teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1306/1716 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本の歌

 投稿者:布施院  投稿日:2013年 8月16日(金)18時00分46秒
  通報
  そういえば、ピーター中野さん制作のラジオ番組のつなぎで流された日本の歌の数々。 どれも、心にしみるいい歌ばかりでした。 改めてわが祖国を思うとき、そこにあるのは優しさや、人の情けだなぁ、などと、超日本人的センチメンタリズムに陥る私ですが、これは本音です。

でも、日本を取り巻く世界の状況は過酷であり、予断を許さない。

日本の防衛は知恵と努力でやってかなきゃなんない。 アメリカ、ロシア、中国、その他の外国にすべての情報が読まれてしまっている我が国がちょっとやそっとの武器を配備したところで、今の若者がその武器を持って立ち上がることもできない、資源も無い我が国は、むしろ情報開示、世界に向けて凛とした姿勢で生きることを示して、挑発には乗らず、世界に根を張った教育と人脈を作り、次元の異なる生き残り戦略を考えなくてはならない。

むしろ、昔の日本の歌を聴いてしんみりしている時ではなく、知恵と人脈で世界に打って出る教育と戦略が大切だ。 残念ながら、ノスタルジー、ルーツとしての日本の歌は大事にしたいが、世界の歌を聴いて、世界を理解しないと、帝国陸軍の失敗から何も学ばなかったことになる。

その意味での語学教育はもっと真剣にやらなければならないし、世界史も必須だ。 海外留学を10倍にしなくてはならない。 もっとも、海外にでてみると、日本人部落を作り、日本人だけでグループを作り、集まって日本食をたべているダメ組がなんと多いことか。 目を覆いたくなるほどだ。 日本人としての誇りを持てとかいう言葉もあるが、日本人としてではなく、人として誇りを持てる生き方さえできれば、国籍、人種を問わず、根無し草になる恐れは無いはずだ。 人として誇れる生き方ができる人がこの国に多くいてこそ、誇れる我が国と言えるわけで、わけのわからない祖国という言葉に踊らされて特攻隊に入隊する必要は無い。 あほのために死ぬ必要はない。 別の選択があるはずだし、それができない国のために死ぬ必要は無い。

ただ、そのためには、世界の事情に目と耳を開けて、正しい判断をしていく英知が求められる。 惰眠と駄食と独りよがりの世界観からは無知による取り返しのつかない間違いが起きる。 残念ながら、日本の歌だけを歌って抒情に浸っていられる状況ではなくなっているのが現実だ。 残念ながら。 
 
 
》記事一覧表示

新着順:1306/1716 《前のページ | 次のページ》
/1716