teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/2146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ミラベルか、ほんとに?

 投稿者:川井 浩  投稿日:2021年 4月 3日(土)07時29分9秒
  通報
  別のスモモの花の花粉をはたきに擦り付けて、この、ほんとにミラベルかどうか不明な樹の花にぱたぱたとこすりつけてから約10日ほどですが、このぐらいの実に膨らんできました。 早くも美の先のほうが、黒ずんできている。 なんだか、ミラベルらしく無い気がする。 ミラベルって、もっと、淡い黄色か、薄いグリーンの実のはずだから。 で、以前から気になっている、葉の形が、ネットで見るミラベルの葉とは、ぜんぜんちがう。 それでも、ミラベルにもいくつかの種類があるに違いない、と、勝手に、相手にミラベルであることを強要しているひろし。

自分の理想を押し付けるタイプの人にはなりたくないけど、まだ、内心では、この樹がミラベルではないことを恐れている。 確かに、倉庫の裏庭、といっても、幅60センチほどの、倉庫の南側の空き地で、日当たりだけはとてもいいので、大家さんは雑草駆除の除草剤を毎年がんがん散布していた場所だから、何かの芽がでればそれだけでもうれしいのですが、で、この場所には、あんずとか、ミカンとか、なんでも、食べたあとに残った種を、とにかく、埋め続けてきたので、なにがしか、昔食べて、それなりにおいしかった果実には違いない、と思ってはいるものの、できればミラベルであってほしいという希望はまだ捨てきれない。 実際は、カラスかハトが、どこかの庭か、野原で食べた野生の食用ではない何かの樹の実が、糞から根付いた素性のしれないくだらないものなのかもしれない、という危惧の念もぬぐい切れない。 あ、疑っちゃっってごめんねミラベルちゃん! と言われても、リンダ、困っちゃうなー。

そういえば、別の写真は水仙。 春の花。 母を近所のアパートに住まわせていた時に、母が軒下に鉢植えしていた水仙を、養老院に入居させるため、アパートを引き払ったときに、捨てるのもかわいそうなので、倉庫の南側の空き地に移植したら、どんどんと増えているもの。 で、春先に一斉に開花する様は素敵なんだけど、なんだか、よそ様のお庭で見る水仙と、どことなく風情が異なるのは、ほかの家の水仙は、一斉に、日の当たるほうを向いて咲いているのに、僕のところの水仙は、一斉に違う方向を向いて咲いている。 地磁気の影響か、さてまた、福島原発の影響か、と一瞬不安になったのですが、どうやら、よく日の当たる倉庫の壁が白く反射するので、一部の、水仙は太陽と逆の方向を見ていたり、一部の水仙は、太陽を見ていたり、一部の水仙はどっちを向いていいのかわからないので、混乱して、どこを向いていいかわからないので、あらぬ方角を見ている、ということのようで、それが、いつも抱いている水仙の咲き乱れる印象を大きく乱していて、なんとも雑然とした、渋谷の交差点状態になっているということがわかった。 いわば全方向に向けて咲き乱れる水仙、うーん、なんか変。 来年は後ろの壁を黒く塗ってやろうかな。 あ、そんなことをしたら、大家さんに叱られる。 めんどくせー水仙。夏には球根を掘り出して、すずしい、八ヶ岳の山小屋のわきに植えてあげよう。 そっちで、一斉に太陽に向いて咲いてほしい。

 
 
》記事一覧表示

新着順:9/2146 《前のページ | 次のページ》
/2146