teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:156/1429 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

果樹

 投稿者:布施院  投稿日:2018年 5月 7日(月)09時25分31秒
  通報
  クール子さんのリンゴと思った木に梨がなったときの焦りようを想像しておもわず噴き出してしまいました。

あのBingチェリーという黒くて甘いサクランボ大量に採れるなんて夢のようです。 サクランボの花は、桜の花を思えばいいのですが、まぁ、桜にもいろいろな種類があるのですが、Bingチェリーの花は白いのも濃いピンクになるのもあるのかな?

で、やはりサクランボの季節は短いわけですね。 温室栽培とかできないでしょうから、自然の季節の通りに出てきて終わる、ということなのですね。

僕らの忍岡の時代は人生におけるサクランボの季節だった、とも言えるかな。

実のなる木はちゃんとした実をならせるには手間もかかりますが、花も実も楽しめるので、植えると楽しいです。

昨日は、キーウィーの摘果をしました。 去年はせっかく結実した実を摘果するのに躊躇してのこしたあげく、すべての実が小さくなってしまったので、ことしは思い切って1か所に1つしか残さない徹底した摘果をしました。 実る実の数は減るけど、ちょっとは大きめのキーウィーになることを期待しております。 プルーンは冬場の剪定を怠ったので樹勢は大きくなたけど、結実した実が少ない。 プルーンは梅の種類なので、選定は必須のようです。 桜切るバカ梅きらぬバカという言葉もあるようです。
日当たりの悪い場所に植えてある柿がやっと初めて結実。 桃栗三年柿八年とはよくいったものだ。 去年3つしか結実しなかったみかんは今年はかなり多そう。 隔年で収穫量が増減するようです。 去年はその3つしかならなかったみかんも通行人に取られてしまったが、ことしは半分は残るだろうと期待が持てる。
これまた選定をおこたったデラウェア(ブドウ)は、垣根の果樹のほうぼうに絡みつき、ジャングルの蔦状態に暴れまくっていて、ことしは垣根はデラウェアだらけ、通行人も食べない、状態になりそう。

そんな、果実を収穫できるように、仕事も頑張らないといけない。。。
 
 
》記事一覧表示

新着順:156/1429 《前のページ | 次のページ》
/1429