teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 音楽(10)
  2. 趣味・レジャー(4)
  3. グルメ・ドリンク(3)
  4. 政治・経済(2)(12)
  5. 歴史(2)
  6. 政治・経済(31)
  7. 旅行(3)
  8. 紹介したいYou Tubeビデオ(1)
  9. 自然破壊、環境破壊、エコロジー(0)
  10. CO2が地球温暖化の元凶なのか?(0)
  11. 近況報告(0)
  12. 医療・健康・ケガ・病気(0)
  13. 新規スレッド提案コーナー(0)
  14. 忍岡時代の思い出(0)
スレッド一覧(全14)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1564/2428 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アルプス散歩でみかけたもの

 投稿者:川井 浩  投稿日:2016年 8月16日(火)00時25分32秒
  通報
  小鳥の小屋ならぬ蜂の小屋。 蜂が住めるように蜂小屋を方々に掛けている。 自然のよりよい循環のためと書いてある。 蜂が花を求めて飛び交えば、受粉が促進され、果実・植物がより多く実り、それが、小鳥の餌にもなり、動物の餌にもなる。 もちろん、果樹園の果実もより多く実る。 小鳥や動物が増えれば、さらにそのフンから種が方々で芽を出し、植物界も豊かになり、動物の生息にも有利になる。 で、自然が豊かになり、地球の温暖化を阻止できる。 それにより人類の争いの種が減り、世界に平和が訪れる。 とまでは書いてないけど、小さなことから世界を良くしていこう、できることからしていこうというメッセージは十分伝わりました。

小さい野イチゴがいっぱいなっている場所がありました。 Wild Strawburryで、直径5mmほどの小さな実ですが、お散歩で疲れた体にはその甘さが心地よい。

アルプスの牧場の電気ショックの柵を潜り抜け、ハイキングコースの脇で自由を満喫する子牛。 日向で、餌の葉っぱに囲まれて、これ以上の幸せは無いという表情の子牛。 顔にとまってくるハエとアブだけがちょっとうるさいだけ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1564/2428 《前のページ | 次のページ》
/2428