teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1136/1715 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

祝 画像投稿成功

 投稿者:川井 浩  投稿日:2014年12月16日(火)00時07分42秒
  通報
  画像投稿ご成功おめでとうございます。 今後は、前よりは時間がおありとのことですので、文字+画像のご投稿を心待ちにしております。

さて、放置プレーのポインセチア、結構元気に生き延びましたねー。 色合いが、真っ赤では無くて、どこか、やつれた感じの淡い色合いになっているのは光の加減なのか、もともとそんなエレガントな色合いなのか、今年のどこまでも赤いポインセチアと比べるとずいぶんと趣が違いますね。 真っ赤にするには栽培上なにか工夫があるのかな?

日本でもクリスマスが近づけば真っ赤なポインセチアがでてくるのは、この時期に鮮やかなこの赤の色合いや、それがサンタクロースの服装の赤を思い起こさせるためだろうか?

たしかにこんなに大きなクリスマスツリーは日本の家屋ではなかなか場所がないですね。 以前、ドイツにいるときに、本物のモミの木を使ってクリスマスに飾ったことがありましたが、モミの木の葉先は結構鋭くとがっていて、触ると痛い。 1週間以上たつと、そろそろ枯れた葉先が床に落ちて、絨毯に葉先を上にして刺さっていたりして、靴下の上から刺されたりして結構悲鳴を上げていたことを思い出しました。 本物のろうそくをつけたら、乾燥したモミの木に引火しそうになってあわてたこともありました。

そんなわけで、最近はもっぱらプラスチック製の小型のもので代用しており、実物と違うという不満よりは、お手軽で、刺されないというメリットを享受しております。 もっとも、モミの木の葉が落ちるのは、根の無い、茎を切り取った木だからで、根の付いたものであれば葉が落ちることは無いと思い、あるとき、卓上用に30-40cm程度の高さのモミの木を買ってきて、クリスマスツリーにしたことがありました。 一年中卓上に置くわけにもいかず、当時は庭も無かったので、八ヶ岳の山腹に植えたのが15年ぐらい前だったかな。 今では、それが、7-8mか10mほどの大木に育っていて、飾り付けもできない大きさになっているのがおかしい。

数えたくもありませんが、あと2週間で2014年が終わり、2015年がスタート。 長い一年だったか、短い一年だったか、皆様はいかがだったでしょうか?

 
 
》記事一覧表示

新着順:1136/1715 《前のページ | 次のページ》
/1715