに、生前の楠山先生の顔も見れたし、皆さんの、まだまだ若かったころの写真を見れたので、良かったです。

で、出てくるでてくる、大事しまってあった、大事でもないものがどっさりと。 捨てたり、事務所で使えそうなものがでてきたり、あー、暗い寒い天気の日もたまには、悪くない。


 

パンデミック

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2020年 3月12日(木)22時57分17秒
  先日楽観的に見ていたのですが WHO がいよいよパンデミックと認定した新型コロナウイルス つい先週末にテレビで見ていたLA のプロバスケットボール中継から3日経ちショッキングな NBAゲームシーズン前面中止が昨夜決まりました。バスケは野球と並ぶ米国民の欠かせない娯楽です。ほとんどの男性がそのゲームをテレビで見られないとなると家庭生活に非常な影響があります。バスケ観戦は彼等が仕事から帰った時に家でくつろぎストレス解消に役立っていますので。家族との会話が増えていい事かもしれませんが外出も出来ないとなると問題です。学校も通信授業、イベント中止など。。。海の向こうの日本で起こっていると軽く思っていたことがすごい速度で世界に広まっていて、危機感が現実になりました。しかしこれはまだ用心と我慢すれば免れる危機です。
3.11から9年。悲惨な津波の映像と犠牲者、生存者のお話をテレビで見て又、涙します。
今でも絶えない戦争、偏見もふさげる悲劇です。今自分にできる事は暮れ部の仲間と野菜の苗を育てて、オーガニック菜園を広めること、自分の健康を保つこと、微力ですが そうして世界の平和を願います。
焦点は違いますがフセインさんの植物を愛する気持ち、くみさんの松葉のバスケットも地球の自然保護につながっていると思います。地球の温暖化、汚染は真剣に止めないといけないと思います。
アーそれに経済危機も心配。早くこのコロナ菌がおさまらまらないと困ります。
 

スモモの開花と、ごみ溜めからの発芽

 投稿者:布施院  投稿日:2020年 3月11日(水)23時47分49秒
  スモモの白い花が咲きました。 昨年は初めて1つだけ実ったのを見逃してしまい、地面に落ちているのを偶然見つけて、半分腐りかけていたそれにかぶりついていた蟻を吹き飛ばして、食べたらめちゃうまかったのを思い出しました。 うーん、今年は、もうちょっと多く実をつけてねー、とスモモの木に声をかける。

事務所のあまり使わない、手入れの全く行き届かない流し場のごみフィルターを見たら、何かが発芽していました。 もしかしてサラダに入れたトマトの種がお皿に残っていたのを洗い流したものがフィルター内の掃除をしていないヘドロ状のものに根を張って発芽していたのかも。

かも、しれないと思って、3つばかりの発芽を地植えしました。 急な日差しでやられないか、ごみから生まれた発芽ながら心配。 なんだか、親にも見捨てられた哀れな子供に頑張れと声援を掛ける気分。 なんとなく同情。 うーん、この手のめぐり逢いには弱いんだなー。 泣いちゃう。

そういえば、事務所の裏手の、建物の間で、太陽が出る日でも日が差し込むのはせいぜい15分から30分程度という場所に植えたビワの木が、今や、高さが4-5mの高さになり、なんと、昨年からビワの実をつけ始めていて、今年は、ずいぶんと実をつけている。 このビワの木は、母が、施設に入る前に、というこは、今から10年前後前に、近所のU字溝のつなぎ目に根を張って発芽していたものを拾ってきたものでした。 何となく、母の代理みたいに思えて大事にしている、といえうには、あまりにも日陰に植えてしまったのですが、場所が無いので、まさか、こんなに育つとは。。。 ここでも感動。 歳を取ると涙っぽくなるというのは本当ですね。

今日は、3.11、東北の大震災の日です。 朝、Yahooのニュースで、当日まだ、ママのおなかの中にいて、一度も会わないまま、パパをを失くしてしまい、大きくなった女の子が、ママから、パパに似てきていると、といわれて、パパに似てきたと言われてうれしいし、そんな私をパパに診てもらいたいと、パパへ書いた詩を読んで、滂沱の涙。 花粉の涙と混じって、顔がぐしゃぐしゃです。 そんなや、こんなや、ひどい目にあった人の悲しみは、どうやっても、消えるものじゃないですよね。

そういえば、家の近くのU事項のつなぎ目の落ち葉やごみがたまっているところから、柿の木と思しき枝が50㎝ほどの高さに伸びている。 拾ってあげようかどうしようか、毎日通るたびに、迷っていて、まあ、通勤途中なので、急いでいることもあり、捨て猫を見捨てるような罪悪感にさいなまれています。 あーどうしよう。 
 

街頭にピアノ!

 投稿者:布施院  投稿日:2020年 3月11日(水)23時20分12秒
  駅や空港のピアノはTVでたまに見ますが、街頭にピアノとは! 楽器を知る人であれば、そんなことをしたら、一発でピアノはダメになってしまうと考えるのではないかと思うのですが、防水加工でもされているものなのかしら?
ステンレス製の弦が張ってあり、メカもステンレス製のものに、宇部55とかが塗布されていて、ボディは木製のように塗装した硬質プラスチックだったりしたらわかるのですが、それでは、サウンドがどうなのか、などと気になってしまいます。

それにしても、人通りの少ない田舎町ですね。 もっとも、東京のごったがえ(今はそうでもないようですが)が当たり前と思い込んでいると、こんな世界の田舎町は、人影が少なすぎて、不安になります。 もっとも、こんなところから東京に来る人は、東京で不安になるかもしれませんね。

静かな街に鳴るピアノ。 いいものかもしれないですね。 うまい人が弾けば。 弾けないこどもがいたずらでがんがんと鳴らすこともないのかなー? で、それも賑わいのうちなのか? 人は、賑わいなしには孤独を感じてしまって、ある程度の騒音は必要なのか?
それが無いと、町が死んでしまっているように感じてしまうからか? 一人暮らしの人が一日中テレビをつけっぱなしにするのに似ているかしら。

雑踏に暮らす人は静けさを求めて、過疎の町の人は賑わいを求める。 もしかして、これは定理かも。

 

街頭ピアノの町

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2020年 3月11日(水)17時10分9秒
  新型コロナウィルスのNewsばかりでうんざりしていますが いいのか悪いのか私の住んでいるオレンジ郡ではまだ警戒態勢はしかれておりません。もうすぐ始まるプロ野球もまだ無観客になるかとは決めていない様子。プロバスケットボールは観客入りで現在プレーしています。私の通っているジムですが人気のあるズンバとヨガは結構大勢集まって一緒に汗かき、深呼吸をして一時間同じ部屋で過ごすのでかなり危ないと思いますが、今のところ誰も気にしてるようすはありません。日本と違い人と直接擦れ合う混雑が無いアメリカなので、スーパーやショッピングセンターでもマスクをしている人はめったにいません。電車とかバスに乗らず自家用車で出かけるのが日常ですので感染する危機感がありません。「
話は変わりますが添付した写真はクレーター湖の帰り、南にくだるところにあるクラマスフォールの町のダウンタウンです。週末に一泊したので人どうりがほとんど無く閑散としていましたが、印象に残ったのが町のあちこちに置かれているペンキで派手に飾られているピアノでした。通りを散歩していると一人木陰でいいメロデーを弾いているひとがいました。とてものどかな風景でした。誰でも自由に弾けるのはいいけれどキーボードのカバーも開けたままだし手入れはどうしているのかなと思うとピアノが気の毒です。雨がふったら青いシートでかぶせてくださいというサインがありましたがそれも見当たらず多分ホームレスの人が持って行ってしまうのでしょう。なんともアメリカらしい大ざっぱでのんびりした町だなとおもいました。
今はやりのステーション(駅にある)ピアノをTVで見せる番組が好きです。ロスのユニオンステーションの人どうりの多い列車待ち合いホールにもありますが、とても綺麗な音がホールに響き素敵です。春を迎えガーデニングクラブの種植えが始まりました。芽が出るのが楽しみです。コロナ菌に負けず、健康を第一にお過ごしください。
 

踏みつけられても、やがて春は来る

 投稿者:布施院  投稿日:2020年 3月 9日(月)22時46分44秒
  ビジネスの世界といわず、なにかとひどい仕打ちに合うことがあります。 現在、その両方にあっていて、ひどいことになってるのですが、ビジネスのことはさておき、借りている倉庫の屋根が去年の台風で壊れていたの、やっと大家さんが工事業者を呼んだのですが、足場を取り付けたり、取り外すときに、まぁ、邪魔だったことはたしかですが、せっかく伸びてきた柿の木は、根元からぼっきりと、ラズベリーの茎は、無残にも、根元からばらばらに踏みつけられて、おられてしまいました。

翌日気が付いたので、柿の木は、薄い外側の皮がちょっとだけまだ切れずにつながっているように見えたので、応急処置として、とにかく、ひもでがんじがらめにしばりました。
ラズベリーの茎は3枚卸状態で、ばらばらにおられているので、接続は負荷。 1㎝程地面から顔をだしている破断面から新たな芽がでることを期待して待つことしかできません。

お隣では、難を逃れた、紅すもものピンクの花が、ちょっとだけ、咲いています。 ここまで、やられても、立ち上がる(立ち上がってほしい)樹木のように、僕も頑張ろう、と思ったことでした。
 

レンタル掲示板
/176