teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 趣味・レジャー(1)
  2. 近況報告(0)
  3. 医療・健康・ケガ・病気(0)
  4. 旅行(0)
  5. グルメ・ドリンク(0)
  6. 政治・経済(0)
  7. 新規スレッド提案コーナー(0)
  8. 忍岡時代の思い出(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1867/2364 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Adios Nonino

 投稿者:布施院  投稿日:2014年 2月27日(木)21時00分39秒
  通報
  Astor Piazzollaを知らない人はいない、と思うのは間違いで、僕も数年前までは知りませんでした。 うっそー! といわれても、仕方がない。 知らんかったものは知らんかった。
で、彼のヒット作品はリベルタンゴ。 どこにいってもリベルタンゴ。 それはそれでOK。でも、僕が一番ぐっと感じるのはこれ、Adios Nonino。 NoninoとはAstor Piazzollaのパパの名前。 お父さん。 Nonino、つまりお父さんを亡くした悲しさや思いでや、いろいろな人には言えない、Astorの気持ちをを歌った曲なのだ。 僕はリベルタンゴの100倍もこの曲が好きです。

で、話変わって、オランダのロイヤルウェディング。 皇太子の奥様になられたのは生まれも育ちもアルゼンチンのMaxima。 彼女のパパは旧ナチスに協力したという疑いがもたれ、最愛の娘Maximaの、ロイヤル・ウェディングに出席することをができなかった。 アルゼンチンといえばタンゴであり、バンドネオンであり、ピアソラだ、ということで、恐らく彼女のリクエストで選ばれた曲がこれだ、Adios Nonino。 ピアソラが無き父をしのんで作った、いわば葬送曲を結婚式に選んだのは彼女が愛する父がこの幸せな結婚式に参列できなかった無念さを表現したかったのではないか。 彼女の涙は幸せと、パパへの愛情の両方ではなかったか。 胸がジーンとくるシーンだ。 いろいろな理由でオランダのロイヤル・ウェディングに参列できなかった方のためのYou Tubeがこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=wwiekn83PbY

オランダのAndre Riewu楽団がアルゼンチンのブエノスアイレス公演をしたときに知り合ったバンドネオン奏者 Carlos Buono をAndre Rieuの故郷のMaastrichtの演奏会に招待しているCarlos BuenoのAdios Nonino。 Andre RieuもこのRoyal WeddingとMaximaの涙をReferしている。 そのWeddingを知る人は涙している。 あるいは、愛する父を亡くすということに涙しているのかもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=wyRpAat5oz0

音楽は人の心を動かすものなのです。 今日は、これを練習だ!
 
 
》記事一覧表示

新着順:1867/2364 《前のページ | 次のページ》
/2364