teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Edith Piaf "L'accordéoniste"

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 4日(水)11時01分49秒
  何度聞いても、素晴らしい、Edith Piafのアコーディオン弾きの歌。
Edith Piaf "L'accordéoniste"
https://www.youtube.com/watch?v=Vhu-0IBZm5s

原詩
 La fille de joie est belle
  Au coin de la rue là-bas
  Elle a une clientèle
  Qui lui remplit son bas
  Quand son boulot s'achève
  Elle s'en va à son tour
  Chercher un peu de rêve
  Dans un bal du faubourg
  Son homme est un artiste
  C'est un drôle de petit gars
  Un accordéoniste
  Qui sait jouer la java

  Elle écoute la java
  Mais elle ne la danse pas
  Elle ne regarde même pas la piste
  Et ses yeux amoureux
  Suivent le jeu nerveux
  Et les doigts secs et longs de l'artiste
  Ça lui rentre dans la peau
  Par le bas, par le haut
  Elle a envie de chanter
  C'est physique
  Tout son être est tendu
  Son souffle est suspendu
  C'est une vraie tordue de la musique

  La fille de joie est triste
  Au coin de la rue là-bas
  Son accordéoniste
  Il est parti soldat
  Quand y reviendra de la guerre
  Ils prendront une maison
  Elle sera la caissière
  Et lui, sera le patron
  Que la vie sera belle
  Ils seront de vrais pachas
  Et tous les soirs pour elle
  Il jouera la java

  Elle écoute la java
  Qu'elle fredonne tout bas
  Elle revoit son accordéoniste
  Et ses yeux amoureux
  Suivent le jeu nerveux
  Et les doigts secs et longs de l'artiste
  Ça lui rentre dans la peau
  Par le bas, par le haut
  Elle a envie de chanter
  C'est physique
  Tout son être est tendu
  Son souffle est suspendu
  C'est une vraie tordue de la musique

  La fille de joie est seule
  Au coin de la rue là-bas
  Les filles qui font la gueule
  Les hommes n'en veulent pas
  Et tant pis si elle crève
  Son homme ne reviendra plus
  Adieux tous les beaux rêves
  Sa vie, elle est foutue
  Pourtant ses jambes tristes
  L'emmènent au boui-boui
  Où y a un autre artiste
  Qui joue toute la nuit

  Elle écoute la java...
.  .. elle entend la java
  ... elle a fermé les yeux
  ... et les doigts secs et nerveux ...
   Ça lui rentre dans la peau
  Par le bas, par le haut
  Elle a envie de gueuler
  C'est physique
  Alors pour oublier
  Elle s'est mise à danser, à tourner
  Au son de la musique...


英訳
https://lyricstranslate.com/en/l039accord%C3%A9oniste-accordionist.html


The accordionist

The prostitute is beautiful (lit. Girl of pleasure)
Over there on the corner
She has a client
Who fills her stockings up (pays)
When her job is done
She goes on her way
Looking for a bit of dreams
At a dancehall in the suburbs
Her man is an artist
He's a strange, little guy
An accordionist
Who knows how to play the java (a dance)


She hears the java

But she doesn't dance

She doesn't even look at the dancefloor

And her loving eyes

Follow the vigorous playing

And the wiry, long fingers of the artist

It gets under her skin

From the bottom, from the top

She has the urge to sing, it's physical

All of her being is tensed

Her breath is held

c'est UN OUEVRE tordue de la musique - it's a work of art shaped by the music

The prostitute is sad

Over there on the corner

Her accordionist

Left to be a soldier

When he comes back from war

They will have a house

She will be the cashier

And he will be the boss

How beautiful life will be

They'll be true big-shots

And every night for her

He'll play the java




She hears the java

That she hums softly

She looks again at her accordionist

And her loving eyes

Follow the vigorous playing

And the wiry, long fingers of the artist

It gets under her skin

From the bottom, from the top

She has the urge to cry, it's physical

All of her being is tensed

Her breath is held

It's a work of art shaped by the music




The prostitute is alone

Over there on the corner

The girls who are sulking

The men don't want

And too bad if she dies

Her man is never coming back

Farewell to all of those beautiful dreams

Her life is fucked

Nevertheless her tired legs

Take her to the dive (dancehall)

Where there's another artist

Who plays all night long....




She hears the java

She listens to the java...

She closes her eyes...

Those wiry, vigorous fingers

It gets under her skin

From the bottom, from the top

She has the urge to yell out, it's phyisical

And so to forget

She begins to dance, to turn

To the sound of the music...




STOP!

Stop the music...

http://JP

 
 

For the good times

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 4日(水)10時50分18秒
  For the good times - Perry Como
https://www.youtube.com/watch?v=-8lWST4idkQ

Softlyとかを昨晩聴いたせいか、今朝は気分が、センチメンタル。 梅雨空っぽい空がもどってきたからかもしれないし、単に、おなかがすいているだけかもしれないけど。日本が負けたから、ではなさそう。 あ、そういえば、昨日のお昼は、テレビでいつかみたタレントのダイエットの真似をして、近所のスーパーで198円のそばのパックに、木綿豆腐でにわかダイエットをしたら、夕方にはおなかがすいちゃったので、会社の冷蔵庫に隠してあるワインを空けて、ハイテンションで帰宅したところで、飲酒隠蔽を早速家内に見破られ、また酒飲んだなー!としかられたこともあり、そのハイテンションの戻りで、メランコリックなのかも、ということを思い出しました。 するまじきにわかダイエット。

昨晩は、Softlyの歌詞にでてくる、あと1時間だけでも、せめてあと一日だけでも、という歌詞のところでは、やはり、エディット・ピアフのMon Dieuを思いだしていました。
Edith Piaf "Mon Dieu"
https://www.youtube.com/watch?v=RgvEV9B-IEw

歌詞と訳:
Mon Dieu! Mon Dieu! Mon Dieu!
Laissez-le-moi
Encore un peu,
Mon amoureux!
Un jour, deux jours, huit jours...
Laissez-le-moi
Encore un peu
A moi...

  神よ、神よ、神よ!
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わが愛する人を!
  一日だけでも、二日だけでも、一週間だけでも…
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わたしに…

Le temps de s’adorer,
De se le dire,
Le temps de se fabriquer
Des souvenirs.
Mon Dieu! Oh oui...mon Dieu!
Laissez-le-moi
Remplir un peu
Ma vie...

  愛し合い、
  愛を語り合う時間を、
  想い出を
  紡ぎだす時間を。
  神よ、おお、そうよ…神よ!
  そうした時間で
  もうすこしだけ満たせるようにして
  わたしの人生を…

Mon Dieu! Mon Dieu! Mon Dieu!
Laissez-le-moi
Encore un peu,
Mon amoureux!
Six mois, trois mois, deux mois...
Laissez-le-moi
Encore un peu
A moi...

  神よ、神よ、神よ!
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わが愛する人を!
  半年だけでも、3か月だけでも、2か月だけでも…
  わたしに与えておいて
  もうすこしだけ、
  わたしに…

Le temps de s’adorer,
De se le dire,
Le temps de se fabriquer
Des souvenirs.
Mon Dieu! Oh oui...mon Dieu!
Laissez-le-moi
Remplir un peu
Ma vie...

  愛し合い、
  愛を語り合う時間を、
  想い出を
  紡ぎだす時間を。
  神よ、おお、そうよ…神よ!
  そうした時間で
  もうすこしだけ満たせるようにして
  わたしの人生を…  

http://JP

 

Softly

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 7月 3日(火)19時37分9秒
  仕事を終えて、帰宅するちょっと前に、会社で放課後の行きぬきでYou Tubeをみていたら、ふと出会ったこの曲。 Elvisの説明と語りに引き込まれてしまい、マット・モンローの歌も聴いてみた。 Elvis自身は歌っていない。 彼の胸を打つものがあったのだと思います。
Elvis Presley - Softly, As I Leave You
https://www.youtube.com/watch?v=3k7cz1tyuWo

Matt Monro - Softly As I Leave You
https://www.youtube.com/watch?v=Nx_ktGU3-tQ

こちらがMinaの歌ったオリジナルソング「Piano」
Mina - Piano - Softly as I leave you - Mina50
https://www.youtube.com/watch?v=c943SDcli0Y

こちらがもっとHitしたシナトラの歌。彼の葬儀にもかかった歌らしい。
frank sinatra - softly, as i leave you
https://www.youtube.com/watch?v=u1kkJvV-gOs

われわれもそろそろ、どっちが先に逝くの? なんてことが話題になる年頃?
 

まぁ、りっぱ

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 3日(火)17時07分28秒
  朝一番でパソコンを入れたら目に入った予想通りの試合結果。 これだけ戦えるのだったら、できれば、前の試合も歴史に残るずる負けであってほしくなかった。 サムライブルーの名にふさわしくないずる勝ちをしてもぼこぼこにされるだけ、という予想通りの結果となったのが残念。 全力を出して負けたのだから、まだまだ世界の壁は厚いということだし、結果的に、およそ予想していた通りの日本の弱さが出た試合だったのでしょう。 でも、先制点も含めて、戦いぶりは、まぁ立派だったのでしょう。 更なる精進を期待したいと思いますが、つまるところ、半分格闘技のようなものなので、やる人はいろいろな意味で強くないといけないわけですね。

土岐善麿のWikipediaには都立忍岡高校がリストに入っていなかったので、私が書き加えさせていただいた、ということです。

ただ、忍岡高校のHPへのLinkの仕方がまだよくわから無いので、Listの名前は載せたものの、そこをクリックしても忍のHPに飛ばない、ということです。 まぁ、気にする人はいないと思いますが、「あの」土岐善麿先生が校歌を作ったんだぞ、と胸を張って言おうと思ったけど、彼の作品の一つも読んだことも無いし、実際、どんな人だったのか知ら無いし、私みたいなものが書き加えちゃってすみません、という気分です。 でも、忍のそばでお生まれになられた下町っこだったということのようなので、なんとなく親しみが持てます。 生前にお話を聴くことができたら面白かったかもね。

 

日本負けても素晴らしい

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2018年 7月 3日(火)14時24分7秒
  ベルギー戦最後の数分で逆転され残念でした。でもあれまで立派にプレーしてくれて私は満足です。同じ日本人として鼻が高い。体格も外国人より一回り劣るのに蹴とばされ押し倒されながら良く頑張ってくださったと感無量です。
ところで善麿さんのWikipediaにある校歌のリストには忍ヶ丘高校も含まれていますが?
 

カラーリリー

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 3日(火)07時53分21秒
  は、なんだか、水芭蕉の仲間のような姿ですね。 白い水芭蕉のカラー(襟)に比べて、黄色のカラー(襟)のカラーリリー。 アメリカに渡って金髪になったのか。。。 ぜんぜんぴったりきませんが、なぜか本田や長友のヘアを思い出す。
ガクアジサイとか、アマリカハナミズキとか、ガクのほうがきれいな花ってありますね。 このカラーリリーや水芭蕉のしろいところは一重のガクなんだろうか? 一重瞼美人。

で、ちょっと気になって調べてみたら、クレマチスの大きな花びらと思っていたところも実はガクでした。 がくぜん。

もくれんはガクと花びらが同じ色、同じ形をしているとか、うーん、はなびらでも、がくでも、きれいなら何でも許す! 分類をしようとするから混乱するのかもね。 自然は偉大なりー!

 

ジャカランダさんのガーデンだより(続き)

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 2日(月)18時55分54秒
  前送った紫の花は初めて植えた朝顔、Morning Gloryです。、日本の夏の朝顔市の花鉢にぎっしり咲いていたのを懐かしく思い出します。のそれと2年待った黄色のカラー・リリーです。
5月の表の庭の花壇の写真です。フリージャーが萎れてカンガルー・パーム、せいごパーム、パピーの花、白いアリサム(アリサムはいくら抜いてもしつこく咲いて他の花を占領)と、ピンクのゼラニュウム、そして道端ではジャカランダが満開でした。庭に出るとあっという間に2-3時間食事も忘れてでは雑草取りや鉢替えで過ごしてしまいます。というわけで家の中の掃除片付けがおろそかです。World Cup 日本応援してます。

http://JP

 

ジャカランダさんのガーデンだより

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 2日(月)18時55分10秒
  Any plant in California? Not true, but may be.  Fuyu persimmon, Cherry Blossom grow here in Calif .  But you succeeded Kiwi and grape  in Chiba Pref.  And I saw aloe vela and other succulent in Japan, too.  All plants have like and dislike on soil, temperature, wind, humidity  and sunlight, etc.   That makes gardening fun and challenging.  Little and ordinary miracles when you see buds, flower and fruits.

丸いZucchiniズキニ、黄色のズキニの花はのキュウリの花の10倍の大きさです。ガラスの中においてあるプラントはICE Plantと呼ばれていますが。根っこがない植物です。週一回下部を水に何分か浸してあげています。紫の花が2本 2日も見ない間に初めてにょきっと咲いたので思わず感動してIt’s miracle! と叫んでしまいました。でもサボテン類の花は2日も長持ちしません。それに気ままな時にしか咲きません。


http://JP

 

半年がアッという間

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2018年 7月 2日(月)11時11分14秒
  齢がかさむと本当に月日がたつのが速くなりあっという間に2018年の半分が終わりました。ジャカランダもすでにすっかり散りこれから緑の葉が生え木陰をつくります。申し遅れましたが忍の会報有難うございました。鶯渓会100年記念、ずっと若い世代の方の活躍とか思い出話など楽しく読みました。この半年は私にとって仕事でとても苦労した6か月でした。会社の同僚の7か月にわたる病欠のため倍の仕事を任されてその上新しい保険ソフトプログラムに慣れるのに時間がかかったこと。やっと一人雇ってくれて同僚もパートで復帰することになり この10月に仕事を引退する準備が出来そうになりました。そして春、夏と来て庭の草木に癒されています。暑くなるとすくすくと野菜が出来て嬉しい。何年もカビにやられてダメだったトマトも今年は出来ています。サッカー日本がんばりましたね。アメリカは週末は小学生サッカーが盛んなのにワールド・カップにも出られず残念です。きょうのロシア・スペイン、そしてクローチア・デンマークの試合は一対一、延長しても同点で最後のゴールキックで勝負を決めるという気の遠くなる苦しい接戦でした。ロシアとクローチアの運命(Good Luck)での勝利となりました。ちょっと負けたチームが気の毒になります。ボクシングなら判定勝ちで公平ですが。明日は日本とベルギー戦ですね。奇跡が起こりますように。  

忍岡高校校歌

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 7月 1日(日)10時18分37秒
  いつも整理のできていない雑然とした机の上をみて、家内にしかられて整理していると、やはり、いろいろなものが出てきます。期限内に払わなければいけなかった税金の払い込み用紙とか、とっくに社員にわたさなければいけなかった健康保険証とか、で、前回の4月1日の同期会の参加者名簿とその下にプリントされていた忍岡高校の校歌がでてきました。 作詞 土岐善麿、作曲 石桁真礼生とあり、昔、だれかが、忍の校歌は「あの」土岐善麿なんだぞー! というので、僕は「どの?」という反応しかできなくて、そもそもその土岐善麿さんていったいどんな人なのか知りませんでした。 当時は、今日のようにInternetも無い時代だったせいもあったかもしれません。 いや、その差は大きい。

で、あらためて、土岐善麿と石桁真礼生について、ちょっとだけNetを探してみました。
土岐善麿はこちら:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B2%90%E5%96%84%E9%BA%BF

石桁真礼生
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%A1%81%E7%9C%9F%E7%A4%BC%E7%94%9F

で、土岐善麿についてのWikipediaを読むうちに、とても高名な人なのだ、ということがわかりましたが、また、相当な数の校歌を書いた人だなということがわかりました。 作家というよりは、校歌作詞家とでも名付けたいほどだ。 で、都立忍岡高等学校の校歌を作詞をした、ということが書いてない!
これはこんな有名な人が作った校歌だということが一般に知らされないという由々しき問題だ、と思い、やったことないけど、Wikipediaの変更を申し入れよと思ったのですが、Wikipediaのメンバーになって、お前がやれ、という回答のページに移動させられました。
そんなことやったこともないし、そんな秘密結社の手先になるようなことは、家族のことを考えるとやりたくないとは、思ったものの、お前がやらなきゃ誰がやる! と勝手に、必要のない勇気をりんりんとたぎらせて、やりましたがな、都立忍岡高校の校歌も「あの」土岐善麿先生の作詞によるもなんじゃがな! と威張れるように。 で、ほかの学校は、みんなその学校にLinkされているのですが、まだ、Wikipedia秘密結社に入会したての私にはそのやり方がわかりません。
だれか、知っている人バトンタッチしますので、忍岡高校のHPにLinkするようにしてください。
まちがって、この忍岡高校54期生の掲示板なんかにLinkをさせないようにしてくださいね。
土岐善麿、Who? などとこんなところで英語を使うと、「あの」楠山先生に叱られてしまうかもしれないので。
 

レンタル掲示板
/132