teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


PS 人文字

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 3月29日(木)06時11分27秒
  本当は ひとり人文字 をやりたかったのですが、残念ながら、身体が硬すぎて、できませんでした。 とほほ。

http://JP

 
 

黒のヒートテック

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 3月29日(木)00時02分28秒
  季節の変わり目に、服装の変化が追い付かず、今日は、上下黒のヒートテックの下着を着ているのに、気温は5月中旬の22-23度まで上昇。 当然、暑苦しいけど、シャツとジーンズを脱げ場、上下黒装束のヒートテックスタイルになってしまう。
そうなれば、一人の人文字をやりたくなってしまう。熱いので、HOT!
あなたとあそびたい人文字ごっこ。

http://JP

 

The Doubliners

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 3月28日(水)23時09分51秒
  ジャカランダさん、レスポンスありがとう。 いい歌でしょう? 頑張るぞ!という気になります。

IrelandのThe Doublinersの歌をもちょっと聴いてみてください。

The Dubliners - I wish I had someone to love me BEST VERSION w/ lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=KskSkyvEo9U

こっちのImelda Mayの歌もしんみりして気持ちが伝わってきて、素敵:
Imelda May & The Dubliners | TG4 |
https://www.youtube.com/watch?v=N6WZlXBDnYk

かつての北アイルランドの騒動のことを思い出せば胸が締め付けられます。
The Town I Loved So Well - The Dubliners Siamsa Cois Laoi, Cork, 1978
https://www.youtube.com/watch?v=-RYEsybIrko

Dublin In The Rare Old Times - Luke Kelly
https://www.youtube.com/watch?v=ZTYkbyL4Yxk

The Dubliners - Black Velvet Band
https://www.youtube.com/watch?v=e5oMTsF_A1k

The Dubliners - Wild Rover
https://www.youtube.com/watch?v=9iRRvjjHDkw

アイルランドの人ならこの歌を知らない人はいない:
The Dubliners Molly Malone
https://www.youtube.com/watch?v=wjjh5EmkKCA


http://JP

 

Don't Give Up

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2018年 3月28日(水)18時38分20秒
  いい歌ですね。どうして沢山の音楽をよく覚えていらっしゃるのか感心します。頑張ってください。モーターバイクはもうおやめになったら。怪我してもリハビリも若い人のようには効かない歳ですから。NHK World で相撲 大阪場所のDigestをみてました。凄く生な烈しいスポーツですね。あらためてファンになりました。最高です。思わず歓声を上げてしまいます。大谷翔平 前田 Angeles vs Dodgers の試合見ました。野球はずっとスローで時間がかかり過ぎるので彼等の出る時だけ垣間見します。これから野球シーズンになり家の亭主達は毎晩TVにかじりつく事になります。もうすぐEaster です。一年がアッという間に過ぎます。毎日を大事に感謝です。  

桜がほぼ満開

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 3月27日(火)20時44分6秒
  桜の種類や、植えられている場所にもよるでしょうが、桜はほぼ満開ですね。 いい景色です。

アメリカの銃社会の問題は根が深いし、なかなか難しい問題ですね。 日本でも刀狩りがあったのは異なる社会的背景があってのことだとは思いますが、銃が規制されていて、ゼロではないにしても、流れ弾や、クレージーな奴の乱射、子供の間違いによる死亡事故、などは少ないのは救いですね。 イギリスではいまでも警官が銃をもっていないというのが建前だったと思います。 特殊部隊はしっかりと別動隊としてあるようですが。

スイスでは国民皆兵で、どの家の地下室にも自動小銃があるらしいけど、アメリカのような事故は聞いたことがありません。 国がでかすぎるのもなにかと大変なのね。きっと。

アメリカの歴史と社会のなかで生まれた幸せに生きる知恵なのでしょうね。 そのまま日本にもってきてうまくいくかどうかとなると、また、そのまんまだと、一人浮いてしまう、という面も無きにしも非ずかなという気もします。
ただ、一つの生きる知恵、一つの生き方へのヒント、幸せを見つけるヒントにはなると思います。 なんといっても、過去を振り替えずに前向きに生きる、ということが大事なんだなぁと思います。

実は、半年前になりますが、経営する会社がにっちもさっちもいかなくなり、全財産を失う、というぎりぎりのところまで追いやられました。 今は、なんとか切り抜けて一息ついていますが、当分、厳しい状況は続くものの、希望をもって、前向きに生きることで、日々楽しく、苦労を楽しみかえて、頑張れる、そして、そのうち、苦境から抜け出せるぞ、と信じてやっています。でも、ときとして、下を向いてはため息をつき、天を仰いで助けを求める、そんな気分に襲われるときもあります。

最近、気に行って、自分への応援歌にして、口ずさんでいる曲がこちら:

Don't Give Up 'Til It's Over - The Dubliners (40 Years - Live From The Gaiety)
https://www.youtube.com/watch?v=XcCBemm-hIo

歌詞
Don`t give up till it`s over, don`t quit if you can
The weight on your shoulder will make you a stronger man

Grasp your nettle tightly, though it will burn
Treat your failures lightly, your luck is bound to turn

Don`t give up till it`s over, don`t quit if you can
The weight on your shoulder will make you a stronger man

Look at the autumn flowers how they wither and fade
With nature`s hidden powers, next year they`ll be re-made

Don`t give up till it`s over, don`t quit if you can
The weight on your shoulder will make you a stronger man

Watch the full moon rising, like a ghost of the sun
Oh, dawn will be more surprising, when a new day has begun

Don`t give up till it`s over, don`t quit if you can
The weight on your shoulder will make you a stronger man

Don`t give up till it`s over, don`t quit if you can
The weight on your shoulder will make you a stronger man

http://JP

 

逝く人多く

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2018年 3月27日(火)18時07分24秒
  日本は桜できれいでしょうね。今日は仕事を休み親類の91歳のアリスさん(日系収容所体験者)の葬儀に行きました。最近、近所の奥さん、主人の同期生など他界いしていく方がまわりに多くなり自分の余命も案じられます。日系人の話題に関してクール子さんもその中の一人になったようですね。今でも収容所体験者のインタビューを彼らが消えてしまわないうちに記録する仕事がつづいています。1988年(何と30年前)にレーガン大統領が収容所に入れられた日系人に国として謝罪そして全員に2万ドルの賠償金を払いました。。その正式な謝罪が実現するまでどれだけ多くの人たちの辛抱と努力があったことでしょう。私が日系人の社会に嫁いでから48年近くになります。自分が同じ日系人として誇りに思うのはそんな試練を強いられたにもかかわらず、過酷なな収容所の制限された生活の中で前世代の方々がへこたれず色々な工夫と前向きな考えで互いに助け合い結構楽しい共同生活を送っていたことです。ロスに来られたらリトル東京のJapanese American National Museumに寄って見てください。彼らの”我慢”そして”勿体ない”精神が写真や展示品から読み取れます。主人の父は木彫りを習得し何枚もの作品を収容時に作りました。他にも色々な趣味と技術を教えあって厳しい現実の中でも何かを学ぶ向上心が旺盛でした。比べてはいけないが(前に言った事にはんしてすまないけど)同じく戦争の被害者であった韓国の慰安婦問題ですが日本政府の賠償で決着を同意いしたにもかかわらず未だに蒸し返し運動をしているのは非常に残念です。戦争の犠牲者はユダヤ人をはじめ他にも大勢います。その悲劇を忘れてはいけませんが過去の同情を訴えるより、前向きに世界の不幸な女性を助ける運動を代わりにした方が有意義ではないでしょうか。アメリカに住んで私が生き方として教訓となったのは。 1)個人を尊重する。Don't Judge Others 他人が自分と違う生き方をしても非難や差別をするな。勿論自分の生活に危害がおよばなければですが。2)Go Forward 間違いをしたりされたりした後はとやかく言わず、その後にどう良くしていくかだけに集中する。3)Give without Expecting a Return.  贈り物や奉仕は心を込めて、お返しは期待しないこと。
話は変わりますが。先日ある友人とトランプ大統領の件で議論になりましたが、だからと言って仲が悪くなることも無くまあお互い言いたいことを出し合ってすむのが民主主義かも。ところで今全米で若者が銃器制限の大きなデモをしています。今頃の若い物は皆スマホに夢中で将来を案じられましたが、この狂ったアメリカの状態にさすがに目が覚め真剣に活動している彼らにに応援しています。さて自分は春に向かいオーガニック・クラブの野菜・ハーブの苗を育てる作業が始まりました。-メンバーと朝食を持ち寄り週末の朝3時間にボランティアしています。
 

日系人強制収容所

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 3月26日(月)21時30分14秒
  当時、たまたまアメリカに移住していた人のほとんどは戦争に関係のない人たちだったと思うので、その意味では完全に被害者だと思いますが、中には、対日戦線の前線に引っ張り出されて、日本人を殺す役までやらされたり、それをやることでアメリカへの忠誠を誓わなくてはならなかった当時の日本からの移民ないしその子孫の気持ちたるやどんなものだったのでしょう。 想像もつかない厳しい、さびしい、つらいものがあったのだろうと思います。
ましてや、真珠湾での卑劣な不意打ち、Remember Pearl Harborのスローガンのもと、日本人というだけで悪人だと決めつけられて、なおかつ、白人優位の思想のもと、こんなひどい目にあっても、抵抗のしようもなかったのでしょう。 今の、アメリカにいる韓国人などの政治的な動きをみるにつけ、日本の政治的な動きの鈍さには島国育ちの弱さを感じますね。
クール子さんおっしゃるように、だまっていてはつぶされる。 姦しいほどに自己主張をしないとつぶされてしまう、それも政治的にうまく立ち回らないと、やられてしまうアメリカという国での日本人の脆弱さは今でもあまり変わっていないように思われます。

ひるがえって、当時の日本は日本で、学徒動員、特攻隊、インパール作戦などなど、とひどい運命に翻弄された人も多くいたわけです。 まさに戦争の悲惨さですが、今でも、世界が、どこも威嚇しあってなんとかバランスが取れているような、一触即発状態とも思えるこの緊張状況がたんなるショーであること切に願うものです。 ただ、そんなに甘くはないことはもちろん知っています。

昨日のテレビのニュースでは上野の山のお花見で、外国人同士のいざこざが各所で起きて大変だったとのことでした。 世界のいざこざが上野の山のお花見で起きている。 今や、250万人を超すといわれる日本国内の外国人の出身地も様々なので、もはや、日本のどこで、世界のいざこざの続きが起きても不思議ではない状況となっているようです。

日本の「国際化」がいざこざの国際化にならないことを祈りたい。 日本にいるときぐらい、すし食って、温泉に入って、盆踊りやって、酒飲んで、くそして、寝ろや、といいたい。
 

お許しをー!

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 3月26日(月)19時07分41秒
  たっぴーさん、ごもっともです。 だめですね、もう、ボケでは言い訳にならないけど、ボケか?

今度の4月1日の敷居がちょっと高くなりました。 そのとき、聞こえてきそうなヤジは、こんなもんじゃないかと恐れております:

1) 川井よー、同期会の一日前には来なくていいけどよー、発起人で呼びかけた日には来いよ!
2) 次回の呼びかけは、念のため、パスしようかなー。
3) 一度、落とした信用は、なかなかとりもどせいよー。
4) 悪いのは高校のときの成績だけかとおもったら、人としてどうよ!
5) ごめん、すまん、こられない、ってったって、来ちゃった人はどうすりゃいいんだよ!
6) ほかの大事な人との出会いをキャンセルしてきたのに、こんなことなら、来るんじゃなかった!
7) 仕事に行っちゃった、バイクが壊れた、で、言い訳になるわけがないだろ!
8) 菜の花や、朧月夜でお茶を濁すな!

あー、つらい。 どうしよう。。。

お見えになったお三方は、せめて、上野の桜でも見られて、すこし、ご立腹が収まっているといいのですが。。。 だめか。。。

お尻出すから、ぶってー。 あ、頭殴られそう。

 

Allegiance

 投稿者:クール子  投稿日:2018年 3月26日(月)14時34分47秒
  日本語に訳すと忠誠となるのでしょうか?
今日は”Allegiance"というプレイを観にロスアンゼルスのDowntownの日米劇場というところに行ってきました。
このプレイ、第二次世界大戦時の日系人が、収容所に入れられ、辛酸を味わい、一部の人は
兵隊に志願して、このために後の人生が変わって今日に至り、それを回顧するというのが粗筋。
ジョージ・武井という日系人の俳優でスタートレックで有名になって、今80歳とかですが、
彼がでてて、それもあってか、ニューヨークで結構ヒットして、映画になって限定で放映されたりしましたが、
今度はLAで1か月半くらいの公演になって、それをみに行ったのです。
ジョージ・武井と言う人結構小さくて、好々爺の感じでしたが、ユーモアも交えて好演でした。

ちょっとお涙頂戴のところも無きにしもあらずのところもありましたが、全体に良い出来でした。
ちょっと目をぬぐってしまうところもありで、我が亭主殿も、結構よかったと言ってました。

この強制収容所の話、皆さん学校でも少し歴史の時間に教えられて覚えていられる人も多いと思います。
こちらでは、過去のことと思っている人、全然知らない人(若い世代?)、今もそれを忘れないように皆に伝えていこうという人、ETC.といろいろです。
友人でも、収容所で生まれたとか、小さい時の収容所の生活、少し覚えてるとかいう人がいるので、
昔の話ではないのだなと、今更ながら過去の話にしてしまってはダメと思いました。

この国、そこら中でいろんな色の人がいろんな言葉を話していて、お互い権利の主張をしあい、
全く黙っているとつぶされそうです。
特にこの数年、そういった動きが激しくなってきているみたいで、最近、ついていくのも大変骨が折れます。

まあ、国内外ともにケンカにならないように願っています。
私たちが成長してきた時代って、何とかあっても結構良い時代だったのかしらね?
 

結構暇なし

 投稿者:クール子  投稿日:2018年 3月26日(月)14時07分16秒
  私ももう少し投稿を増やそうと思いはするのですが、なんせ自慢の筆不精。
その上することが少しずつのろくなってきて、
いくつものことを同時進行すると必ずどこかが忘れ去られてたなんてことが増えている。
で、そのうち投稿しようと思って、その時間を待っていると1か月くらいは簡単に経ってしまう。
というのか実状。
マメに投稿している布施院さん、面白い話も多いし、歓迎してます。
(読んでるだけでは文章力は上がらないよ。皆さん、もうちょっと老化防止もかねて投稿しましょ。)
でも、まめに投稿していても物忘れはするとなると、老化防止にはあまりならない?

まあ、読んでるだけでもいいか・・・?
 

レンタル掲示板
/132