teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 自然破壊、環境破壊、エコロジー(0)
  2. CO2が地球温暖化の元凶なのか?(0)
  3. 政治・経済(2)
  4. 趣味・レジャー(1)
  5. 近況報告(0)
  6. 医療・健康・ケガ・病気(0)
  7. 旅行(0)
  8. グルメ・ドリンク(0)
  9. 新規スレッド提案コーナー(0)
  10. 忍岡時代の思い出(0)
スレッド一覧(全10)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1796/2378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

びわの花が咲いた

 投稿者:川井 浩  投稿日:2014年12月23日(火)08時39分37秒
  通報
  もう6-7年経ったのだろうか、認知症気味の母が近所のU字溝のつなぎ目に根を張っていた10cmほどのびわの苗を哀れに思い、それを軒先の小さな鉢に植え替えて水をやっていた。 母はそれがびわの木の苗だとは知らなかったようだ。
びわといえば、伸びれば10mを越す大木になる木だし、直径10cmほどの植木鉢では所詮、盆栽にしかならないので、それを会社のコンクリートの敷地と道路の6-7cmほどの隙間の地面に移植したのだった。
そのびわの木が2mほどの高さまで伸びて、今年は初めて花を咲かせた。 甘く独特の香りのする花で、なぜか真冬に咲く花なのです。 本来は温暖な地域で栽培される植物なので、千葉県柏市はもうびわの北限に近いかもしれない。
実のなる5月6月ごろが楽しみだ。

一方、それとは別に去年の初夏に食べたびわの種をこれまで雑草しか生えてこない倉庫の裏手の細い空き地に埋めておいたものから、4本ほどのびわの若芽が発芽した。 大家さんが毎年除草剤を撒いている場所だからこんな若芽が無事に育つかどうかわからないけど、また7-8年したら実をつけるようになるかもしれないと密かに思っているところ。実は、この場所には、すでに、これまで食べたいろんなフルーツの種を捨てずに埋めてあり、びわの次には何が生えてくるか、闇鍋的興味深々。

2月にはイチジクの小枝を選定するので、その切った小枝を挿し木にする計画で、この場所がイチジク畑になる日も近い、かもしれない。 それでドライイチジクを作る計画なのだ。 ただ、この狭い地面のとなりは大型駐車場なので、毎日多くの人が出入りするため、カラス、ヒヨドリ、などの野鳥の鳥害のほかに、通行人の害が想定されるのがつらいところだ。 結局、鳥や通行人の残り物があればありがたくいただく、ということになりそうな予感。

さて、サウンドオブミュージック、確かに、これはいつ見ても飽きないし、うれしい気分になる映画ですね。 ミュージカル分野でも最大の観客動員数を稼いだ以外に、映画史上最大のヒット作品の一つだ。 これまでの様々なミュージカル映画がほとんど霞んでしまうほどだ。

こちらはそのオリジナルのVon Trappファミリーの歌だ。
THE TRAPP FAMILY SINGERS -- Es Wollt Ein Jagerlein Jagen
https://www.youtube.com/watch?v=8EdFHBOwMOE

実際のVon Trappファミリーはアメリカに渡り結構辛酸を舐めたようだが、映画はそこまでは作り込んではいない。
ある家族の光の時代の一小節が映画になって表現されているということなのだろう。 ただ、そんなことを知るにつけても、よりこの映画が幸せを期待させるところで終わっていてくれることに感謝したくなる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1796/2378 《前のページ | 次のページ》
/2378