teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1713/1715 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

万年幹事様ご苦労様でした!

 投稿者:川井 浩メール  投稿日:2007年12月10日(月)07時46分4秒
  通報
  二村隊長殿、幹事ご苦労様でした。 といっても、いつもどおり、デ・イーネさん、カジッタさん、サクラ子さん、お手伝いの智子さんたち万年幹事さんのご尽力があって今回も楽しい会ができましたね。 本当にご苦労様でした。 先生方の元気なお姿も拝見するだけで元気と勇気をいただけますね。
藤生君宅の忘年会が新年会になったよし、来年に楽しみが延びましたね。 またみなさんで楽しい集いになることになることは請け合いです。 これを機会にぜひ皆さんお集まりください。
今回は参加できなかったアスパラ子ちゃんにはみんなから声援が送られていましたよ。 いつもの元気印のアスパラ子ちゃんはその場にいてもいなくてもみんなの中心にいます。 キャラの立った人物で目一杯だった3Cはおろか、54期生を見回してもあなたのようなキャラの立った人物はいません。 次回の同期会を3年後にするか、2年後にするか、1年後にするかの相談では1年後を希望した人が一番多く、3年後を希望する人はいませんでした。 そろそろお別れの時がすべての仲間に忍び寄っているのです。 でも、それを悲しむのではなくて、今生きていること、これまで生きてこられたこと、これまで楽しかったことを考えて、残された時間を大切に生きることにしましょう。 それは誰にとっても同じことなのですから。
改めてこの掲示板をのぞいた方、まだ書き込みをしたことがない方、これからはどんどん情報発信してくださいね。 すでにどこかで一度書いたことがあるのですが、越冬のためにシベリアから砂漠を越えて、ヒマラヤの越え、インドに向かう鶴の群れ。 一羽では飛び越せないヒマラヤもみんなで掛け声を掛け合って飛べば8000mの峠を飛び越えられる。 でも、最後に飛び越えるときはもちろん一羽ずつだ。 僕たちもフォークダンスをおどるように手を取り合って勇気付けあいながら三途の河を渡れば怖くない。 たとえ渡るときは一人でも。 後ろには仲間の声援があり、彼岸には先着組みがまっている。 そこではすでに忍の54期同期生の会ができているだろう。 幹事がきまらないでもめている可能性もあるが。 万年幹事さんが全員渡りきるまではあちらではなかなか同期会がうまくまとまらない可能性もあるのがやや心配。 あ、そうです、今の万年幹事さんは向こう側でも幹事になる運命となっています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1713/1715 《前のページ | 次のページ》
/1715