teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 政治・経済(2)
  2. 趣味・レジャー(1)
  3. 近況報告(0)
  4. 医療・健康・ケガ・病気(0)
  5. 旅行(0)
  6. グルメ・ドリンク(0)
  7. 新規スレッド提案コーナー(0)
  8. 忍岡時代の思い出(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2109/2371 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

健康であること

 投稿者:布施院メール  投稿日:2011年10月17日(月)07時23分12秒
  通報
  の大切さは、自分や身近な人が健康を害したときにあらためて思い知らされますね。

さらに、命の大切さは、さらに、同様に身近な人が何らかの理由で旅立ってしまって、改めてその大切さに気付きます。 いくら、♪私は死んでなんかいませ~ん♪ といわれても、いないものはいない。

一緒に笑うことも、喧嘩することもできない。 あるのは思い出の中にいるかつての姿だ。 もちろん、それは消えることはないし、突き詰めて考えれば、現世で時空間を共有しているかどうか、の違いしかなくて、根本的には変わらない。

だから、いなくなってしまった人も、実際は一緒にいるのだ、という考え方もあるかもしれない。 実際のところ、僕も、亡くなった父とよく会話をしたり、話しかけたり、呼んだり、している自分がいることに気付くことが時々あります。

とはいえ、やはり、時空間、経済、事象、飲食物、音楽、などなどを共有できて、お互いの存在を確かめあえることは素敵だ。 やはり、ともに生きていてこそ、という部分は当然ながらある。

忍岡での3年間だけしか一緒でなかったみなさんと時間だけは共有できているわけです。 先日の東京駅前の東京富士屋ホテルでの同期会では時空間をともにできたということになります。 やはり時空間を共有できるのはすばらしい。 思い出もさらに深まり、広がるからだ。

あ、健康の話をしようと思った動機を忘れそうになってしまったけど、それはつまらない話で、高血圧の薬や水虫の薬は忘れても、ビールを飲むのはなぜ忘れないのだろう? という、くだらない発想でした。 ご放念ください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2109/2371 《前のページ | 次のページ》
/2371