teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Alt Heidelberg

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年11月 5日(月)23時42分55秒
  昭和初期まではドイツ語を学ぶ学生の必読書だったAlt Heidelberg。 ロミー・シュナイダーと同期生のサビーネ・シーニエンが切ない悲恋の女給の役にぴったりで、おもわずほろり。
ドイツ語だけど、こんなフィルムを見られるなんてすごいことだ。 忍を卒業して間もなくテレビのリバイバル映画「大人になりたい」で観た彼女の面影を忘れられなかったので、また見ることができて僕としては大感激。

彼女はその後もずっと舞台俳優として活躍していたが、病気で右目を失いながらも、前髪でそれを隠して、死ぬまで舞台俳優としてやっていたらしい。 そんな将来の辛い人生があるとはまだ知らない頃のザビーネ・シーニエンの姿を見ると、さらに彼女の過酷の人生が上塗りをされるようでいたたまれない気持ちにもなります。 でも、彼女はそれを乗り越えて、過酷な人生を乗り越えて生きたらしい。

作品としては陳腐だとか、安物のメロドラマだとかという評価も一部にはあるようだけど、その時代や背景のなかで恋を全うできなかった未練は、だれでも思い当たることがあるのではないかしら。

で、その映画はこちら。 前半は当時のドイツ学生歌がたくさんでてくるので楽しい。 これを見られるのは幸運です。 ライセンスの関係でいつ消されるかわからないので、録画できる人はしたほうがいいかも。 僕はどうやったらよいかわからないので、だれかおせーて!
https://www.youtube.com/watch?v=5JkBFfMBUE0

あらすじなどはこちら:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF
 
 

運動と散歩

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年11月 5日(月)07時14分32秒
  体を動かすのはいいことですね。 今年の夏は、半年ほど、倉庫の整理で体を動かしていたので、くたびれたけど、体調は良かったものの、気がつけば、秋がきて(飽きが来て、ってのもあるけど)、いつの間にか脂の乗った寒ブリか、冬眠前のクマ状態。
クール子さんのご投稿にちょっとだけ刺激を受けて、週末は自転車に乗ってました。 お尻が痛い。
しばらくは通勤は自転車にしてみようかなと思うところに恵みの雨! 仕方がないから(とにやけつつ)今日は車にするか。。。 あ、やばい、雨やみそう。 基本的にとどの体型になりやすいなまけものです。

そこをちょっとは我慢して、やっぱり今日は自転車にしてみよう。 もっとも、昨日は、自転車で事務所にいったら、車ではないので、と言い訳をして、自家醸造のワインをこっそりと飲んでしまった。 でも、あまり飲んでません。 というのも、半分はお酢になっちゃって、臭くて、すっぱくて飲めたものではなかったので、5リットほどは廃棄処分となりました。 来年は、初期発酵時の拡販をさぼらずにやるぞ! と、なんの決断をしているのだろう。
そうじゃなくて、こんどは、もっと自転車に乗るぞ!と決断をしなくてはいけません。

ドアの色で、思い出しましたが、一般化するには語弊があると思うけど、日本に遊びに来ている外国の人の中で、アメリカ人かな、ほぼ推測のつくある典型的な服装の色彩や柄があるような気がします。 もっとも、時代や、流行や、くる地域やルーツにより、そんれほど一律に決められるわけではないのですが、どこか、ヨーロッパ系の人たちとはちょっと違う服装があるように感じます。

逆に海外でであう東洋人で日本人かなーと思うと大概当たっているのが服装と顔つきや態度。 まぁ、これも血液型を当てる、程度の、分類ですので、後付けの言い訳程度の見分け方なのですが、どこか違うような気がする。 だからどうってことはありませんが。

あ、こちらも大した話でもありませんでした。

とりあえず、北朝鮮のロケットはしばらく静かだし、中国の南沙諸島の話題も飽きられているようだし、ひどい状態の福島の話題も遠のき、三陸の津波の悲劇も、台風21号・24号、北海道地震の話も、少なくなり、今日は雨上がりの晴天になりそうです。

 

赤いドア

 投稿者:クール子  投稿日:2018年11月 4日(日)09時54分15秒
  運動不足の解消になるべく毎日散歩くらいはするようにしているのですが、
1時間歩く目標にはとても達せず。だいたいはしょって30-40分くらいでごまかしています。
そのせいか、最近ズボンがみんな縮んできたようなのです。

散歩道も家の周りをいくつかのコースに分けて退屈しないようにいろいろ景色をみたり、
家の建て方とか庭の様子とをを考えてみて歩いてます。
そのうちのひとつ、日本と違うなと感じたのの一つが、家のドア。
こちらの家は日本建築とちがって、木肌を生かしたなんてのは考えにあまりないようで、
ほとんどペンキで好きな色に塗って仕上げてます。それでも大体は落ち着いた色合いがほとんど。
白、ベージュとかに玄関のドアは、これは木のドアにニスを塗ったものとか、家の壁の色にあわせて
一段濃くしたいろとか、マッチする色を使ったりがまあ多いですね。

それなのに、それなのに、時々、真っ赤っかなんてドアの色を塗ってる家もあって、どんな人間が住んでるのかと思うと、
普通の子供のいる家族なんてので、これはもう文化の違いかと思います。

それで同じ通りにある家で赤いドアの家が3件あったので、散歩のついでに写真撮りました。
赤だけでなくトルコブルーみたいな色のドアとか、ディスニーカラーと呼んでいるのですが、
可愛い青い色に家の壁全体を塗ってる家(こんなのには悪いけど住みたくない!)、
もっとすごいのは知り合いの女性が彼女の家のドアを紫に塗ってて、これはいくら何でもと思ったことがありましたが。

(まあ大した話でもありませんが・・・ところ変わればでしょうか)

http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

ハロウィーン おまけ

 投稿者:クール子  投稿日:2018年11月 4日(日)09時33分39秒
  これは今年ほんとにあった話。
ハロウィーンの日だったかその前日だったか忘れましたが、テレビニュースに出てました。
頭、首、手に白い包帯(包帯はまあだいたい白ですよね。)を巻いて、手に出刃のようなナイフを持った男の人がフリーウエーを歩いていました。
車がビュンビュン通っている間を縫ってというか、車がぶつからないように避けて走っているのですが、
ハロウィーンの仮装と思ってあきれてよけて運転してた車が結構いたよう。
そのうちある女性がこれはおかしいと警察に連絡。携帯でビデオもとってそれがテレビに出ました。
パトカーが来てその男性、保護されたのですが、ちょっと精神状態がおかしかったということ。
ハロウィーンの仮装ではありませんでしたと。
これも結構怖い話かなー。

http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

狂乱の渋谷ハロウィーン

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年11月 3日(土)07時06分20秒
  といっても、現場にいたわけでもなく、その報道のTVを見たわけでもないですが、とかく人は集まって騒ぐのが好きらしい。 思えば、海外でも、カーニバルがあり、スポーツバーの盛り上がりがあり、お祭りがある。
で、それはそれで気持ちはわかるのですが、住んでいる村の村祭りで、ご近所の方々の集まりや、クラス会などで、ある程度顔見知りの集まりであれば別ですが、知らない人どおしの集まりはどこか違う感じがします。

ある意味で、しがらみから解放され、いつもと異なる自分でいられる、羽目を外しても、悪さをしても、村八分になる恐れはない。 で、それが暴走しても、だれも止めないばかりか、おバカな行動をしても、むしろ、それを見たものがその上をいく悪さをしても、もうだれも止めないばかりか、拍手喝采をするか、まったく無視をする。 で、おばかをやるひとも調子に乗って悪さがとまらない。

ひとが集まれば、懐狙いも横行するし、怪しいビジネスも潜り込むだろう。 お互いに知らない人たちの集団では、ルールや常識が通じなくなる。 人前ではやってはいけないとか、できないことが、なぜか、大勢のひとの前では、堂々とできてしまう危うさがあるように感じます。

仲間内や、気心の知れたひと同士の仮装はまぁコスプレと思えば楽しいけど、知らないひとが仮面をかぶって金をだせといえば立派な完全犯罪になりかねない怖さを感じます。

そもそもハロウィーンというものをどう理解してよいのか、なにが楽しいのか、よくわかっていないのですが、清く貧しく美しく生きてばかりいられない人間の闇の部分を吐き出す、という意味においては、そこで醜い顔になって、醜い行動をして、どんなひどいことがおきても、仕方がない、いわばストレス発散の場所、綺麗な居間の裏手のトイレ、カトリック聖職者の卑猥な行動、などと絡めて考えれば、ひとの弱さ、きれいごとではすまない人間の業のようなものをちょっと感じると、まぁ、このような馬鹿騒ぎはひとという生き物、というか、本能とモラルとの矛盾の調整というか、必要悪なのか、という諦めに似た合意を感じるところでもあります。 などと、きれいごとを書いている自分の中の闇に気づくときでもあるかもしれない。
 

今年もあと2か月で今年も終わりですねー!

 投稿者:クール子  投稿日:2018年11月 2日(金)07時16分58秒
  こちらのハロウィーンも昨日無事に終わったようです。
この1,2年は我が家は電気を消して(真っ暗にして)台所で密やかに食事をして、9時過ぎになるのをまっているようになりました。
この何年か我が町には子連れの家族が越してきている割には、静かなハロウィーンでした。
(9時過ぎというのはそろそろトリックオアトリートに来る子供もなくなったころです。
知り合いの人が昨日は10時過ぎまで、ティーンエージャーがトリックオアトリートに
やってきてびっくりしたといってましたが)

(ジャカランダさんは仕事納めのパーティーで忙しかったことと思いますが、
今日から無職の我々の仲間入りで今のところはちょっと気が抜けているのではとお察しします。
無職で毎日ぼーっとしているのも良いものですよ!)


さて、今日から11月。LA界隈は結構うららかな毎日で気候としては冬の気分にはならないのですが、
ハロウィーンが終わると今度は11月末の感謝祭(Thanks Giving Day)、
それから12月末のクリスマスともうこちらは歳末戦に入っています。
街はクリスマスの飾りつけを売り始めてるし、まだそんなに混んでいませんが、
贈り物を買い出しに出かける人の数も増えてきているようです。

子供、孫がいないとそういったシーズンの催しにもあまり興味がわかないし、疎くもなって
その分静かでいいのですが、うっかり、誕生日、結婚記念日、バレンタインとかもみんな忘れてしまって、
で、買い物にもいかないで済んでしまう(当日思い出してもう間に合わないというのがほんとのところ)
で、クリスマスくらいは何かしようと、まあ今年もツリーを飾って、ライトも飾ってとは考えています。

皆さんのこの1年のニュースなど、投稿してみんなでシェアするというはどんなものでしょう。
たまには普段投稿をなさらないかたも、何か知らせてくれないかしら?





http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

うまい魚を求めて1000㎞

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月28日(日)19時24分11秒
  ラスベガスから戻った時差が治ってないのに、商売道具をライトバンに積み込んで、夜明け前の4時起き、5時出発金沢までの500kmドライブにでかけた。 午後3時に到着すればいいので、朝8時発でもいいものを、通勤ラッシュを避けたいのと、あわよくば金沢で旬の魚でも食べたいという隠れた欲が働き、元気よく4時起床、04:45出発。 高速は、渋滞は無いけど、それでももう結構混んでいる。みなさんご苦労さんです。

さぁ、どんな魚か、などと期待に胸を弾ませることしばし。 鼻歌が消えたのは100㎞ほど走行したあたり。 200㎞走行時には、もう眠気が襲ってきて、後の300㎞はへとへとで、サービスエリアごとに休憩ついでに、元気をつけなくっちゃ、といっては、甘いものを口にしたり、食べちゃったり、で、それでも、金沢には、なんとか、午後1時半ほどには到着。 金沢東のインターチェンジをでるとすぐに目に入ってきたのが「回転寿司 すしくいねぇ」の看板。 躊躇なく飛び込み、入口を入ってすぐのカウンター席が空いていたので、さっとそこに座り、850円のセットを注文。 で、それが出てくる間に、気がついたのですが、脇の待合室には、番号札を持った待ち行列の人々が30人ほど待っていて、なんとなく僕を見ている。 あ、待っている人をさしおいて、ずる込みをしてしまったわけね、私!
もっとも、一人で来ている人がいなかったせいか、だれも文句を言う人がいなかったのが幸いでしたが、ちょっと冷や汗。 で、この850円のセットに11-12巻にぎりが載っていて、で、うまい! 店の宣伝物をみると、ねたはすべて店内で水槽から出して、生き〆と書いてある。そりゃ旨いわ、行列ができるわけだわ、ごめんなさい。

2日間の取引先主催の展示会への出展と説明のための出張で、当日は、その準備のために金沢入りしたわけですが、午後7時過ぎにやっと準備が終わると、取引先様が、お酒抜きの軽い夕食をどうですか、と誘っていただいたので、ごちになることにして、いよいよ魚だ! と期待に胸膨らませ、いい感じの小料理屋がならぶ小路をしばし行けば、さらに高まる旨の鼓動。
で、入りました! ホルモン焼き専門店。 ミノ、ハツは序の口で、小腸、大腸、親かわ
(老鶏の皮、で、やたらに固い)、その他、牛豚のさまざまな内臓をほとんどたべたので、もう獣医学論文が書けそう。

初日の展示会が終わり、飲み会があるぞ、というので、今宵こそはと期待に高まる旨の鼓動。 参加者約12名の飲み放題コースながら、放題は、飲みだけで、食事は、二次会があるのでということもあったようで、食事は、小ぶりな刺し盛りが2皿で、あとは、各自追加注文をしてもいいけど。。。的な感じなので、特に腹持ちの良いものをとらないまま、刺し盛りの刺身を何切れかいただきました。 これはおいしかったけど、みなさんご遠慮深い方々が多く、ほとんどだれも手を付けないので、僕だけがもりもり食べるわけにはいかない。 で、まぁ、そこは、助走だと割り切って、二次会に期待しながら、とりあえず飲む方に専念。
で、いよいよ二次会だ! いよいよ待ちに待った、北陸の海の幸、秋の油の乗った東京では食べられない魚ちゃんたちとの運命の邂逅が待っている。 なんせ、数日前に見たテレビでは北陸ではスーパーで売っている魚さえ、めちゃうまい! とだれかが言っていたのを耳にしていたので、もう、高まる鼓動で心臓が口から出てきそう。

で、入りました、台湾小皿料理のお店。 ここでも、放題は飲む方で、食べるのは、一人
小皿一品ということになり、小さな小皿料理をみんなで少しずつ分けて、美味しくいただきました。 うーん、どこか、不完全燃焼。 で、ホテルに帰る道すがら、同じホテルに宿泊している参加者の方に、金沢では、魚が美味しくていいですね、と、お伺いしたところ、いやいや、若い人も、自分らも、一番食べたいものは、肉! 二番目に食べたいのは、やっぱり肉! 強いて3番目に食べたいものは何かと訊かれれば、お応えします、それは、肉!
だとのこと。 魚は、ありすぎちゃって、だれも食べたくない、んだそうです。
前日に飛び込んだ、めちゃ込んでいた回転寿司屋は観光客であふれていた、ということかもしれない。

2日目の展示会が午後5時で終了したが、その翌日は金沢マラソン大会があるとのことで、金沢全域、近隣のホテルもすべて満室。 それならば、500㎞走って、家まで帰ろうと、走りだしたが、秋の日暮れはつるべ落とし。 日はとっぷりと暮れている。 カーナビを頼りに走りだしたものの、30㎞も走るともう、睡魔が襲ってきた。 これで飛騨高山、上高地、乗鞍高原を超えての夜中の山道は無理とあきらめて、何とか、隣町の富山までの50㎞の距離を頑張って走り、ホテルを探せどもどこも満員。 聴けば、金沢マラソンと同日の明日は、富山マラソンだそうで、すべてのホテルが売り切れ状態。たまたまあるホテルの喫煙ダブルルームが空いていたので、嫌だけど、窓全開で寝ることにしてそこに泊まることにした。 で、富山も魚はいけるはずだと思いだし、近所の回転寿司屋、と探すと、Googleが何軒かの回転寿司屋を教えてくれたけど、いってみると、どこも観光客と明日のマラソン参加者で満員、で、しかも、観光客相手の値段だから、結構なお値段! で、Googleに「近所のラーメン屋!」と尋ねて、いきました、ラーメン屋に。 旬の海の幸を求める旅は、かくして終わりを告げることになった。

雨、突風、集中豪雨だった金沢を立つ日が来た。 あ、実際は、富山からの出発になったですが、曇り空の富山から高山方面に一般道を走ると、山と見事に色づいた渓谷が迫ってくる。
電波の弱いカーラジオからはNHK朝のクラシック、モーツァルトのディベルティメントが流れている。山道が高度をますごとに徐々に雲がきれ、朝の太陽が見事に色づいた山の紅葉を照らして、山全体が、谷間全体が、赤や黄色の木々の葉と針葉樹の常緑樹が交じりあって輝くようだ。

思えば、それらの木々は若葉のころをともに過ごし、今こうして、老いを迎えている僕らのようだ。 僕らは、今、きっと輝いているはずだ。 だって、これらの木々は輝いていて、美しいのだから。 僕らは、きっと、人生で一番輝いていい時期に差し掛かっているのだと考えたい。 ふと山の高いところを見渡せば、そこはすでに落葉して、木々の幹や枝が細く見えている。 この輝きは永遠には続かないのだ。 この輝きは、一瞬なのかもしれない。 思えば、若葉のころ、花のころ、実のなるころとて、永遠には続かない。 それは、結構短いものなのだ。 この美しい、輝くような紅葉の時期をみなさんと一緒に過ごせることは素晴らしいことです。 やがては、散っていく美しい紅葉であることを知りつつ、今を楽しく、これ以上後悔の無いような人生を生きたいものです。

で、その後、自宅にはたどり着かず、途中の、八ヶ岳でもう一泊。 自宅に帰ったら、回転寿司に直行だ!
 

木枯らし忠次郎

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月28日(日)06時59分20秒
  ハロウイン殺人事件(?)の話はぞっとしますが、雄猫のStuart君のお話と、彼の写真、とくに、彼の目に、ある意味、言葉を失って、すぐにレスポンスを書けませんでした。 よくぞ生き延びたね、シチュウ君。 彼の過ごしたつらい日々のことは、その目が、すべてを語っているように思えます。 ほとんど人間不信というか、かけてくれるな薄情け、なでてくれなくていいから餌をくれ、とでも言っているようなその目付にむしろぞっとするような、かわいそうなきがするような、生き物としての尊厳というか、やせても猫! という気概を感じるような気がします。 受けた情けも薄く、餓死寸前でもプライドだけは捨てなかったのね、シチュー君、偉い!

シチュー!とか呼ばれて、尻尾を振ってにじり寄るような根性では、猫の皮をかぶった犬だ。 自分が腹が減った時だけ、愛想よくして、とりあえず飢えをしのげば、横になるか散歩にでかけるか、自分勝手に生きてこそ猫だ。 たとえ主君が命令しても、訊く耳をもたない、嫌なことを命じられるぐらいなら浪人であることを選ぶ。

サラリーマンや木っ端役人として上司・上官こびへつらい、嫌なことを耐え忍び、汚れ役を引き受け、屋台でやけ酒を飲み、腹いせに帰り道にすれちがった猫をけっとばし、家に帰れば、家庭内暴力を振るう、まではしなくても、ストレスで生きている喜びの無い人生を送るよりも、一人、自らの信じる道、すきなことをして生きていく、なんて、ことにあこがれていた自分とどこか映像がダブって見えてしまいました。

あー、だからすぐにことばがでてこなかったんだ。 それも、彼は花の盛りを過ぎて、老齢に達し、身体は昔ほどいうことはきかない。島田省吾最後の独り舞台、白野弁十郎を思い出します。
不細工な顔の老人にして、かなわぬ恋に落ちた男が、死に向かって刀を抜いて最後の戦いを挑み、息絶える。 うーん、そんな映像ともどこか重なる。

スチュアートと聴いて、思いだすのは、映画俳優のJames Stuartですが、どこかJames Stuartの風防に似ていた僕の父親の戦後のどさくさの中での六でも無いひどい人生なども思いだすなぁ。

その目が、忘れられない。 言葉にならない。 ハロウィンでにぎわう巷をよそにひとり寝そべる木枯らし忠次郎、あっしにはかかわりのないことでござんす。
 

シチューじいさん

 投稿者:クール子  投稿日:2018年10月27日(土)08時47分41秒
  ハロウィーンはどういうわけか猫も参加していることがあるのですが、これはその猫とは関係ない話。
1か月ちょっと前から我が家に猫が住み着くようになりました。
そうなるに至った話は結構いろいろあるのですが、手短に言うと我が家に来るまでこの猫、野良を5か月近くしてました。
飼い主も最終的に見つかったのですが、この飼い主(40代半ばくらいの女性)曰く、
家の事情もいろいろ変わってしまって、出来るならだれかにもらってもらいたいとのこと。
最初見た時は若い雌猫かと思ったのですが、この時点で11歳の雄猫と言われました。
名前はスパゲッティというさえない名前。あまり望まれていないようなので引き取ることにしました、
それでパスタでもシチューでもいいから名前を変えようということになってスチュワートという、
男の子らしいいい名前に変えましたが、この猫、どう呼ばれようと反応しない。
スチューというのはスチュワートを縮めた名前で、シチューと同じ発音です。

野良を5か月近くしてたので、念のためこの猫のかかっていたペット病院に健康診断してもらい、
その時分かったのが2005年1月1日生まれとなっているそう。もうじき14歳じゃない! 年寄り!
外猫と言われたのですが、家でお便所の用意と食べ物を上げるようになったら、
それ以来外に出たがらない、全くの家猫になってしまいました。
歳のせいもあるのでしょうが、この猫、食べて、寝て、いいうんちを毎日ちゃんとしての繰り返し。
他に楽しみ何かないのかねー!?

最近のルーティーンは朝7時前にシチューに起こされて、お食事の用意をし、彼のお便所の掃除をしてが追加になりました。
彼食べ物をもらう時はすり寄ってくるのですが、食べたら最後、次のおなかがすくまで絶対呼んでも来ない。
全く猫の都合で生きてます。
家に住み始めた時はがりがりに痩せてましたが(5か月の野良でだいぶ苦労をしたみたい)、
少しずつは肉がついてきたようですが、まだもうちょっとかかりそう。

私たちと同じくらいの年寄りのはずなのに可愛く見えるのは親バカ(飼い主バカ)か?
写真を撮りましたが、どこにでもいる猫に見える? ちょっと可愛くない?


http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

恐いお話

 投稿者:クール子  投稿日:2018年10月27日(土)08時22分24秒
  こちら米国ではハロウィーンが来週の水曜日に迫っています。
街の飾りつけも今年は例年よりちょっと派手になっているような気がします。
カボチャの彫り物が以前は多かったのですが、この頃はカマと黒いマントの悪い人とか、
骸骨、ゾンビー、首つり人形、お墓とかそんなのが結構目につきます。
散歩してて目についたのを少し写真に撮りました。

これはほんとにあった話。
テレビで以前起きた事件をドキュメンタリーのような物語のようなのにして放映している番組がいくつかありますが、そこで見ました。
ハロウィーンの1,2日前からある家の表からは少し見えるくらいのところに女の人の首つりが飾ってありました。
結構うまくできてたそうです。
別途、ある家族から娘さんからの連絡が2,3日無くなって捜索願いが出されたということ。
で、この娘さんのボーイフレンドだったかと娘さんの仲がうまくいかなくて
このカップルは数日会っていなかったそう。彼はそんな理由なので連絡も取っていなかったそう。
それで、娘さんの家族が彼女の家に行ったところ首つり人形が下がっていて・・・それがなんと娘さん!
ハロウィーンがたまたまあったので、見ている人はいたのですが、本物の人間と気が付かなかったという話。
死因は自殺だろうということになったようですが、家族はボーイフレンドが殺したのではと
調査を要求してとかそんな話でした。


http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

レンタル掲示板
/143