teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:12/1516 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タンゴ

 投稿者:クール子  投稿日:2019年 2月 9日(土)11時11分3秒
  通報
  タンゴの曲はたいてい、なぜかノスタルジックな気持ちにさせてくれて、
ちょっと悲しいような、寂しいような気持になることがありますね。
これまで何気なく聞いてましたが、アコーディオンがかなり演奏に使われていたせいもあるのか?

ダンスではタンゴは結構難しいようで、苦手な人が多く、タンゴの曲がかかるとダンスフロア―が空く。
そこで、踊れる輩が恰好を付けて動き回り、もひとつの人は観客にまわってみているなんてのもタンゴならでは。
私目は結構恰好を付けて踊らしていただいたほうですが、最近は体が恰好つけて動かなくなってきたので、
聞き役の方に回ろうと考えてます。(別にどうでもよいことではありますが)
ついでに、ダンスで時々かかっていたのですが、題名がシエルト・リンドとかいうのがあったと思うのですが、
これ題名があってればですが、私の好きな曲であんまり滅入らないタンゴの曲です。
多分アルゼンチンタンゴかなんかの曲と思いますが、かなりいい加減な記憶で話していますので
信用しないでください。 責任持ちません。
こちらは中南米が近いせいかアルゼンチンタンゴが主流。ところ変われば品変わるでもないですが、
ヨーロッパのタンゴとはやはりちょっと感じが違うかな。
そういえば「議会は踊る」だかなんだか忘れましたが、昔々我々の親の世代に流行った映画がありましたが、
これはヨーロッパの映画だったような気がする。
その主題曲だったような気がしますが、?・クンパルシータとかいう曲がありましたよね。
これはタンゴのクラシックなんでしょうか。歌詞はあったかどうか覚えていませんが、
皆さんも聞き覚えあったと思います。最近あまり聞きませんが、割と好きな曲。
私はこの映画観てないのですが母親が時々話をしていた、懐かしい曲です。

ポーランドの30年代のタンゴは時代を反映しているのか、なにか悲しくやるせない、ちょっと悲観的な感じがしちゃうけど、もう少し明るい曲ないのかしら。
となんだかわからない投稿文になりました。






 
 
》記事一覧表示

新着順:12/1516 《前のページ | 次のページ》
/1516