teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


遅い秋

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月14日(日)05時15分30秒
  八ヶ岳山麓1300mでは、やっと紅葉・落葉が見られるようになってきていました。 カラマツにからみつく蔦は紅葉してあでやかな衣装のよう。 宿っていた木の葉が落ちて、丸見えになったヤドリギ。 公園の芝生に落ちた落葉の掃除をする人の芸術作品か、落ち葉河。

10月も半ばとなり、山では秋が進行中。

とはいえ、先般の台風21号、それに続く強風・猛風、狂風だった台風24号の影響がそこここにあり、森の大木が根こそぎ倒されたり、幹の途中から折れていたり、自然の猛威はものすごいものだといことが思い知らされます。 フロリダのハリケーンもものすごかったようですね。 カリフォルニアの山火事も史上最大との情報ですが、今はもう治まったのでしょうか? 
 
 

Polish Tango

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年10月12日(金)08時34分3秒
  1930年代のポーランドの気分を濃厚に伝えるPolish Tangoの調べ。

この曲に続く曲も、続けて聴いてみてください:
Tango polonais...- original: Orch. Henryk GOLD !
https://www.youtube.com/watch?v=d_IPt57W8Cg&list=RDd_IPt57W8Cg&start_radio=1&t=177

こんな曲もでてきます:
"Pamiętam twoje oczy" - Krzysztof Jakowicz, Tangata Quintet, 2005 !
https://www.youtube.com/watch?v=BNE0FHFtWPU&list=RDd_IPt57W8Cg&index=6

 

仕事納め

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月 9日(火)21時24分1秒
  最近、大学の同期生のMini同期会をやったときに、元の女学生たちは、もう大概は仕事をしていないのですが、で、どんな生活ぶりかというと、スポーツジムや、友人とのおしゃべりや、なんやかやと、結構Scheduleが目いっぱいに詰まっている様子でした。 きっと、ジャカランダさんも相変わらずお忙しい日々をおくることになりそうな気がします。

最近、わが社に入社した男性は78歳。 土日はジムでベンチプレスほか3時間汗をながすそうで、僕よりもずっと元気。 いったん仕事はやめても、人生、いろいろとやることが待っているようです。

垣根の蔦を取り払い、巨峰の房が見えたところで、早速、一房、消えていました。 というか、ブドウのつぶだけ消えていて、房の茎は残っている。 どうやら、垣根で、一粒づつ賞味をしていった方がいたようです。 (ありがとう、御馳走さま、といわれたことにして)どういたしまして!
 

晩夏便り

 投稿者:ジャカランダ  投稿日:2018年10月 9日(火)18時58分39秒
  先週5か月も無かった雨が降りました。でも10分ほどザーッと降っただけでがっかり。でもやっと涼しくなりました。今年はキュウリも、茄子もトマトも不作。インゲン豆、スイカとスイスチャードが良く出来ました。7メートルほどツタののびたSugar Pieはたった2個でなんてことはない日本のカボチャでがっかりでした。10月31日はHalloweenです。会社に辞表を今日メールしました。最後の日と決めたのが知らずにその日に当たります。皆で笑える仮装Party にしてねと頼みました。めそめそしなくて派手に退社出来そう。自分はどんな衣装にしようかと今思案中。その夜は孫達も家にきてTrick or Treat に回り賑やかになるのでさらに特別に思い出深い新しい人生の角出にふさわしい日になります。この仕事を37年間しましたので辞めるのは大袈裟ですが清水の舞台から飛び降りるほど正直言って不安です。これからの楽しみもありますが。座って朝食を食べられる日が来るのですが食べ過ぎる日々になるといけないなーとか、ボケが進むかなーとか取り越し苦労の性格で厄介です。最近見た物聴いて感動しましたたものは、DVD: 新版シェルブールの雨傘、”Maudie” (画家 Maud Lewisの人生)主演の Sally Hawkins、旦那役のEthen Hawk の演技が最高で二度も繰り返しみました。)”Incendies" コンサート: ”Karapana”Hawaiian Rock band 実演、”Joe Bonamassa カーネギーホール”Blues ギター/singer KCET TV  両方ともギターと唄が素晴らしい…新しい発見。U-tubeで聴いてみてください。 今週は近くの映画館で”Star is Born" Lady GaGa 主演を見る予定。そんなわけで相変わらず家のガラクタと読みかけの本がたまっています。

話は飛んで、柿の盗難防止に監視カメラとか本物でなくてもサインを置いておくとかどうでしょうか?それともレーザー線を張って手をだすとBeepが鳴るとか。これから成る我が家のみかんも 鳥、ネズミかリスにやられてこまります。
 

手の届く距離

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年10月 9日(火)07時20分30秒
  覆いかぶさっていたぶどうのツタを払い除けたら、柿の木は思いのほか実をつけていたので、♪かーきがなった、かーきがなった、黄色いかーきぃがー♪ それも手の届くところにたわわに、と喜んでいたのですが、それは見知らぬ厚かましい通行人にも都合の良い、手のとどく距離であることに気がついて、かわいい娘が変な奴に捕まらないといいという親心に似た気分になり、そっちのほうが気になりだしてしまった。

とはいえ、やはり気になるのは、柿。 色づく前に収穫してはちょっと味が不満。 色づいてからでは盗まれる。 やっと、最近、来なくなったハクビシンに代わって、鼻筋が白く無く、2本足歩行するホモサピエンスのおやつとなる可能性がでてきた。 ホモサピエンスに、黄色く色づいて微笑む柿に手を伸ばすな、と思い止まらせるのは、容易ではない。

渋柿です、という札をぶら下げても、効果は望め無いし、あなたの心を捨て無いで、みたいな標語をかかげても、そんなモラルがあればこそ、手を伸ばすことはないわけで、なんとなく、不特定の通行人を疑いの目でみてしまう我が心の狭さが、悲しくなってしまった。

実らせるのにどれほどの苦労をしたのか、と、言われれば、肥料もあげていないし、半日しか日が当たらないのに、よく育ってくれて、孫まで作ってくれた、自慢の娘みたいなものだから、ハシゴに登らないと取れない、高いところに実っている柿が残ってくれれば御の字、と、観念することにしよう。

それはカラスがもっていく、なんてことになったら、そのときは、怒るよ!

あ、以前、カジッタさんちの別荘の柿もぎに呼んでもらって山ほどの柿をいただいたことをおもいだしました。 わざわざ人を呼んで柿をわけてあげる、ぐらいにならないとだめだなー、と、だんだん恥ずかしい気持ちが湧いてきました。
 

皇帝ダリアの復活

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月 7日(日)14時32分54秒
  台風で倒れた主幹の脇にでた若芽の幹も、台風でぽっきりと折れてしまった皇帝ダリア。
で、文字通り、首の皮一枚でつながっていたので、そっと、そのその側の皮一枚のほんのわずかなつながりをちょっと伸ばしてあげて、翌日見てみたら、なんと、ぐんなりと萎れて、枯れるのを待つだけだったような枝葉が、なんと鎌首を持ちあげるように蘇った。
瀕死の重傷を受けてなお立ち上がろうとするその姿は、さすが皇帝!
もう、ひろし感激! このままなんとか、花を咲かせるところまで行ってくれというのはちょっと欲張り過ぎかもしれないけど、台風なんぞにゃ負けないぞという生きざまをみせてほしい。
と、半分は自分に言い聞かせているところです。
 

実りの秋

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月 7日(日)14時14分43秒
  ぶどうの豊作のあとはいよいよ柿が実りを待っている。 実るタイミングをギリギリまでまって、先に取るのが通行人か僕かの、勝負がもうすぐはじまる。  

チャイ進化中

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月 7日(日)14時10分58秒
  ミルクティーに、シナモン、カルダモン、クローブ、ジンジャー、それに、ナツメグを入れることで、チャイがさらに進化を遂げました。
もっとも僕はカフェインに弱いのでルイボスティーをミルクティーにして、これらのスパイスを加えるわけですが、これがいけるんですよ。
もうやめられません。 あ、中毒傾向が見られるのかなー?
 

台風一過

 投稿者:布施院  投稿日:2018年10月 7日(日)14時04分5秒
  台風の前は雨が降って肌寒かったけど、台風去って、さわやかな秋風と思いきや、33℃まで上がる真夏日! これが10月7日の気候で、いいのだろうか。。。秋の日のビオロンの音はまだ遠い。

ほぼ快晴の空で、日光連山まで見えている。 空気は洗われてキレイだが、日差しが強く、革ジャンでバイクに乗りだしたが、途中でTシャツ一枚に変更。 半ズボンがほしいくらい。

 

ジョーン・バエス

 投稿者:クール子  投稿日:2018年10月 7日(日)03時45分11秒
  ピート・シーガーの名前はちょっと記憶がないのですが、
ジ ョーン・バエズとは懐かしい名前ですね。反戦運動歌手の代表みたいでしたね。

この人のコンサートを一度見る機会がありました。もう30何年前になります。
オレゴン州にユージーンという大学町があり、今もそうかもしれませんが、そのころは
リタイアした人、ヒッピーの成れの果て、リベラルが住んでいるので知られていた市です。

彼女もうプライムの時期を過ぎて結構中年の感じ(私たちよりちょっと年上?よくわかりませんが)、町の小さな劇場でコンサートをしたのですが、会場は小さいせいもあって一杯。
きれいな声で、いろいろ歌ってくれました。We shall overcomeもその一つ。
ただ残念だったのはこの人最後のアンコールの声と拍手が鳴りやまないのに、
絶対に出てきておまけの歌を歌ってくれなかったのです。
リベラルの街だから付き合いにちょっと出てきて歌っただけで、もう人気取りも必要ないし、
アンコールにこたえるきはないといった感じ。
これは以外でちょっと期待外れでしたけど。

ついでですが、このユージーンという町、ヒッピーの成れの果てが結構住んでいました。
、夏になるとおこなわれるCountry Fairという催しがかなり全国的にそれぞれの地域であるのですが、
今はどうかしりませんがユージーンでもありました。
ヒッピーの成れの果てのルームメートに誘われていきましたが、これまるでヒッピーのお祭り。
マリワナの匂いもそこいらから流れてきて、アメリカでも簡単にはみられないかなというFair。
そのころは何でも見てやろうの生活だったので、土産話にもなるしと結構楽しみました。
このルームメートも現在はふつーの生活をしているみたいです。


http://www.pineneedlebasketsbykumi.com

 

レンタル掲示板
/141