teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/1938 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

食欲の秋に乾パン

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 9月16日(水)07時20分46秒
  通報
  マンションの住人の持ち回りで、今年はまた理事会のメンバーになりました、というか、させられました、という感じですが、もう2回も理事長をやったので、ことしは監査役ということで勘弁してもらったのですが、ごっそりとくる予算表や、実績表、預金・支出は適正に行われたなどという、チェック役なのですが、こういうのが一番苦手な僕は、こんなことなら理事長のほうがましだ、とも思ったりしてますが、いやいや理事長のほうが大変です。
まあ、いやいややっているわけですが、今年の懸案事項の一つが、天災の時の、マンション組合としての備蓄の更新の時なのです。 具体的には1家族に1日分の非常食の更新を初めて行うわけです。 で、その非常食の内容は、5年間保管可能な水、大ボトル2本、と、乾パン5枚入りが5個。 これで、一日過ごすのか、と考えただけで気が重くなります。戦争反対! と叫びたくなる。 まぁ、非常事態はいつ起こるかわからないので、やむなし。
で、それらを廃棄するのではなく、マンションの各家庭に配布するということになり、我が家でももらいました。 で、しばらく、だれも手を付ける人はいないので、子供のころにたべたことがある乾パン、あの、口の中がからからになり、粉でむせそうになるあの乾パンをおそるおそる開けて食べてみたら、あの子供のころに食べた乾パンと全く同じで、なつかしさ、というほどのものではないにしても、一度経験した、口の中がからからになって、かじった粉でむせそうになる、いや、むせました、記憶がよみがえってきました。 脳は、このなんとも味気ない印象をどこかに覚えていたのが面白かったです。
5年間保管可能な水のほうは普通に飲めるどころか、カルキの味がしないので、かえっておいしい。 で、水はOKにしても、この乾パン。 何とか、味わって、満足することはできないのか。。。 娘が仕事場からもらってきたぶどうゼリーを載せて食べたら、あ、結構いける。 家内の飲むコーヒーに横から手を出して、そこに浸して食べればおいしそう。自作のプルーンジャム+ヨーグルトなどを載せてたべると、さくさくとした食感のすぐあとに、消防隊が出現して飛び舞う粉を収めてくれるので、粉でむせることも無い。 これは、いけるぞと見直して、乾パンを食べるのが楽しくなってきたところで、2枚目を食べようとしたら娘に、そんなに甘いものを載せてでんぷん質・糖質を取ると太るぞと脅かされ、2枚目は自粛。 今度、何を載せて食べるか、バナナを載せて食べてもいいかもしれないとか、別の味付きヨーグルトをのせてみようとか、桃の季節には桃なんかいいなー、などと、膨らむ期待とアイデアに、さあ来い乾パン、Welcome! ほかの家庭でもしかして廃棄されてしまう乾パンがあれば、もらい受けますよ、という掲示を書こうか、という発想まででてきて、それは慌てて自ら消去したところ。 しかし、それにしても、各家庭の備蓄は必要だと思います、ということと、いまどき、乾パンを1日分非常食として保管する意味合いはどこまであるのか、という根本的命題にたどりつき、うーん、無くてもよさそうなかなりしてきています。 で、わざわざ乾パンを買いにでかけるか? 自分でも備蓄用に乾パンを買うか? うーん、微妙。 たぶん、買わないなー。平和ボケか? やっぱりあったほうがいいか? あ、あったほうが、期限がくれば捨てずに食べないともったいないから、いろいろとおいしく食べる工夫をする。 やっぱり、買いに行こう、という気分が高まってきました。 やっぱり秋なのかも。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/1938 《前のページ | 次のページ》
/1938