teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 自然破壊、環境破壊、エコロジー(0)
  2. CO2が地球温暖化の元凶なのか?(0)
  3. 政治・経済(2)
  4. 趣味・レジャー(1)
  5. 近況報告(0)
  6. 医療・健康・ケガ・病気(0)
  7. 旅行(0)
  8. グルメ・ドリンク(0)
  9. 新規スレッド提案コーナー(0)
  10. 忍岡時代の思い出(0)
スレッド一覧(全10)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1595/2378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タッピーさん、ようこそ!

 投稿者:川井 浩  投稿日:2016年 4月 9日(土)19時28分20秒
  通報
  こないだの同窓会ではお話するチャンスが無くて、残念でした! 僕は、お花大好き人間ですので、静物画としての花も大好きです。 現実のカラーなのか、タッピーさんのイメージの中のカラーなのか、わかりませんが、とても素敵なカラーコンビネーションですね!

http://www.a-root.jp/sekison/usui/usui.html

お花も大好きですが、今回は、大胆にも裸婦の大行進! 自分のなかで、花も好きだけど、裸婦も好きであるということを発見しました。 まぁ、その好きという内容は十分吟味が必要ですが。。。

今、5日間の大阪出張を終えて、帰宅する新幹線の中にいます。 大阪の見本市会場はインテックス大阪といって、南港に近い見本市会場ですが、そこにも裸婦の銅像が何体も立っているのです。

かねがね、裸婦という題材を描いたり、造形したりすることにある種の疑問をもって68年間生きてまいりました。 人は、なぜ、裸婦を描くのか? あるいは、彫刻するのか? で、どの裸婦もおしなべて、セクシーじゃない。

だんだん、タブーの域に近づいている自分を感じていますが、男性としては女性の裸体を見れば、期待される行動がDNAに焼き付いているので、当然のごとく、男性としての役割を強く意識し、その役割を果たそうとするものの、人間の理性というか、社会性というか、しがらみのなかで、本来の男性としての期待される行動を、心ならずも制約せざるを得ない事態に遭遇する。

そこで、男性は悩む。 自分は期待されているのか、あるいは、期待されていないのか?

ましてや、女性が描く女性の裸体というものにはどのように接すればよいのか? これは、誘導尋問なのか? ずるい女性のわななのか? それにしても、なぜ、女性の描く女性の裸体はこのように男性にとっては、本来の男性に期待される行動を抑圧するような効果を持つ絵になるのだろうか? それは女性のジェラシーなのか? 男を生け捕りにするためのわななのか?
男に埋め込まれたDNAを殺して、社会的に求められるモラルを確認するためのフィルターなのか? 裸体画とポルノグラフィーとの境目、違いはなんなのか? 女性の体というものを物体としてみろという拷問なのか?

あるいは、西欧の絵画の伝統として、純粋に絵をかくための技術を学ぶための肉体を客観的に描くための練習ということなのか? レオナルドダビンチの歩んだ道を歩みなおせということなのか?

なぜ、デフォルメしても構わないから、ニューヨークの近代美術館のモジリアーニの裸婦のような女性の魅力を前面に押し出した裸婦を描かないのか? Playboy MagazinのVargasのようにモダンな女の子ののピンアップガールズ風の絵を描かないのか、あるいは、もっとアンドリュー・ワイエスのようにもっと写実的に描かないのか?

一般的な、裸婦像は男性にとっては、かなりつまらない女性として描かれている。 せっかく女性に備わっている、美しさ、チャーミングな魅力、コケット、危うさ、嘘、ずるさ、そのような、女性の特性をすべて消し去って、なにか物体を描いているような、あるいは、モデルとしてきてますけど、いやいや脱いでます、という気分がこちらにも伝わるようなそんな絵が多い

どうしてなんだろう?

中世において、あるいは、かつて、写真とかが無い時代の裸婦の画はブルジョワの男性のいわばポルノグラフィーだった。 レンブラントも、第二婦人を愛情をこめて書いたように言われているが、いわば、夫人をポルノグラフィーのモデルとして描き、多額の報酬を得ていたといっても過言ではないと考えています。

それは、単なる裸婦のスケッチではなく、愛情を示すまなざし、あらわな胸元、それらを大胆に描写した光と影の魔術師レンブラントの絵だ。 これがポルノグラフィーでなくして何だろう。

あ、また、タッピーさんに議論を吹っかけている自分を感じる。 同窓会で、議論を吹っかけそこなったせいではありませんが、こんな、下種な男の裸婦像に対するコメントに、君は芸術家としてなんと答えるだろうか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:1595/2378 《前のページ | 次のページ》
/2378