teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


残暑お見舞い申し上げます。

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 8月26日(水)18時16分47秒
  ジャカランダさんちのミカン、ケツが青いのに甘いとは、さすがCalifornia! で、そのサボテン、これぞ、夜の女王と名付けたくなる立ち姿ですね。
鳥獣保護区はいいんですけど、こんな野鳥も黴菌の運搬担当になっている可能性もあり、最近、鳥の羽も、怖くて触れません。

クール子さんの山火事・ハリケーン情報、アメリカ大陸も結構自然の驚異にさらされているんだなーと感じます。 アメリカのダムは大丈夫なんだろうか。 とくに、山火事は日本でもずいぶん報道されてます。

おー、そういえば、大統領選挙報道も、日本でも二派に分かれて報道が、というか、日本のマスコミは今回もCNN波に反トランプスタンスをとっているようですなー。 どうなると、どうなるのだろうか? で、安倍総理は大丈夫なのかなー。 なんだか、ダメっぽいなー。 だと、どうなるのかなー、と、不安。 ま、政治の話は、そこまでにしときます。
 
 

写真3枚

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2020年 8月26日(水)15時29分43秒
  前の文章と一緒に載らなかった写真です。  

こちらも猛暑

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2020年 8月26日(水)15時22分29秒
  ご無沙汰してます。皆さん夏バテしてませんか?こちらもここ一週間ほど酷い暑さと湿った空気で参っています。何とか扇風機でしのんでいますが。困っているのが今年は広範囲に蚊が多いことです。それに加えて私は血液型が“O”で一番蚊が好きなタイプなのです。以前は夜涼しくなると裏庭で読書したり、朝は一番に庭に出て冷たい空気を吸って草花を楽しんでいたのですが、今年は蚊にひざとから下をあちこち食われてしまうので落ち着けません。アメリカは家の戸や窓にスクリーンが重なってあり蠅も入らないようになっているのですが、今年はそれでも何匹か蚊が家に入ってきます。ノイローゼになって少しも安らげないのです。足に停まったとたんに手ではたいてやったーと思いきや逃げてしまっている素早さ。空中で両手で叩いてもつかまりません。不思議と私が目を見張って待っていると姿を消します。まるで私の視線にきがついているみたいに。蚊よけを塗っていますがべっとりして匂いもつよく不快感があります。いつもは大好きな夏なのに今年は早く秋が来て欲しい。

話は変わり、新型コロナ菌問題が長引いていますね。蚊もコロナ菌も自然の営みをしているだけで、それに振り回されている人間は昔と同じですね。科学で早く解決して欲しいけれど、台風、ハリケーン、竜巻、地震、山火事などにはかないません。絶えない疫病や災害には用心して避けるしかありません。

8年使っていた大きなテレビがとうとうダメになり新しいのを娘の旦那が早速スマホで探してくれました。その相場価格が古いのより半分程になっているのには驚きました。安くなるものがあるとは有り難い。それに加えて最近手ごろな値段でビデを購入し、主人が取り付けてくれました。とても快適です。トイレットペーパーも少しで済むようです。アメリカの家庭にはまだ日本のように普及していません。

負けずに頑張ります。皆さんも頑張ってください。

PS: 写真は白い花がサボテンの花ですが正式には月下美人ではないようです。おかしな時期になった家のミカン。結構甘い。ビーチの鳥保護地帯の写真
 

お暑うございます。

 投稿者:クール子  投稿日:2020年 8月26日(水)08時51分21秒
  日本の夏にはセミがあうと誰も言ってないとは思いますが、日本ではセミの声が夏の風物詩のひとつですよね。
米国でも北の方に住んでいた時はセミの声を聞いたことがあって、「セミが居るんだ!」と思った記憶があります。
ここ南カリフォルニアでは残念ながら聞いたことがない。
はっきりした四季もないし、湿度も低いしで、セミも出てくるタイミングがうまくできないのかもしれない。

しかし今年はやけに暑いですね。こちらも暑いというと少し語弊があるかもしれません。
この10日ほどやけに暑かった。でも昨日、今日は平年値に戻ったのかこの10日に比べ天国みたいに
夜も過ごしやすい温度に下がったし、海風もあるしで。過ごしやすい温度になりました。(怒らないでね。)

その代わりと言っていいかどうかわかりませんが、恒例の(そう言ったら誰かに怒られそうですが)山火事が燃え始めてます。
内陸は気温も高いし、湿度も低いし、雷なんかで火事が発生したりしているようです。
消防員の数も今年は足りないとかいう話も出ているし、世の中落ち着きませんな。

ニュースでアマゾンでも山火事だか密林の火事だか知りませんが、燃え続けてるとかだし、
アメリカのメキシコ湾岸のテキサス、ルイジアナとかの州ではまたもやハリケーンのオンパレードみたいです。

テキサスの海岸沿いに引っ越した友人に聞いたら、3週間前にドアなんかに板を打ち付けて
準備してたのを取り外したら、また2つ重なってそっちに向かってきていて、どうしようと
思ってたらテキサス上陸直前で運よく(彼女には)ルイジアナのほうに曲がってくれたと言ってました。
この人3年前のハービーとかいうハリケーンの時は非難して10日ほど家に戻れなかったそう。
その時の家は窓と屋根が少し壊れた程度で済んだとか言ってました。
それはそうと、テキサスも夏はお暑-いそうです。

どこも早く涼しくなりますように!

 

セミの季節

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 8月25日(火)11時28分1秒
  セミ時雨が朝から晩まで気こけてきます。 夜は、コオロギや鈴虫、おけらまで、にぎやか。

ところで、このセミ。 元気よく鳴いていてくれるだけならいいのですが、地下潜伏期間7年、地上での生息期間1-2週間というなんとも、悲しいような、かわいそうな、生き物のように思えますが、幸せな地下潜伏期間を堪能していると思ってあげましょう。

で、毎朝、玄関をでると、通路に、セミが何匹もあおむけになって転がってる。 あ、ご臨終なのね、でも、まだ、生きていて、最後の、断末魔よろしくびびびっと羽を鳴らして、飛び立つような、のたうち回るような、このびびびっと、来るかもしれない、と思いつつ、恐る恐るそのわきを通るときに限って、びびびーっと、飛び立ってはぶつかり、2-3m先のところで、またあおむけになってころがっていたりすることあり、もう大丈夫かもしれないけど、やっぱり、びびびーっと来たらいやだなー、と思って、まぁ、覚悟をきめようとしているときに、びびびーっとまた断末魔の鳴き声を放ってのたうち回るというか、飛び立てずに方々にぶつかり、たまにはぼくの顔や腕に体当たりしたりするときもあり、というか、そんな経験を何年か、何十年か前に経験したことがあり、その恐怖感というか、びっくり感が、思い出されて、もうびくびくしているときに、限って、びびびーっと来る。 もうやめてー! と、セミよりでかい声を出しそうになる。 で、腹が立つのは、そんな、恐怖心にびびりつつその転がっているセミの脇を無事通過した後に感じる未充足感というか、期待に反して、ではなくて、恐怖に反して、なにも怒らなかったことに対する怒りのもって機場所が無い。

台風がくるぞくるぞとおどろおどろしく長いことテレビで予報するニュース番組のあとで、やっぱり台風や来ませんでした、って、やっぱりって、なによ! という怒りであれば、またマスコミの金もうけか! と怒りのターゲットがマスコミのダメ情報という批判で済むのですが、死んだセミに恨みをもつのも哀れでもあり、あー、いやだ。 命が全うできたセミは、なんかしるしをつけてほしい。 あるいは、まだ生きてる奴は、軽ーく鼻歌でも歌っていてほしい。 
 

食べ残し活用法

 投稿者:クール子  投稿日:2020年 8月20日(木)05時29分25秒
  話が猫から始まりますが、ご辛抱を。

我が家のおばさん猫のマティちゃんは少々便秘体質です。
我が家の住人(住猫)になるまえは外で用事も済ませていたのでわからなかったのと、
シチュー爺さんがいたころは彼の食べ残しの残飯整理係をしっかり受け持ってくれていたので、
どんな状態だったのかよくわかりませんでした。
シチュー爺さんは缶フード専門だったので、彼はそんな心配もありませんでした。

家猫になったマティちゃん、最初は缶フード食べてたのですが、そのうちドライフードしか食べなくなった。
なぜだかわかりません。お安くつくのでそれは文句ないのですが。
ドライフードだけの場合は便秘問題が起こることあるので気を付けてとは言われたのですが、
気を付けたからと言って猫に説教できないし、どうすりゃいいんだ。

マティちゃん、内外出たり入ったりしているのでそんなに確認できませんが、
彼女のお便所掃除係は時々それらしき兆候を認めるようになる。
猫友で彼女の猫もその傾向のあるのに聞いたら人間様用の便秘薬の粉のを少量水に溶かしてやっても良いということ。
しかし、水に溶かしただけではマティは飲まない。

それで缶フードの汁の部分に溶かして水増しして混ぜると、汁の分だけ舐めることありが分かりました。
しかし、実が入っているので汁の部分だけだとあまり薬が摂取されない。
それである日人間様用で、塩分なしのツナ缶の汁を絞ってそれに混ぜると舐めてくれる。
ツナ缶の実の方は混ぜてもまあ手を付けない。 そうなるとツナ缶の実が余ってしまって破棄の羽目にいたる。
これが月に1回は起こります。もったいないなー。

そこでの解決法とは・・・。

米国ではツナサンドイッチも結構ポピュラーで昼食とかお弁当に食べる人も結構います。
では我が家でもツナサンドイッチを作って食べれば無駄が出ないではないかという結論に達しました。
マティちゃんが便秘気味になると、そんなある日の人間様の晩御飯はサラダとツナサンドイッチとなったのでした。


それが我が家の食べ残し活用法の一つであります。
猫友に話したら、お宅上手に訓練されたねーと言われました。
 

食べ残し禁止

 投稿者:クール子  投稿日:2020年 8月20日(木)05時08分10秒
  米国では食べ残したものを堂々と入れ物に入れて持って帰れるよい習慣があります。
昔はDogee Bagとか呼んで、犬にやるための入れ物とか言っていたようですが(人間様が食べてもです)、
最近は入れ物頂戴と言うとそれ用の(人間様用のお持ち帰りの容器と大体同じ)を持ってきてくれます。

食事前にアルコール飲んで、こちらの一皿はほんとに大きいのですがその一皿
は全部食べて、食後デザートの大きいのを平らげられる胃袋の持ち主の多い国。
それで中年以降の医療費が大変なのですよ。
残している人もいるし、それを持って帰る人もいますけど、持って帰るほどには残らないほど食べてる人多いですしね。

我が家の住人は平均以下の食欲のようで、どちらも食べきれないと持ち帰って翌日の夕食用にも供してます。
私だけ残り持ち帰りの場合は翌日のスナック用。我が家は朝晩の2食で間に何かをスナック程度の食べる生活なので。

それでサンドイッチの話になりますが、こちらのサンドイッチ布施院さんもご経験のように大きい。
サンドイッチようのパンといっても日本のように薄いのない。
そのパンの厚さより中身の厚さが大体厚くなっているので、片手でちょっと上品につまんで食べるということができない。
両手でしっかり持って、大口を開けてかぶりつく。
普通のサンドイッチでもまあハンバーガー的な食べ方になります。

日本で一般に見られるサンドイッチはイギリス風のHigh Teaとかいう上品な食事を食べに行くと出てきます。
このハイティーってやつ、やってるホテルなんかがありますが、お値段高いんだよね。
それになんか上品で、我が家の亭主なんか誘うと文句言われそう。(余談でした)
あの薄い食パンに上品に薄く中身がはいって、片手でちょいとつまんで食べられるやつ。
日本のスーパーに行くと売ってますが、それ以外のところではほとんどみない。

このコロナウイルス流行でかなりのものが品薄になって、お値段も高くなってと家計には挑戦を要する時代なわけですが、
ほんとのところ生活の仕方を見直す良い機会なのでしょうね。

最近は我が家の冷蔵庫も使い切れなくてごみ箱行という食品もほとんど出さなくなったし、
冷蔵庫がかなり空っぽになるまで次の買い出しに行かないようにして、
有るものでクリエーティブクッキングをしたりで(いい加減に作ってるということですけど。)
無駄を見直す良い機会になっています。(外出しないようにしているだけか?)

 

食べ残し禁止令

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 8月19日(水)06時55分43秒
  とは、中国共産党の新たな指導だと、ネットのニュースにでていました。 確かに、中国では出されたものをきれいに全部食べるのは失礼なんだ、と、生前、父が良くいっていました。 それは、来客には、無理してでも見栄を張って食べきれないほどたくさん出し、残り物は、家族や使用人が食べ、最後のカスは、犬や、猫に食わせる、というのが中国の風習なのだ、ということでした。

それと関連があるかどうか知りませんが、どうやら、富裕層も増えた中国では、実際に、食べるだけ食べて、多く食べ残しを残し、今やそれを、下男や下女が食べるということも無くなって、結局、粗末に捨てる部分が増えているということを減らそうということなのでしょう。

まぁ、世界中に賞味期限切れの大量生産品の大量廃棄、あるいは、その処分は問題となっているようですので、中国では、さらに、問題は深刻なのかもしれません。

クール子さんレポートによる、上げ底傾向にあるアメリカの製品群は、実質値上げということですから、それ自体は、やられた感はぬぐえませんし、ちょっと腹立たしいことですが、食パンが小さくなったりするのは、ある意味、正常化に向かっているともいえなくもない、と感じたのは、アメリカに行って外食した時の食事の量の大きさが、やはり、アメリカンサイズだったのを思い出したからでした。 で、どうやら、自動車+ビッグサイズの食事、ないし、ファーストフードと甘い炭酸水を花瓶のようなサイズで飲むせいか、肥満の人の割合もかなり多いようですので、ちょっと、食パンのサイズが小さくなったということは、もしかして、ビッグマックのサイズも、やや軽めになっているのか、コロナのせいもあって、ホテルのビュッフェもなくなって、トレーに1人前だけ提供されるだけになっていくのか、という期待(?)も持てるような気もしないでも無い、ような気がしないでもない、、、、無いか、やっぱり。

だって、肥満に起因する糖尿病とかを持っているとコロナの流れ矢に当たった時に重症化しやすいともいわれるので、多少でも、食事の量が減るといいこともありそうな、気がしないでも無い。。。。 まぁ、そこは、ポテトチップスが補完してくれるか。。。。


たしかに、一度、あるメーカーを訪問して、会議を続けるため、昼食はサンドイッチにしようということになり、でてきたサンドイッチがどでかくて、一つを食べたらもうおなか一杯だったのですが、そこでも、ポテトチップスがついてきていたのを思い出しました。 これはセットになっているのがアメリカンスタイルなんですね。

確かに、日本でも、お昼はセットものがよくあって、天丼+うどんセット、とか、ラーメン・餃子セットとか、がっつり食べたい人用のセットがあって、僕もよくそんなセットものを食べていましたが、あ、セットが無いときは、2つ別のものをとって食べるとかやっちゃいますけど、結局、必要な栄養分プラス食欲充足分で、エネルギー源過剰摂取をしてしまう場合もあります。

本来は単品で栄養は足りているはずなのに。 必要にして十分なもので充足を感じるというのは、結構難しいものだなー。 自らの肥満傾向をアメリカ人を引き合いにだすほどのこともありませんでした。 反省。

 

看板に偽り

 投稿者:クール子  投稿日:2020年 8月15日(土)13時41分12秒
  コロナウイルス騒ぎが始まってから、トイレットペーパーの量が少なくなって値段が上がったのは皆さんご存知のこと。
私も暇に任せて量の比較までしましたけど、それは今も続いていますね。
スーパーなどの商品棚には品物はまた大体が出そろい始めましたが、お値段は以前のように戻るのはもうあきらめたほうがよさそう。
先日知り合いの手芸の先生のところに行ったら、彼女の家は余分の部屋を男性2名に貸しているのですが、
(未亡人で一人なので用心棒にもなるので良いそう)、1日に1個使ってしまうようになったとのこと。
もう巻きの大きさは小さくなるしふわふわ出し、芯の直径は大きくなってるし云々言っていました。
同感、同館と変なところで意気投合(!?)。

このところ時々我が亭主殿のアンティークになるはずの車を修復に来てくれているメカニックの人に
昼食にサンドイッチを作って出しています。
食パンはこちらでは2斤くらいの量でしょうか?長さが30㎝弱くらいの袋に入ったものが大体1パックで販売されてます。
大体15、16枚くらい入っていると思いますが、サイズは約12㎝四方くらいだったような気がしました。
それで3週間くらい前から気が付いたのですが、サイズがなんか1周り小さくなっている。
これまでサイズなんか図ったことなかったのですが、この際図ってみたら約11.5㎝x10㎝くらい。
これでお値段同じなんですよね。まあ上がってないだけましと思うようにしよう。

これまでハムをパンの上に乗せると、パンから少ししかはみ出さなかったのが、遠慮なく大胆にはみ出している。
こちらのサインイッチはいちいちパンの耳を切り落としてきれいな恰好にするなんでことはしないで、
具を挟んでそのまま、耳付きでパンを斜めに切るか、半分に切るかして出来上がりなので、
具がはみ出しても別に気にすることはないのでそれは良い。
しかしこれで足りるのかとちょっと心配になったくらい小柄に見える。
我が亭主にもう少し余分に作っとこうかと聞きましたら、ポテトチップもあるからそれでいいとのこと。
(こちらではサンドイッチに添えてポテトチップのようなチップになってるものが普通ついてきます)
日本ではそんな組み合わせ見たことなかったので、これは慣れるまで結構時間かかりました。
ポテトチップスは大袋をでんと一袋出して、勝手に好きなだけつまんでもらう。
それでサンドイッチの足りない分は補ってもらえばよい。

おまけにもう一つ。
先日から野菜作りを始めたことはお知らせしましたが、あまり思うように成長してくれていません。
お茄子は6本のうち、4本成長が止まったまま。残りの2本は茄子の好きな虫がいるようで、
葉っぱも虫食いだらけ、やっと少し大きくなりかけた2つの茄子の一つがかじられている。
トマトは1つは完全にだめ。もう一つはこれはプチトマトがまだ青ですがかなり実を付け始めました。 (ホッ!)
ピーマンはどうやら死んでないけど・・・といったところ。
キュウリだけ元気にいくつも実を付け始めたので喜んで収穫をし始めたのですが・・・
思っていたより実が太くなるみたい、ペルシャキュウリと聞いて買ったのですが、
どうもピクルスキュウリだったのかと思い、そのくらいの大きさになると採り始めました。
味がもうちょっとかなと思ってもう少しおいてみようかと思っていたら2,3日して、
ぶっとく大きくなっているのです。これはアメリカキュウリだぞ!
嘘付かれたけどもう遅い。アメリカキュウリだけは絶対欲しくなかったのに。
アメリカキュウリは皮が硬くて、香りは殆どなくて大味です。
日本キュウリになじんで育った人が食べたらなんだこれと思う味なのさ!

コロナ騒ぎが始まって、まあこのくらいのことで騒いでいられるのは幸せなほうとは思いますけど・・・。


 

月下美人!

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 8月12日(水)07時09分13秒
  何という素敵な名前の植物(花)なんでしょう! いつもは無口な父が、お酒が入って、やや口が軽くなると、女性がもっとも美しく見える条件が3つある、と、言って、夜目遠目笠の内だ、と冗談で女性をからかうようなことを言っていたことを思い出しました。 月夜の晩にデートしたら、どの女性もより魅力的にみえることでしょう。 なんと、ロマンチックな名前なんだろう。

Wikipediaを見たら、「強い香り」、「ドラゴンフルーツに似た果肉は甘い」という記述がありました。 「良い香り」とか、「おいしい」という表現はなかったのは、主観的な記述を避けるためなのか、強い香りだけど、いい香りではないのか、甘いけど、おいしくはないのか、興味をそそられます。 うーん、その香り、味、試してみたいです。 月夜の晩に。 なんとなく、禁じられた恋、のような怪しげな欲望を感じてまいりました。

ただ、英語で言うと、The queen of the nightとも呼ばれるそうで、月下美人ではなくて、本来は、夜の女王、という名前だったことになります。 甘いすももが巴旦杏の名前でヒットして流通した、らしい、のですが、それに似た、ネーミングでマーケティングに成功をした例なのかもしれません。 ただ、月下美人という、その語感が表すような、強烈に甘ーい香りの、めっちゃおいしい果実の実るサボテンの一種、なのかもしれませんね。 おー、興味深々です。

夜飛びまくる小型のコウモリに受粉をさせるようにそのように発達したらしいのですが、何となく、イメージとして、満月の下、コウモリが飛び交うこの花の脇に、Hiroshiが黒マントを羽織って、欲望に満ちて、立っていて、よく見ると犬歯が伸びている、あー、ドラキュラだ! 血走った目で、その伸びた犬歯で、がぶっと、噛みつくのは、甘く熟した月下美人の果肉! 月下美人と聴いただけで、その濃厚な香りも嗅いだことも無く、そのあまーい、肉、あ、果肉を食んだことも無いのに、すでに、自分の姿がドラキュラになっているとは! 何という花なんだ!
月下美人。。。。すごい。

それが、英語の The queen of the night、夜の女王、だったとしたら、持つイメージもぐっと変わってきます。

The Magic Flute ? Queen of the Night aria (Mozart; Diana Damrau, The Royal Opera)
(モーツァルト、「魔笛」の「夜の女王」)
https://www.youtube.com/watch?v=YuBeBjqKSGQ

甘い香りに誘われて、血走った目と伸びた犬歯で近寄った月下美人が実は夜の女王で、逆にやっつけられてしまうHiroshiというイメージで、完結。
 

レンタル掲示板
/199